1. TOP
  2. インターネット
  3. 後悔しない!間違いのないポータブルWi-Fiの選び方

後悔しない!間違いのないポータブルWi-Fiの選び方

 2018/08/12 インターネット   55 Views
後悔しない!間違いのないポータブルWi-Fiの選び方

ポータブルWi-Fiにはどんな種類がある?お勧めは?

在、ポータブルWi-FiはドコモのモバイルWi-FiルーターWiMAX端末Pocket WiFiSIMフリーのモバイルWi-Fiルーターの4種類に分類出来ます。
このいずれのポータブルWi-Fiを使ってもインターネット環境を携帯出来るようになるのですが、ただ、違いもあります。

ポータブルWi-Fi
ポータブルWi-Fiの契約を行えば、インターネット環境を携帯出来るようになる。

具体的には、利用料金利用出来る通信量通信速度通信エリアなどに違いがあります。
特に、SIMフリーのモバイルWi-Fiルーターはバリエーションがある為、その特徴を把握していないと思わぬ失敗を招く事もあります。

と言う事で、これから各種ポータブルWi-Fiについて比較して行きます。
それぞれのサービスに最適なユーザーについてもご紹介して行きますから、ぜひ参考にしてみて下さい。

  • ポータブルWi-FiはドコモのモバイルWi-FiルーターWiMAX端末Pocket WiFiSIMフリーのモバイルWi-Fiルーターの4種類に分類出来る。
  • ポータブルWi-Fiによって、利用料金利用出来る通信量通信速度通信エリアなどに違いがある。
  • SIMフリーのモバイルWi-Fiルーターはバリエーションがある為、その特徴を把握していないと思わぬ失敗を招く事もある。

ポータブルWi-Fiの選び方4選

通信速度重視の方にお勧めなポータブルWi-FiならドコモのモバイルWi-Fiルーター

ポータブルWi-Fi無線を使ったインターネットサービスです。
ですので、通信速度面で不安だと言う方もいる事でしょう。

そんなポータブルWi-Fiの中でも、通信速度面でトップクラスなのがWi-Fi STATION N-01Jと言うポータブルWi-Fiになります。

Wi-Fi STATIONの行う通信
通信速度面でトップクラスのポータブルWi-Fiは、Wi-Fi STATION N-01Jになる。

と言うのも、Wi-Fi STATION N-01Jの下り最大通信速度は788Mbpsも出るからです。

各ポータブルWi-Fiの通信速度
ポータブルWi-Fiの機種 Wi-Fi STATION N-01J Speed Wi-Fi NEXT W05(HWD36) Pocket WiFi 603HW ARIA 2(FTJ162A-ARIA2)
対応する通信回線 ドコモ UQ,au SoftBank ドコモ,au,SoftBank
下り最大通信速度 788Mbps 758Mbps 612Mbps 150Mbps
上り最大通信速度 50Mbps 112.5Mbps 37.5Mbps 50Mbps

そんなWi-Fi STATION N-01Jが対応する通信回線はドコモで、PREMIUM 4Gに対応しています。
これだけ速い通信速度を持っていますので、無線と侮る事なく快適なインターネット環境を手に入れる事が出来ます。

ただし、ドコモのポータブルWi-Fiはデメリットも持っています。
それは、月額料金が圧倒的に高く、しかも月に利用出来る通信量に上限があると言う部分になります。

この部分に関しては、引き続きPocket WiFiのメリットと合わせながらご紹介します。

  • ポータブルWi-Fiの中でも、通信速度面でトップクラスなのがWi-Fi STATION N-01Jと言うポータブルWi-Fi。
  • Wi-Fi STATION N-01Jが対応する通信回線はドコモで、PREMIUM 4Gに対応している。
  • ドコモのポータブルWi-Fiは、月額料金が圧倒的に高く、しかも月に利用出来る通信量に上限があると言うデメリットを持っている。

比較的安価でたっぷりと通信したい方向けのポータブルWi-FiならPocket WiFi

前述したように、ドコモのモバイルWi-Fiルーター月額料金が高く月に利用出来る通信量も決まっています。
そんなドコモのモバイルWi-Fiルーターを利用する場合、データプラン(ルーター)mopera U シンプルプランの合計額となる月額1,400円は必ず支払わなければなりません。

そして更に、ドコモのモバイルWi-Fiルーターではあなたの利用した通信量に応じたパケットパックの利用料金が発生します。

ドコモのベーシックパックの月額料金
月間データ容量 月額料金
1GB 2,900円
3GB 4,000円
5GB 5,000円
20GB 7,000円

ちなみに、もしドコモで毎月20GB以上通信するような方であれば、ベーシックパックではなくパケット定額サービスの方を利用する形の方が良いです。
そんなドコモのパケット定額サービスの料金は、次の通りです。

