1. TOP
  2. インターネット
  3. インターネットのプロバイダ料金、安くするのにお勧めはどこが良い?

インターネットのプロバイダ料金、安くするのにお勧めはどこが良い?

インターネット   8 Views
インターネットのプロバイダ料金、安くするのにお勧めはどこが良い?

そもそも、プロバイダ料金って一体何の料金なの?

ンターネット回線の契約を行う際には、プロバイダ選びも1つの手順として入って来る場合があります。例えば、光回線の契約を行う方は、プロバイダの契約先も選ばなければなりません。

ただ、その選択肢は複数あり、月額料金も異なります。ですので、どのプロバイダを選んだら良いのか、非常に迷ってしまう事でしょう。

プロバイダ選び
プロバイダの選択肢は複数あり、どこで契約すれば良いのか分からない方が多い。

そんなインターネット契約の際のプロバイダ選びについてですが、そもそもなぜプロバイダ料金と言う物が存在するのでしょうか?そして、私達は一体何の為にプロバイダ料金と言う物を支払っているのでしょうか?

実は、私達がインターネット回線の契約を行ったとしても、それだけでインターネットへと接続出来るようにはなりません。と言うのも、インターネット回線の月額料金は、そのインターネット回線の使用料金しか含まれていないからです。

ただ、その光ファイバーはインターネットへと直接繋がっている訳ではなく、プロバイダを経由しなければなりません。そう、あなたが支払うプロバイダ料金と言うのは、光ファイバーとインターネットとを繋ぐ仕事をしているプロバイダに対して支払う料金になるのです。

固定回線におけるインターネットの仕組み
プロバイダとも契約をしなければ、固定回線は利用する事が出来ない。

そして、そのプロバイダは複数社存在する為、その中から任意のプロバイダを選んで契約する形になっていると言う訳なのです。ここがインターネット契約を複雑にしている部分の1つでありつつ、より安くインターネット料金を抑える事が出来るポイントの1つでもあったりします。

さて、プロバイダ料金とは何なのかご理解頂いた所で、続いて出て来る疑問がどのプロバイダと契約をすれば良いのかと言う部分についてでしょう。と言う事で、引き続きプロバイダを選ぶ際のポイントについてご紹介して行きたいと思います。

インターネットのプロバイダ料金を比較。安くてお勧めは?

冒頭でご紹介したように、光回線などのインターネット回線と契約を行う際には、プロバイダとの契約も必須となって来ます。その際に気になって来るのが、プロバイダ料金はいくら位掛かるのかと言う部分ではないでしょうか?

誰しもが思う事なのですが、プロバイダ料金は出来るだけ安く抑えたいものです。ちなみに、NTT東日本のフレッツ光のサイトを確認すると、プロバイダ料金として次の料金表が掲載されています。

フレッツ光のプロバイダ料金(NTT東日本)
プロバイダ 月額料金
Yahoo!BB 光 950円
BIGLOBE 900円
OCN 900円
楽天 900円

それに対して、NTT西日本のフレッツ光のサイトを確認すると、プロバイダの料金表は次のようになっています。

フレッツ光のプロバイダ料金(NTT西日本)
プロバイダ 月額料金
AsahiNet 780円
BB.excite 500円
BIGLOBE 1,000円
WAKWAK 950円
OCN 1,100円
plala 1,000円
So-net 1,000円
DTI 951円
@nifty 1,000円
hi-ho 1,200円

このように、全く同じフレッツ光を利用すると言う形であっても、プロバイダ料金は違って来ます。ですので、どのプロバイダを選ぶのかと言うのは、あなたのお得感に直結する問題となって来る訳なのです。

プロバイダ料金
プロバイダによって月額料金が全然違って来る。

どうせ契約するのであれば、出来るだけ負担額は抑えたいものですよね?ただし、プロバイダ料金の安いプロバイダがお得なのかと言うと、実は必ずしもそうだと言い切れない部分があったりします。

それは一体なぜなのかと言うと、各プロバイダ毎にキャッシュバックなどのキャンペーン特典を用意していたりするからです。ですので、一見するとプロバイダ料金の高いプロバイダであっても、実はかなり安く利用する事が出来るようになるケースもあったりするのです。

そこは、単にプロバイダ料金だけを比較するのではなく、ちゃんと総合的に考えながら選ぶようにする必要があります。ちなみに、現在ではプロバイダ料金インターネットの月額料金がセットになった光コラボレーション(転用)と言うモデルもあります。

この光コラボレーション(転用)であれば、最初からプロバイダ料金がインターネットの利用料金の中に含まれる形となっています。ですので、従来のようにインターネット回線プロバイダを別々に契約する必要がなくなって来ています。

また、光コラボレーション(転用)に対しては割り引きが適用される形となっています。ですので、今なら光コラボレーション(転用)を選んだ方が、割り引き分だけお得になります。

ぜひ参考にして頂いて、よりお得な条件でインターネット契約を行うようにしましょう。

プロバイダ料金が発生しない、モバイルWi-Fiルーターと言う選択肢も!

