1. TOP
  2. インターネット
  3. えっ!まだあなたはプロバイダの実質料金の比較をしているのですか?

えっ!まだあなたはプロバイダの実質料金の比較をしているのですか?

 2017/11/15 インターネット   103 Views
えっ!まだあなたはプロバイダの実質料金の比較をしているのですか?

プロバイダの実質料金の比較よりも、もっと経済的な方法

そもそも、実質料金や実質費用ってアテになるの?

インターネットを利用するには、プロバイダとの契約も必要なの?
しかも、プロバイダごとに月額料金キャンペーン特典が違うって本当?
プロバイダの数が多過ぎて、自分では選びきれない。
どうせなら、プロバイダの料金を比較して、一番安くなるところと契約したいわ。
色々なプロバイダの比較サイトの記事を読んでいると、実質料金って表記されているけど。
本当に、その実質料金でプロバイダを利用する事が出来るの?

光回線を利用する場合、プロバイダとの契約は必須となります。
と言うのも、プロバイダは光回線インターネットとの接続を担っているからです。

プロバイダ

ですから、光回線の利用料金とは別に、プロバイダの月額料金も支払う必要が出て来ます。
そんなプロバイダは、プロバイダごとに月額料金が異なり、キャンペーン特典の内容も異なります。

そして、プロバイダの実質料金を比較しているサイトは少なくないですが、そもそも、その実質料金がどうやって計算されたものだかご存じでしょうか?
インターネット回線の比較サイトでよく目にする実質料金実質費用ですが、月額料金からキャッシュバック額を差し引いたものになります。

プロバイダの実質料金

ですから、プロバイダの実施しているキャッシュバックキャンペーンを利用すれば、この実質料金実質費用でそのインターネット回線を利用する事が可能となります。
ただし、それは、キャッシュバックが100%貰える事を前提に書かれています。

ですが、実際にキャッシュバックキャンペーンのキャッシュバックを貰える方と言うのは、全体の半数もいないと言う現実があります。
以前、光回線の代理店が紹介していた統計情報によると、あなたが想像しているよりもずっと少ない割合の方しか、キャッシュバックを受け取る事が出来ていない事が分かるかと思います。

キャッシュバック手続き開始月と手続きを行った方の割合
手続き開始月 手続きを行った割合
6ヵ月目 6割
8ヵ月目 4~5割
10ヵ月目 3割

また、超有名な大手比較サイトの場合、その比較サイトを通してインターネット回線の契約をしないと損をしてしまうと思うほど、圧倒的に安い実質費用を記載しています。
ただし、実際にその月額料金でインターネット回線を利用する事は不可能です。

キャッシュバックが貰えず

それはなぜかと言うと、1年間の月額料金からキャッシュバック額を差し引いて、その月額料金を実質費用として表記しているからです。
ですが、インターネット回線の契約期間は2年から3年縛りが多いですから、1年間の月額料金からキャッシュバック額分を差し引く計算は間違っています。

そう、実質費用実質料金と言う書き方は、実際よりも大幅に安い月額料金に見せ掛ける為の数字のマジックだったりするのです。
ですから、実質料金実質費用と言う表記を真に受けてインターネット回線の契約をしてしまうと、実際に請求された月額料金を見た時に驚いてしまいます。

聞いていた月額料金とは異なる

これは、インターネット契約事情に詳しくない方を不当に騙す為の手法と言えなくもないですが、そう言う不誠実な手法を信用して契約してしまう方は少なくないです。
ですから、他のサイトと比べて信じられないほど安い月額料金の表記は、安易に信用しないようにしましょう。

インターネット回線の比較サイトは、契約さえさせてしまえば、そのお客様とは関係がなくなります。
所詮はその場限りの関係ですから、こう言う不当に安く見せ掛けるような手法が横行しています。

異常に安いインターネット回線の月額料金

一方、あなたがインターネット回線の契約を行うと、契約期間の縛りが発生してしまいます。
ですから、その契約を行うと、最短でも2年から3年間はその契約を続けなければならなくなるのです。