ドコモのパケット定額サービスの月額料金
パケットパック 月間データ容量 月額料金
ウルトラデータLパック 20GB 6,000円
ウルトラデータLLパック 30GB 8,000円

また、ドコモで携帯電話やスマートフォンを契約中の方であれば、スマートフォンや携帯電話モバイルWi-Fiルーターのパケットパックを共有出来るシェアオプションにも加入する形となります。

ドコモのシェアオプション
ドコモのシェアオプションに申し込むと、モバイルWi-Fiルーターとスマートフォンや携帯電話のパケットパックを1つにまとめる事が出来るようになる。

そんなドコモのシェアオプションの月額料金は500円になります。
従って、ドコモのモバイルWi-Fiルーターを利用する場合には、4,800~9,900円の月額料金を支払い続ける形になると言う訳なのです。

一方、Pocket WiFiサービスの料金プランは次のようになっています。

Pocket WiFiの料金プラン(Y!mobile)
料金プラン データプランS Pocket WiFiプラン2 ライト Pocket WiFiプラン2
月額料金 1,980円 2,480円 3,696円
月間のデータ利用量 1GB 5GB 7GB
アドバンスオプション料 非対応 684円

このアドバンスオプションに申し込む事で、Pocket WiFiサービスに対する月間データ利用量の上限がなくなります。
つまり、月に30GBまでしか通信出来ないドコモのモバイルWi-Fiルーターと比べて、圧倒的にたっぷりと通信出来る仕組みになっているのです。

Pocket WiFiサービスで利用出来る通信量
Pocket WiFiサービスのアドバンスオプションに申し込む事で、月間データ利用量の上限がなくなる。

ちなみに、WiMAXサービスの料金プランは次の通りです。

WiMAXサービスの料金プラン
ご利用期間 Flatツープラスプラン Flatツープラス ギガ放題プラン
ご利用開始月 3,696円(日割り計算)
1~2ヵ月目 3,696円 3,696円
3ヵ月目~ 4,380円

このFlatツープラスプランは月に7GBまで通信出来る料金プランで、Flatツープラス ギガ放題プランは月間データ利用量の上限がない料金プランになります。
ですので、実はPocket WiFiサービスのPocket WiFiプラン2WiMAXサービスの価格設定は同条件だったりします。

では、Pocket WiFiサービスWiMAXサービスは一体何が違うのかと言う話になるかと思います。
と言う事で、続いてはWiMAXサービスの特徴についてご紹介します。

  • ドコモのモバイルWi-Fiルーターを利用する場合、データプラン(ルーター)mopera U シンプルプランの合計額となる月額1,400円は必ず支払わなければない。
  • ドコモのモバイルWi-Fiルーターは、あなたの利用した通信量に応じたパケットパックの利用料金が発生する。
  • ドコモで携帯電話やスマートフォンを契約中の方であれば、スマートフォンや携帯電話モバイルWi-Fiルーターのパケットパックを共有出来るシェアオプションにも加入する形となる。
  • Pocket WiFiサービスのアドバンスオプションに申し込む事で、月間データ利用量の上限がなくなる。
  • WiMAXサービスのFlatツープラスプランは月に7GBまで通信出来る料金プランで、Flatツープラス ギガ放題プランは月間データ利用量の上限がない料金プランになる。
  • 実は、Pocket WiFiサービスのPocket WiFiプラン2WiMAXサービスの価格設定は同条件だったりする。

広いエリアでたっぷりと通信したい方向けのポータブルWi-FiならWiMAX端末

前述したPocket WiFiサービスWiMAXサービスの違いですが、月間データ利用量の上限がない条件下での通信エリアの広さになります。
つまり、たっぷり通信出来る状態で通信出来る範囲が大きく異なって来るのです。

WiMAXサービスの場合、Flatツープラス ギガ放題プランに申し込んだ方を対象に、標準のハイスピードモードに対する月間データ利用量の上限がなくなります。
ですから、標準で利用出来る通信エリアの状態のまま、たっぷりと通信出来る形になります。

WiMAXサービスで月に利用出来る通信量
通信モード Flatツープラスプラン Flatツープラス ギガ放題プラン
ハイスピードモード 7GB
ハイスピードプラスエリアモード 7GB

一方、Pocket WiFiサービスの場合だと、Pocket WiFiをアドバンスモードへと切り替えた時月間データ利用量の上限がなくなります。
ただし、Pocket WiFiをアドバンスモードへと切り替えると、標準のFDD-LTE通信が利用出来なくなってしまうのです。

