1. TOP
  2. インターネット
  3. Pocket WiFi
  4. スマモバ
  5. スマモバで手に入る!ちょうど良い価格帯で、ちょうど良いネット環境

スマモバで手に入る!ちょうど良い価格帯で、ちょうど良いネット環境

 2019/07/15 スマモバ   67 Views
スマモバで手に入る!ちょうど良い価格帯で、ちょうど良いネット環境

-※現在、このPocket WiFiサービスは新規申込者受付を終了しています。
ですので、Pocket WiFiサービスのご利用をご検討中の方は、他のPocket WiFi取扱店をご検討なさってみて下さい。

スマモバと言う新しい選択肢

モバイルWi-Fiルーターと言えば、ドコモのモバイルWi-FiルーターWiMAXサービスPocket WiFiサービスなどが有名です。
ただ、今の時代であれば、その他の選択肢もある事をご存知でしょうか?

具体的には、格安SIMを使ったモバイルWi-Fiルーターが、新しい選択肢として加わっています。
この格安SIMと言う選択肢は、ドコモauSoftBankの格安SIMと、SIMフリーのモバイルWi-Fiルーターを組み合わせたサービスとなります。

SIMカードとSIMフリーのモバイルWi-Fiルーター
モバイルWi-Fiルーター業界は、そのバリエーションを増やして来ている。

ちなみに、格安SIMは大手のモバイルWi-Fiルーターよりも価格帯を安く設定しているケースが多く、通信プランも独自のものが採用されていたりします。
ですから、少しでも安くモバイルインターネット環境を手に入れたいと言う方にとっては、格安SIMが新しい選択肢として候補に挙がって来ます。

そして、自分の用途にぴったりと合った料金プランを提供している格安SIM取扱店のサービス選ぶ事で、かなり安くインターネット環境を手に入れる事が出来るようになります。
ただ、格安SIMはまだまだマニアックなイメージがあって、契約しても大丈夫なサービスなのか不安を抱くユーザーも多かったりします。

そんな格安SIMサービスの中から、今回はスマモバのサービスをご紹介したいと思います。
スマモバのメリットやデメリットスマモバが向いているユーザーなどが理解出来るようになっていますので、ぜひ最後までご覧下さい。

スマモバとは、一体どんなサービス?

スマモバのモバイルWi-Fiルーターが対応している通信回線はSoftBank回線

冒頭でご紹介したスマモバですが、ドコモSoftBankの格安SIMを取り扱うサービスになります。
そして、格安スマホに対してはドコモの格安SIMを、SIMフリーのモバイルWi-Fiルーターに対してはSoftBankの格安SIMを提供する形でサービスを運営しています。

SIMカード
ドコモの格安SIMも取り扱うスマモバだが、モバイルWi-Fiルーターに対してはSoftBankの格安SIMを使用する。

このように、スマモバ格安スマホに対してドコモの格安SIMを提供していますので、ドコモの格安SIMのみを提供するサービスだと勘違いしている方も多かったりします。
実際、スマモバのサービスについてインターネットで検索してみると、スマモバの事を紹介しているサイトの中には、モバイルWi-Fiルータードコモの格安SIMを組み合わせたサービスだと言う誤った情報発信を行っているものもいくつか見受けられました。

ただ、スマモバで取り扱うデータ通信端末に関しては、ドコモではなくてSoftBankの通信回線を利用する形となります。

これは私の印象なのですが、ドコモの通信回線は比較的速度制限が厳し目です。
ですから、スマモバデータ通信端末に対してSoftBankの通信回線を採用しているのだと推測されます。

実際、SIMフリーのモバイルWi-Fiルーターとドコモの格安SIMを組み合わせたC mobileONLY mobileなどのサービスだと、3日間の合計通信量は2GBまでと決められていたりします。
ですので、一般的なモバイルインターネットサービスと比較すると、速度制限は厳しいと言わざるを得ません。

と言う事で、比較的速度制限の規制が緩いSoftBankの通信回線をチョイスしていると言う部分は、個人的には良い判断ではないかと思われます。

たっぷりと通信
SoftBankの通信回線の方がたっぷり通信出来るので、モバイルWi-Fiルーターには合っている。

ちなみに、SoftBankの通信回線も全国に広がっています。
ですから、スマモバのモバイルWi-Fiルーターがドコモの格安SIMを使っていないと言う部分に関しては、残念がる必要はありません。

そんなスマモバのモバイルWi-Fiルーターですが、次に気になるのが料金プランの部分ではないでしょうか?
と言う事で、引き続きスマモバのモバイルWi-Fiルーターで採用されている料金プランをご紹介したいと思います。

スマモバのモバイルWi-Fiルーター、料金プランは?