ご紹介しているプロバイダ料金ですが、支払う必要のないインターネット回線もあります。例えば、UQコミュニケーションズのWiMAXサービスY!mobileのPocket WiFiサービスであれば、そもそもプロバイダと言うもの自体が存在しません。

と言うのも、これらのインターネット回線は無線を利用していて、そのままインターネット回線に繋がっています。ですから、光回線のような通信ケーブルとインターネットとを繋ぐプロバイダは必要ないのです。

モバイルインターネット
モバイルWi-Fiルーターは無線を利用する為、プロバイダを必要とはしない。

そう言った理由から、WiMAXサービスPocket WiFiサービスにはプロバイダ料金がありません。ちなみに、WiMAXサービスPocket WiFiサービスを紹介しているサイトの中には、プロバイダと言う言葉を使っているサイトもあります。

ですが、それらのサイトがプロバイダと表記しているものは、正確にはMVNO(仮想移動体通信事業者)になります。ちなみに、MVNO(仮想移動体通信事業者)とは、MNO(移動体通信事業者)から通信回線を間借りして販売している事業者の事を指します。

ですから、プロバイダのように通信回線をインターネットへと接続させるような業務は行っていません。あまり業界の知識のない方が適当に情報発信をしているのだと想像出来ますが、それなりの数MVNO(仮想移動体通信事業者)の事をプロバイダだと発信しているサイトを見掛けます。

そう言う余談は置いておいて、プロバイダ料金がない分、モバイルWi-Fiルーター光回線よりも安くなります。しかも、モバイルWi-Fiルーターなら光回線のような回線工事も必要としない為、回線工事費も掛かりません。

回線工事
回線工事が必要となるのは、固定回線独特のデメリット。

と言う事で、料金面で考えると、光回線よりもモバイルWi-Fiルーターの方が安上がりだったりします。更には、回線工事が必要ないと言う事で、モバイルWi-Fiルーターならすぐにインターネットを開通出来ると言うメリットもあったりします。

そして、インターネット環境を持ち歩けるメリットも考慮するとなると、今の時代は光回線よりもモバイルWi-Fiルーターを選んだ方が賢い選択であると言えるでしょう。

「では、そんなあなたはどんなインターネット回線を利用しているの?」そう言う質問を聞かれそうなので、先に答えておきます。

私自身が契約中なのは、Broad WiMAXと言うWiMAXサービスになります。

Broad WiMAX
私自身が契約中なのは、Broad WiMAXと言うWiMAX取扱店になる。

このBroad WiMAXはモバイルWi-Fiルーターの一種になりますので、勿論プロバイダ料金と言う物が必要ありません。そんなBroad WiMAXに興味のある方は、次のボタンからキャンペーンサイトへと移動する事が出来ます。

WiMAXサービスとPocket WiFiサービス、モバイルWi-Fiルーターの中でも特にお得なのは?

ご紹介しているように、モバイルWi-Fiルーターでインターネットの契約を行うのであれば、プロバイダ料金は必要ありません。そんなモバイルWi-Fiルーターですが、今であればWiMAXサービスPocket WiFiサービスの2択の中から選ぶのがお勧めとなります。

WiMAXとPocket WiFi
モバイルWi-Fiルーターの中から契約先を選ぶのであれば、WiMAXサービスかPocket WiFiサービスがお勧め。

他にもドコモのモバイルWi-FiルーターSoftbank Airもありますが、ドコモのモバイルWi-Fiルーターは利便性、Softbank Airは評判の面からお勧め出来ません。では、WiMAXサービスPocket WiFiサービスについては、どちらでインターネットの契約を行うのが良いのでしょうか?