アドバンスモード
Pocket WiFiをアドバンスモードへと切り替えると、標準のFDD-LTE通信は利用出来なくなってしまう。

つまり、Pocket WiFiをアドバンスモードへと切り替える事で、ごく限られたエリアでしか通信出来なくなってしまうのです。

そんなWiMAXサービスPocket WiFiサービスの通信エリアの違いを地図上に表したのが、次の地図です。
ちなみに、Pocket WiFiサービスでアドバンスモードに対応している通信エリアは、青紫色に塗られている範囲のみとなります。

Pocket WiFiサービスとWiMAXサービスの通信エリアの違い
Pocket WiFiサービスのアドバンスモードに対応している通信エリアは、青紫色に塗られているエリア限定となってしまう。

関東エリアでさえこれだけ通信エリアに差がある訳ですから、地方だったらなおさらの事です。
ですので、広いエリアでたっぷりと通信したいのであれば、WiMAXサービスの方がお勧めとなります。

  • Pocket WiFiサービスWiMAXサービスの違いは、月間データ利用量の上限がない条件下での通信エリアの広さ。
  • WiMAXサービスの場合、Flatツープラス ギガ放題プランに申し込んだ方を対象に、標準のハイスピードモードに対する月間データ利用量の上限がなくなる。
  • Pocket WiFiサービスの場合、Pocket WiFiをアドバンスモードへと切り替えた時月間データ利用量の上限がなくなる。
  • Pocket WiFiをアドバンスモードへと切り替えると、FDD-LTE通信を除くごく限られたエリアでしか通信出来なくなってしまう。

無制限に通信出来るポータブルWi-Fiなら、SIMフリーのモバイルWi-Fiルーター

ご紹介しているWiMAXサービスPocket WiFiサービス月間データ利用量の上限がないと言う表現ですが、実は無制限に通信出来る訳ではありません。
と言うのも、WiMAXサービスPocket WiFiサービスの場合には、3日間で利用出来る通信量は10GBまでと言う決まりがあるからなのです。

そして、3日間で10GB以上の通信を行ってしまうと、WiMAXサービスは18時から翌2時までPocket WiFiサービスは18時から翌1時までの間に速度制限を実施されてしまいます。
この速度制限中の通信速度は、概ね1Mbpsとなってしまいます。

ちなみに、概ね1Mbpsの通信速度ならYouTubeの標準画質レベルの視聴は可能ですが、高画質動画の再生は出来ません。
また、日中の時間帯であれば、速度制限は適用されません。

このWiMAXサービスやPocket WiFiサービスに適用される速度制限が容認出来ないと言う方であれば、レンタルWi-Fiサービスを利用すると言う方法もあります。
と言うのも、レンタルWi-Fiサービスの中には無制限に通信出来るサービスを用意している所もあり、そのサービスであれば厄介な速度制限を気にする必要がなくなるのです。

例えば、SAKURAWiFiのSAKURAアシストMUGENプランもこれに該当します。
利用するポータブルWi-FiはARIA 2(FTJ162A-ARIA2)で、対応する通信エリアはSoftBankのアドバンスモードのエリアになります。

ARIA 2(FTJ162A-ARIA2)
SAKURAWiFiのSAKURAアシストMUGENプランに申し込むと、ポータブルWi-FiとしてARIA 2(FTJ162A-ARIA2)を利用出来る。

そんなSAKURAアシストMUGENプランの利用料金としては初期費用に8,960円も掛かると言うデメリットがあるものの、月額3,680円でサービスを利用する事が出来ます。
ただし、ARIA 2 (FTJ162A-ARIA2)の下り最大通信速度は150Mbpsですから、速くはありません。

ですから、他のポータブルWi-Fiと比べると通信速度は遅くなりますが、3日間の速度制限が容認出来ない方には選択肢の1つとなります。
そんなSAKURAWiFiのSAKURAアシストMUGENプランについて興味のある方は、キャンペーンサイトを参考にしてみて下さい。

結論!総合的に考えて最もお勧めなポータブルWi-Fiは?

ご紹介して来た各ポータブルWi-Fiですが、結論から言えばWiMAXサービスが最もお勧めとなります。
と言うのも、ポータブルWi-Fiは携帯して持ち歩く訳ですから、広いエリアでたっぷり通信出来ると言う利便性は非常に重要なポイントとなって来るからです。

しかも、WiMAXサービスには様々な取扱店が存在しており、各WiMAX取扱店ごとに料金の設定金額も変わって来るのです。
例えば、Broad WiMAXの月額最安プランに申し込む事で、月額料金は次のようになります。

Broad WiMAXの月額最安プランの月額料金
ご利用期間 ライトプラン ギガ放題プラン
ご利用開始月 2,726円(日割り計算)
1~2ヵ月目 2,726円 2,726円
3~24ヵ月目 3,411円
25ヵ月目~ 3,326円 4,011円

このように、ポータブルWi-Fiの契約先をBroad WiMAXにする事で、同じWiMAXサービスをかなり安く利用出来るようになります。
実際に私もBroad WiMAXと契約中で、利用料金の安さを実感出来ています。