そう言う立場の違いをしっかりと意識して、プロバイダ料金の比較記事に書かれている情報を見極める必要があります。

  • プロバイダは光回線インターネットを繋げる役割を担っているので、契約をしなければならない。
  • プロバイダごとに月額料金が異なり、実施されているキャンペーン特典の内容も異なる。
  • プロバイダの比較サイトで用いられている実質費用実質料金とは、月額料金からキャッシュバック額を差し引いた金額。
  • キャッシュバックキャンペーンを利用して実際にキャッシュバックを貰えている方と言うのは、全体の半数もいない。
  • プロバイダの実質料金実質費用の計算をする際に、1年間の月額料金からキャッシュバック分全額を差し引く事で、不当に安く見せる手法を利用している比較サイトもある。
  • インターネット回線の比較サイトは売れてしまえばお客様との関係がなくなるので、不誠実な方法が横行している。

そもそも契約するインターネット回線を見直す

光回線は思ったほど安くはない!?

これまで、プロバイダ料金の比較サイトで表記されている、実質料金実質費用の問題点についてご紹介しました。
ここでもう1つ考えて頂きたいのが、そもそもどのインターネット回線を利用するのかと言う点です。

そもそも利用するインターネット回線はそれで良い?

ここで迷わず光回線だと答えた方は、そもそも光回線は安いのかどうかについて考える必要があります。
と言うのも、光回線を利用する場合、比較サイトに記載されている料金以外にも、別料金が発生する事を知っておく必要があるからです。

具体的には、回線工事費機器レンタル料が別に発生します。
そう、光回線を利用するには、インターネット回線の利用料金プロバイダの月額料金だけでは足りないのです。

光回線を利用するには、諸費用も掛かる

一応、回線工事費が無料になるキャンペーン特典を用意しているインターネット回線もあります。
ただし、その回線工事費が無料になる特典は、一度きりのキャンペーン特典になります。

ですから、引っ越しの際には撤去工事費と新たな回線工事費が発生してしまいます。
また、回線工事を休日に行いたい場合には、更に手数料が発生します。

回線工事に関する料金

そして、光回線を利用する場合には、モデム無線LANカードをレンタルしなければなりません。
ですから、月々の月額料金に加え、これらの機器レンタル料が請求され続けます。

これらの諸費用を加えた形で月額料金を記載している比較サイトは少ないので、実際にインターネット回線の請求書が届いた時に驚かされるトラブルは少なくないです。
口コミサイトの記事を読んでいると、こう言う料金面での悪評は次から次に見付かります。

モバイルインターネットサービスの導入で、家計全体の通信費の節約に!

ご紹介したように、光回線を利用する際には諸費用が掛かります。
ですから、意外と光回線の利用料金は高かったりします。

光回線は意外と高い

そこでお勧めしたいのが、モバイルインターネットサービスになります。
と言うのも、モバイルインターネットサービスであればプロバイダとの契約は必須ではありませんし、プロバイダ料と言う料金が発生する事もありません。

モバイルインターネットサービス

また、モバイルインターネットサービスは無線を使ったインターネット回線ですから、回線工事費が発生しません
そして、モバイルインターネットサービスを利用する際のモバイルルーターは買い取りと言う形となり、しかも、キャンペーン特典で無料になるケースが多いです。

そんなモバイルインターネットサービスを利用すると、常にインターネット環境を持ち歩く事が出来るようになります。
つまり、スマートフォンのインターネット通信も、モバイルインターネットサービスを利用する形になります。

モバイルルーターとスマートフォンを接続する

ですから、スマートフォンのパケットプランを一番安いものへと変更する事が出来るようになります。
場合によっては格安SIMへの乗り換えも可能となり、結果的に、家計全体の通信費の節約に繋がります。

これは、契約した建物内でしかインターネットを利用出来ない光回線では、考える事が出来ない利便性になります。
ですので、モバイルインターネットサービスへの乗り換えの方が、実はコストパフォーマンスが一番良くなる方法だったりするのです。

通信費の節約に

このように、モバイルインターネットサービスを導入する事で、自由にインターネット環境を持ち歩ける利便性スマホ代を安くする事で通信費の節約に繋がると言う2つのメリットが付いて来るようになります。
どちらも魅力的なメリットですから、ぜひとも活用したいところです。

また、契約するモバイルインターネットサービスとあなたが所有しているスマートフォンの回線が同じ系列の会社であれば、セット割を利用する事が出来る場合もあります。
そうなると、更に通信費を安く抑える事が可能です。