この部分については、月間データ利用量の上限がなくなる条件を比較すると分かりやすいかと思います。まず、Pocket WiFiサービスで月間データ利用量の上限なく通信出来るようになる条件についてご紹介します。

Pocket WiFiサービスでインターネットの契約を行う場合、次の料金プランが用意されています。

Pocket WiFiの料金プラン(Y!mobile)
料金プラン データプランS Pocket WiFiプラン2 ライト Pocket WiFiプラン2
月額料金 1,980円 2,480円 3,696円
月間のデータ利用量 1GB 5GB 7GB
アドバンスオプション料 非対応 684円

この中のPocket WiFiプラン2に申し込んでアドバンスオプションにも加入する事で、Pocket WiFiをアドバンスモードへと切り替える事が出来るようになります。そして、Pocket WiFiをアドバンスモードへと切り替えると、月間データ利用量の上限の7GBが撤廃されるようになります。

Pocket WiFiサービスで利用出来る通信量
Pocket WiFiをアドバンスモードへと切り替えると、7GBを超えて通信出来るようになる。

ただし、Pocket WiFiをアドバンスモードへと切り替えると、標準のFDD-LTE通信が利用出来なくなってしまいます。その結果、Pocket WiFiで利用出来る通信エリアと言うのは、非常に限られた範囲のみとなってしまいます。

アドバンスモード
Pocket WiFiをアドバンスモードへと切り替えると、通信エリアが狭くなってしまう。

それに対して、WiMAXサービスでは次の料金プランが用意されています。

WiMAXサービスの月間のデータ利用量
通信モード Flatツープラスプラン Flatツープラス ギガ放題プラン
ハイスピードモード 7GB
ハイスピードプラスエリアモード 7GB

この中のFlatツープラス ギガ放題プランに申し込んで標準のハイスピードモードを利用すれば、月間データ利用量の上限なく通信出来るようになります。ここでポイントとなるのが、WiMAXサービスであれば標準のハイスピードモードで月間データ利用量の上限なく通信出来るようになると言う部分になります。

ですから、WiMAXサービスPocket WiFiサービスのそれぞれで月間データ利用量の上限なく通信出来るエリアを比較すると、明確な違いが出て来るのです。

Pocket WiFiサービスとWiMAXサービスの通信エリアの違い
Pocket WiFiサービスで月間データ利用量の上限なく通信出来るエリアと言うのは、青紫色に塗られている範囲のみとなる。

これだけ通信エリアに差が出て来るとなると、この部分は無視する事が出来ません。と言う事で、現在WiMAXサービスPocket WiFiサービスかを比較するのであれば、WiMAXサービスの方がお勧めであると言わざるを得ません。

そんなWiMAXサービスですが、実は複数の取扱店が存在します。と言う事で、続いてはWiMAXサービスの各MVNO(仮想移動体通信事業者)の中から、お勧めの事業者の選び方をご紹介します。

WiMAXサービスのMVNO(仮想移動体通信事業者)はどこがお勧め?

ご紹介しているWiMAXサービスには、複数のMVNO(仮想移動体通信事業者)が存在します。この中のどのMVNO(仮想移動体通信事業者)でWiMAXサービスの契約を行ったとしても、全く同じWiMAX回線を利用出来る契約になります。

つまり、通信速度通信エリア通信量と言った部分での違いは全くないと言う事になります。

WiMAXサービス
どのMVNO(仮想移動体通信事業者)でWiMAXサービスの契約を行ったとしても、通信環境の違いはない。

ここで、MVNO(仮想移動体通信事業者)側の立場を考えてみましょう。

出来るだけ自分の所からWiMAXサービスの契約をして貰わないと、彼らは収益になりません。ですが、他のMVNO(仮想移動体通信事業者)と比べて、提供出来る通信環境に差を付ける事が出来ません。

では、どうすれば集客を行う上で他のMVNO(仮想移動体通信事業者)の優位に立つ事が出来るようになるのでしょうか?その答えが、WiMAXサービスの割り引きキャンペーン特典になります。

と言う事で、各MVNO(仮想移動体通信事業者)の間では、激しい価格競争が起きています。ですから、私達にしてみれば、より安売りをしているMVNO(仮想移動体通信事業者)でWiMAXサービスの契約を行えるチャンスになっている訳なのです。

豪華なキャンペーン特典
よりお得なキャンペーンを実施しているWiMAX取扱店で契約をすれば、安くWiMAXサービスを利用出来るようになる。

そして、世の中には、WiMAXサービスの料金を比較しているサイトも数多く存在します。ただし、これらの比較サイトで業界最安値として紹介されているWiMAX取扱店はお勧めしません。