Broad WiMAX
私自身がBroad WiMAXユーザーであり、利用料金の安さを実感している。

ですから、安く利便性の高いポータブルWi-Fiを手に入れたいのであれば、Broad WiMAXをお勧めします。

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

君得ネット|聞いて得する情報サイトの注目記事を受け取ろう

後悔しない!間違いのないポータブルWi-Fiの選び方

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

君得ネット|聞いて得する情報サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
君得ネットの存在意義
インターネット環境を導入したいけど、結局どのサービスを選べば間違いないのかな?」
そう言う、インターネット難民になってしまう方は後を絶たないです。

その理由ですが、インターネットを取り扱っているお店の数は、非常に多いからです。
それらを一つ一つ比較して行く作業は、多くの時間と労力を費やしてしまう事になってしまいます。

また、それらインターネット取扱店で実施中のキャンペーン特典の内容は、毎月変更になります。
ですので、その最新情報を毎月追って行く作業だけでも、とても大変だったりするのです。

情報過多
数多く存在するインターネット取扱店のキャンペーン情報を毎月追って行く作業は、意外と骨の折れる作業。


そこで頼りたくなるのが、インターネットに詳しい方が発信している情報だったりします。
ただ、インターネットの比較サイトの中には、自分自身では使った事のないサービスを想像だけでお勧めしているサイトも非常に多いです。

しかも、その情報が正しければ良いものの、誤った情報を平気で発信し続けているサイトも数多く存在します。
その中には、超有名な大手比較サイトでありながら、1ヵ月1円でインターネットを利用出来ると言うような過大広告を流し続けているケースもあったりするのです。

この大手比較サイトの嘘情報については、私自身も一度騙されました。
だからこそ思うのですが、私のような失敗をしてしまう方を一人でも多く減らしたいのです。

そして、こう言った悪どい商売を続けている大手比較サイトが儲け続けている現状も、世の中的には良くない事だと考えています。
じゃあ、今の現状を変える為に自分に出来る事は、一体何があるのだろうか?

そこで立ち上げたのが、この君得ネットです。
このサイトを通して正しい情報発信を続けて行く事で、後から後悔をしてしまうようなインターネット契約をする方を減らす事が出来るのではないかと考えました。

満足の行くインターネット環境
正しい情報発信が、世の中をより良いものにする。


そして、一人でも多くの方に「このサイトの記事を読んで、良いインターネットの契約先を見付ける事が出来た。」と喜んで貰える事を、このサイトの存在意義としたいと思っています。
自分の大切な時間を使って行う仕事だからこそ、より多くの方の人生に貢献して行きたいと考えています。

一個人がこう言う情報発信を行う強みとしては、企業とのしがらみがないと言う部分にあるかと思います。
ですので、より良いサービスを知ったら、すぐにそっちをお勧めする事が出来ます。

利害関係があるから良くないサービスをいつまでもお勧めし続ける…そのような事をしなくても良いのが、私自身気持ち的にも楽だったりします。
ですので、家電量販店でインターネットの販売員をするような事はせず、こうしてインターネットサービスをお勧めするサイトを運営しているのだと思います。

自分が実際に使って、これは便利だと思ったインターネットサービスを世間に広める手伝いをする。
そう言う形で世の中に貢献出来たらと思います。

私がインターネットサービスの事を語れる資格はどこにあるのかと言うと、ADSLの時代からずっとサービスを実際に利用し続けている点にあります。
そして、2014年の8月1日からは、モバイルWi-Fiルーターへと乗り換えをしています。

Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15が届く
モバイルWi-Fiルーターは2014年から使い始めている。


それからずっと同じサービスを利用して続けている訳ではなく、あえて様々なサービスを実際に自分自身の身銭を切る形で利用し続けています。
勿論、その中には失敗もあったりしつつ、何度も痛い経験をしています。

だからこそ、インターネット契約上の罠を察知する術も身に着けましたし、実際の経験から語る事の出来る事も多くあります。
そこが、インターネット上で情報収集をしただけで記事を書いているようなサイトとは一線を画する部分かと思います。

私の経験がより多くの方のお役に立てる事を願っています。

コメントを残す


CAPTCHA


関連記事

  • 一人暮らしのWi-Fi環境、料金としてはどれ位必要になる?より安いお勧めなサービスは?

  • GMOとくとくBB WiMAX 2+って、無制限に通信する事って出来るの?

  • 知らなかった!Wi-Fiルーター本体には選び方があるなんて!

  • 家のインターネットで安いお勧めな回線は?2019年最新の料金を比較

  • 重要!一人暮らしのWi-Fi契約、最もお勧め出来るサービスはどれ?

  • スマホとWi-Fiルーターを組み合わせて使うメリットってあるの?

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。