  • モバイルインターネットサービスであれば、プロバイダ料が請求される事はない。
  • モバイルインターネットサービスであれば、回線工事費機器レンタル料が発生する事もない。
  • モバイルインターネットサービスを導入すれば、スマートフォンのパケットプランは一番安いものへと変更出来る。
  • モバイルインターネットサービスを導入する事で、インターネット環境を自由に持ち歩けると言う利便性が付いて来る。
  • モバイルインターネットサービスとスマートフォンの契約先の組み合わせによっては、セット割が利用出来る場合もある。

お勧めなモバイルインターネットサービスと、注意が必要な速度制限

どのモバイルインターネットサービスがよりお勧め?

ご紹介しているように、モバイルインターネットサービスを導入する事で、利便性通信費の節約の両方のメリットが付いて来ます。
ただ、モバイルインターネットサービスと言っても、実は、いくつかサービスが存在します。

モバイルインターネットサービスにも種類がある

具体的には、ドコモ回線とUQコミュニケーションズのWiMAXサービス、Y!mobileのPocket WiFiサービスの3種類が存在します。
そして、ドコモ回線はスマートフォンの契約で利用出来る分の通信量をモバイルルーターにシェアするだけですから、利便性料金の安さと言う点でお勧め出来ません。

そうなると、選択肢はWiMAXサービスPocket WiFiサービスになります。
そして、この2種類のサービスは互いに競合として意識していますので、サービス内容の差は大きくないです。

Pocket WiFi

ですから、WiMAXサービスPocket WiFiサービスはどちらもお勧め出来ます。
ただ、強いてどちらか片方のサービスだけを選ぶのであれば、私ならWiMAXサービスの方をお勧めします。

その理由ですが、月間のデータ利用量の上限をなくす為の条件は、WiMAXサービスの方が楽だからです。
と言うのも、UQ Flat ツープラス ギガ放題プランと言う料金プランに申し込んでハイスピードモードと言う標準の通信モードを利用していれば、月間のデータ利用量による速度制限が適用されなくなるのです。

月間のデータ利用量による速度制限が適用されなくなる

ただし、ハイスピードモードよりも通信速度が速く、通信エリアの広いハイスピードプラスエリアモードを利用時には、月に7GB以上の通信で月間のデータ利用量による速度制限が適用されてしまいます。
ですので、あくまでも、標準の通信モードであるハイスピードモードを中心に利用する必要があります。

一方、Pocket WiFiサービスの場合には、アドバンスオプションに申し込んだ上で、月の通信量が7GBを超える前にアドバンスモードへと通信モードを切り替える必要が出て来ます。
もしも、月の総通信量が7GBを超えた後でアドバンスモードへと切り替えたとしても、月間のデータ利用量による速度制限は適用されてしまいます。

月間のデータ利用量による速度制限が適用されてしまう

また、Pocket WiFiのアドバンスモードを利用時はAXGP通信のみを利用し、LTE通信は行わなくなります。
ですから、通信エリアは狭くなり、通信速度も遅くなってしまいます。

この、標準の通信モードから通信モードの切り替えを行うかどうかが、WiMAXサービスPocket WiFiサービスの違いになります。
そして、動画を視聴時やネットゲームを利用中に通信モードへの切り替えが必要となる面倒さを考えると、WiMAXサービスの方が利便性は大きいと言えるのです。

  • モバイルインターネットサービスの中には、ドコモ回線とUQコミュニケーションズのWiMAXサービスとY!mobileのPocket WiFiサービスの3種類がある。
  • ドコモ回線はスマートフォンで契約中のパケットパックをモバイルルーターにシェアするだけなので、使い勝手はイマイチ。
  • WiMAXサービスは、UQ Flat ツープラス ギガ放題プランに申し込む事で、標準の通信モードであるハイスピードモード月間のデータ利用量による速度制限の対象外になる。
  • Pocket WiFiサービスは、アドバンスオプションに申し込んだ方が、月の総通信量が7GBを超える前にアドバンスモードへと切り替える事で、月間のデータ利用量による速度制限は適用外となる。
  • いちいち通信モードを切り替える面倒さを考えると、Pocket WiFiサービスよりもWiMAXサービスの方が利便性は高い。