なぜなら、単に料金だけを考慮した比較サイトだと、キャッシュバックキャンペーンに申し込む誘導しか行っていないからです。ですが、キャッシュバックキャンペーンに申し込んだとしても、そのキャッシュバックは貰えない可能性があります。

と言うのも、キャッシュバックキャンペーンは、指定されている期間内にキャッシュバック手続きを行った方だけが貰えるキャンペーン内容となっているからです。ただ、そのキャッシュバック手続きは忘れた頃に必要となって来る為、ほとんどの方が貰えていないと言う現状があったりするのです。

キャッシュバック手続きのプロセス
キャッシュバック手続きを忘れてしまうと、キャッシュバックは貰えなくなってしまう。

この事を表した統計情報を、以前光回線の代理店が紹介していました。

キャッシュバック手続き開始月と手続きを行った方の割合
手続き開始月 手続きを行った割合
6ヵ月後 6割
8ヵ月後 4~5割
10ヵ月後 3割

ちなみに、WiMAXサービスで業界最高額のキャッシュバックキャンペーンを実施しているのはGMOとくとくBB WiMAX 2+になります。

WiMAX取扱店のキャッシュバック額比較(2019年4月1日現在)
WiMAX取扱店 キャッシュバック額(最高額) いつ貰えるか
GMOとくとくBB WiMAX 2+ 37,100円 12ヵ月
@nifty WiMAX 30,000円 9ヵ月
BIGLOBE WiMAX 2+ 30,000円 12ヵ月
JPWiMAX 16,000円(※Amazonギフト券) 12ヵ月
UQ WiMAX 13,000円 4ヵ月
株式会社シナジーパートナーズ 10,000円 2ヵ月
ASAHIネット WiMAX 2+ 10,000円 13ヵ月
コミュファ光モバイル(UQ WiMAX 2+) 10,000円(※商品券) 6ヵ月
hi-ho WiMAX 6,000円 4ヵ月
DTI WiMAX 2+ 6,000円 13ヵ月

ただ、キャッシュバック手続きは11ヵ月後の下旬に必要となっている為、全体の3割未満の方しか覚えていられないと言う事になります。そして、ほとんどの方が受け取れていない為に、キャッシュバックキャンペーンは高額なキャッシュバック額を提示する事が出来ていると言うカラクリになっているのです。

いくら高額なキャッシュバック額だったとしても、貰えなければ何の意味もないでしょう?ですので、比較サイトでお勧めしているようなキャッシュバックキャンペーンは、避けた方が良いのです。

では、どのMVNO(仮想移動体通信事業者)でWiMAXサービスの契約を行うのが良いのでしょうか?その答えが月額料金の割り引きキャンペーンを実施しているWiMAX取扱店になります。

その中でも、特にお勧めなのがBroad WiMAXになります。と言う事で、続いては、Broad WiMAXでWiMAXサービスの契約を行うとどれだけ安上がりになるのかご紹介します。

Broad WiMAX
私自身がBroad WiMAXを使っていて、実際に安くWiMAXサービスを利用し続ける事が出来ている。

ちなみに、Broad WiMAXのキャンペーンサイトへは、次のボタンから移動する事が出来ます。

Broad WiMAXでWiMAXサービスの契約を行うと、どれだけ安上がりになる?

前述したように、私自身はBroad WiMAXでWiMAXサービスの契約を行っています。なぜ数あるMVNO(仮想移動体通信事業者)の中でもBroad WiMAXを選んだのかと言うと、月額料金自体が安いからです。

WiMAX端末とau Nano IC Card 04 LE
私自身はBroad WiMAXを通してWiMAXサービスの契約を行った。

ですので、キャッシュバックキャンペーンのような貰い損ねのがっかり感はありませんし、キャンペーン手続きの事を何ヵ月も気にし続けなければならないようなストレスもありません。そう言った事を気にしなくても、Broad WiMAXなら安くWiMAXサービスを利用する事が出来るようになります。

ここで気になって来るのが、Broad WiMAXだとどれだけ安くWiMAXサービスを利用出来るようになるのかと言う部分についてでしょう。と言う事で、Broad WiMAXと一般的なWiMAX取扱店の月額料金を比較してみたいと思います。

まずは、一般的なWiMAX取扱店の月額料金をご紹介します。

一般的なWiMAX取扱店の料金プラン
ご利用期間 Flatツープラスプラン Flatツープラス ギガ放題プラン
ご利用開始月 3,696円(日割り計算)
1~2ヵ月目 3,696円 3,696円
3ヵ月目~ 4,380円

続いては、Broad WiMAXの月額料金をご紹介します。

Broad WiMAXの月額最安プラン
ご利用期間 ライトプラン ギガ放題プラン
ご利用開始月 2,726円(日割り計算)
1~2ヵ月目 2,726円 2,726円
3~24ヵ月目 3,411円
25ヵ月目~ 3,326円 4,011円

と言う事で、Broad WiMAXでWiMAXサービスの契約を行えば、契約期間中はずっと割り引き特典が付いて来る形になります。ですので、Broad WiMAXとの契約期間が長くなるほどに、そのお得感は大きくなって来ます。

一般的なWiMAX取扱店とBroad WiMAXの月額料金の差額
ご利用期間 ライトプラン ギガ放題プラン
ご利用開始月 970円(日割り計算)
1~2ヵ月目 970円 970円
3~24ヵ月目 969円
25ヵ月目~ 370円 339円
37ヵ月目までの合計差額 28,690円 28,296円

また、契約20ヵ月目以降は機種変更キャンペーンに申し込む事が出来るようになる訳ですが、24ヵ月間の月額料金が300円割り引きされるようにもなります。

こう言った理由から、長期契約を見越して私自身はBroad WiMAXを選んでいます。ぜひ参考にして頂いて、少しでもお得な条件でWiMAXサービスの契約を行うようにしましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

君得ネット|聞いて得する情報サイトの注目記事を受け取ろう

インターネットのプロバイダ料金、安くするのにお勧めはどこが良い?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

君得ネット|聞いて得する情報サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
お勧めのインターネットグッズ

あなたのインターネット環境をより良くする為に、お勧めのインターネットグッズをご紹介します。
ぜひ参考にして頂いて、より快適なインターネット環境を手に入れて下さい。


回線工事不要でインターネット環境を携帯出来るBroad WiMAX

広い通信エリアでたっぷり通信を行いたいのであれば、WiMAXサービスがお勧めです。
と言うのも、WiMAXサービスは無線通信を使ったインターネットサービスですから、インターネット環境を自由に携帯出来るようになります。


そんなWiMAXサービスの中でも、特にBroad WiMAXがお勧めです。
なぜなら、Broad WiMAXでは月額最安プランと言うオリジナルの料金プランを採用しており、安い月額料金でサービスを利用出来るからです。


Broad WiMAX
WiMAXサービスは、Broad WiMAXお月額最安プランが安上がりでお勧め。

ですから、Broad WiMAXに興味のある方は、Broad WiMAXのキャンペーンサイトをご覧下さい。




Broad WiMAXとUQ mobileの組み合わせでキャッシュバックをゲット!

Broad WiMAXと契約するのであれば、スマートフォンのSIMカードをUQ mobileのSIMカードと差し替えるのをお勧めします。
と言うのも、インターネット環境をBroad WiMAXへと乗り換える事で、スマートフォンのインターネット通信もBroad WiMAXを経由する形になります。


その結果、スマートフォンのパケットは全く消費しなくなってしまうのです。
それでしたら、わざわざ高い携帯電話会社との契約を続けるよりも、月額料金の安いUQ mobileへ乗り換えた方がスマホ代を大きく浮かせる事が出来るようになります。


UQ mobileとiPhone SE
スマートフォンのSIMカードをUQ mobileへと乗り換える。

しかも、Broad WiMAXを運営している株式会社Link Life経由UQ mobileの契約を行えば、Broad WiMAXとの同時契約で25,000円ものキャッシュバックを貰える形になっているのです。
WiMAXサービスUQ mobileのセットキャンを実施しているのはBroad WiMAXだけですから、ぜひとも活用したい魅力的なキャンペーンと言えます。


Broad WiMAXと組み合わせて、お得に快適なインターネット環境を手に入れて下さい。





コメントを残す


CAPTCHA


関連記事

  • 重要!一人暮らしのWi-Fi契約、最もお勧め出来るサービスはどれ?

  • インターネット料金を比較する際の落とし穴と、通信費全体の節約方法

  • インターネット回線のプロバイダの乗り換え、よりお得なのってどこ?

  • 一人暮らしはWi-Fi選びが重要!パソコンがこんな便利なものになるなんて知らなかった!!

  • 【注意】auのスマホユーザーにお勧めなモバイルWi-Fiルーターとは?

  • GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバック特典とNTTドコモを比較

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。