WiMAXサービスを利用する際に注意が必要な速度制限

ご紹介して来たように、WiMAXサービスを利用する際には、UQ Flat ツープラス ギガ放題プランに申し込んで、ハイスピードモードを中心に利用していれば大丈夫です。
ただし、モバイルインターネットサービスには、ネットワーク混雑回避のための速度制限と呼ばれるもう1つの速度制限が存在します。

WiMAXサービスのもう1つの速度制限

このネットワーク混雑回避のための速度制限ですが、WiMAXサービスの場合、3日間の合計通信量が10GBを超えると適用されてしまいます。
そこで気になるのが、10GB分の通信量についてでしょう。

そう言う方に向けて、10GB分YouTube動画を視聴した場合の視聴時間をご紹介します。

10GB分YouTube動画を視聴した場合の時間の目安
YouTube動画の画質 視聴時間の目安
超高画質動画 約7時間
高画質動画(HD) 約13時間
標準画質動画(SD) 約47時間
低画質動画 約83時間

あなたがYouTube動画を視聴する場合、画質レベルは標準画質動画(SD)高画質動画(HD)のいずれかになります。
そして、これだけの長時間視聴する事が出来ますので、ある程度通信出来る事がお分かり頂けるかと思います。

動画を視聴する

また、万が一ネットワーク混雑回避のための速度制限が適用されてしまったとしても、適用時間は18時から翌2時までの時間限定となっています。
ですので、日中の時間帯なら、何の影響も受けません。

もし、この時間帯にWiMAXサービスを利用する場合であっても、概ね1Mbps程度の通信速度は維持されます。
この概ね1Mbps程度の通信速度ですが、YouTube動画の標準画質レベル(SD)が視聴可能な通信速度になります。

  • WiMAXサービスを3日間で10GB以上利用すると、ネットワーク混雑回避のための速度制限が適用される。
  • ネットワーク混雑回避のための速度制限が適用される時間帯は18時から翌2時までで、その時間帯の通信速度は概ね1Mbps程度になる。

WiMAXサービスは取扱店選びも重要

ご紹介して来たように、より安くインターネット回線を導入したいのであれば、プロバイダの実質料金を比較するより、インターネット回線そのものを見直した方が良いです。
そして、光回線よりもモバイルインターネットサービスを利用した方が、経済的利便性の高いインターネット環境が手に入ります。

経済的で利便性の高いインターネット環境

そんなモバイルインターネットサービスの中でも、特にお勧めなのがWiMAXサービスになります。
そのWiMAXサービスですが、実は、25社以上もの取扱店が存在します。

そして、各WiMAX取扱店ごとに、異なる月額料金キャンペーン特典を用意しています。
ですから、どのWiMAX取扱店でWiMAXサービスの申し込み手続きを行うのかによって、実は、金銭的メリットが大きく違って来ます。

各WiMAX取扱店ごとの金銭的メリットの差

また、あなたが契約したWiMAX取扱店が、トラブル時のサポート対応の窓口になります。
ですので、そう言った面からも、契約するWiMAX取扱店を慎重に選ばなければなりません。

そこで、WiMAX取扱店選びを行う際に必要な知識を、別記事にてご紹介します。
WiMAX取扱店の比較サイトには書かれていない重要な情報も記述していますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

  • WiMAXサービスには、25社以上の取扱店が存在する。
  • 各WiMAX取扱店ごとに、月額料金キャンペーン特典が異なる。
  • WiMAXサービスを申し込んだ取扱店が、トラブル時のサポート対応の窓口になる。
この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

君得ネット|聞いて得する情報サイトの注目記事を受け取ろう

えっ!まだあなたはプロバイダの実質料金の比較をしているのですか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

君得ネット|聞いて得する情報サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

コメントを残す


CAPTCHA


関連記事

  • インターネット環境を携帯出来るモバイルWi-Fiルーター、通信スペックのデータを比較したいあなたへ

  • Pocket WiFiの比較を検討しているあなたへ

  • auでPocket WiFiを契約したい。そんなあなたが知っておくべき事とは?

  • 読めば納得!学生の一人暮らしにピッタリなWi-Fiサービスは?

  • SoftBankの通信回線を利用したWi-Fi環境を手に入れる5つの方法

  • 自宅用の無線インターネットサービスの魅力と、有名なサービスを比較

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。