スマモバでモバイルWi-Fiルーターの契約を行うと、スマモバ(S)ギガプレミアム【W】と言う料金プランに申し込む形となります。
このスマモバ(S)ギガプレミアム【W】プランですが、1日に3GBまで通信出来る料金プランになります。

ちなみに、もし3GBを超過してしまうと、当日の通信速度は200Kbpsに制限されてしまいます。
ですが、日付が変わると、その速度制限は解除されます。

終日
もし速度制限が実施されてしまったとしても、翌日には解除される。

そんなスマモバ(S)ギガプレミアム【W】プランの利用料金は、次の通りです。

スマモバ(S)ギガプレミアム【W】プランの利用料金
項目 利用料金
登録事務手数料 3,000円
月額料金 3,480円

そんなスマモバ(S)ギガプレミアム【W】プランの契約期間は2年契約で、2年毎に契約が自動更新される形となります。
もし契約期間中にスマモバ(S)ギガプレミアム【W】プランを解約する場合には、次の契約解除料が発生してしまいます。

スマモバ(S)ギガプレミアム【W】プランの契約解除料
ご利用期間 契約解除料
1年目 19,000円
2年目 14,000円
3年目以降 9,800円

また、スマモバ(S)ギガプレミアム【W】プランの月額料金は日割り計算にはならず、解約月の月額料金も月末分まで発生します。

こう聞くと、スマモバ(S)ギガプレミアム【W】プランの契約期間の縛りは、かなり厄介に思えるかもしれません。
ですが、スマモバ(S)ギガプレミアム【W】プランの契約期間の縛りは、実は一般的なモバイルWi-Fiルーターの条件よりも良かったりするのです。

と言うのも、モバイルWi-Fiルーター業界の契約期間の縛りは、現在3年間契約が主流となって来ているからです。
そんな中で2年縛りを採用しているスマモバ(S)ギガプレミアム【W】プランは、条件としては良い方だと言えます。

WiMAXサービスの契約期間
以前のモバイルWi-Fiルーター業界は2年縛り契約が主流だったが、今は3年契約の縛りが主流となっている。

ですから、後ほどもっと良いインターネットサービスが世の中に登場した際には、スマモバの方が乗り換えはしやすくなります。
それに対して、他のモバイルインターネットサービスだと、1年間長く我慢して契約をし続けなければならなくなってしまう事でしょう。

そんなスマモバですが、契約後に利用出来るモバイルWi-Fiルーターの機種は、どんなスペックの機種となっているのでしょうか?
と言う事で、引き続きスマモバ(S)ギガプレミアム【W】プランに対応しているモバイルWi-Fiルーターの機種についてご紹介したいと思います。

スマモバで取り扱っているモバイルWi-Fiルーターの機種は?

スマモバのスマモバ(S)ギガプレミアム【W】プランに申し込むと、モバイルWi-Fiルーターは+F FS030Wが送られて来ます。

FS030W
スマモバ契約者が利用出来るモバイルWi-Fiルーターは、+F FS030W1択となる。

この+F FS030Wですが、通信スペックは次のようになっています。

+F FS030Wの通信スペック
項目 スペック
下り最大通信速度(LTE) 150Mbps
上り最大通信速度(LTE) 50Mbps
下り最大通信速度(3G) 42Mbps
上り最大通信速度(3G) 5.76Mbps
同時接続数(Wi-Fi) 15台
同時接続数(Bluetooth) 5台
同時接続数(USB) 1台

この+F FS030Wと言うSIMフリーのモバイルWi-Fiルーターですが、実は格安SIM取扱店では定番のモバイルWi-Fiルーターとなっています。
こう言った形で広く使われている機種のモバイルWi-Fiルーターですから、そこは安心しても大丈夫です。

これまで、スマモバのモバイルWi-Fiルーターについてご紹介して来ました。
もし興味の湧かれた方がいましたら、次のボタンからキャンペーンサイトへと移動する事が出来ます。

スマモバのモバイルWi-FiルーターとY!mobileのPocket WiFiを徹底比較

Y!mobileのPocket WiFiよりも、スマモバのモバイルWi-Fiルーターの方が安い!

これまでご紹介して来たように、スマモバのモバイルWi-FiルーターはSoftBankの通信回線を利用します。
そこで気になって来るのが、Pocket WiFiサービスとの比較でしょう。

と言う事で、Y!mobileのPocket WiFiを契約した場合の料金プランについて確認してみましょう。

Y!mobileのPocket WiFiの料金プラン
料金プラン Pocket WiFiプラン2 ライト Pocket WiFiプラン2
月額料金 2,480円 3,696円
月間データ利用量 5GB 7GB
アドバンスオプション ×

ここにあるアドバンスオプションについてですが、申し込むと月間データ利用量の上限がなくなります。
つまり、月に7GBを超える形で、たっぷりと通信を行えると言う事になります。

Pocket WiFiサービスで利用出来る通信量
Pocket WiFiをアドバンスモードへと切り替える事で、月間データ利用量の上限は気にしなくても良くなる。

ただし、Pocket WiFiサービスには、3日間の合計通信量が10GBまでと言う制限もあります。
ですので、Pocket WiFiをアドバンスモードへと切り替えたとしても、無制限に通信出来る訳ではありません。

また、Pocket WiFiサービスでアドバンスオプションに申し込むと、月額料金が684円高くなってしまいます。
ですので、追加料金が発生してしまうと言うデメリットも、Y!mobileのPocket WiFiサービスにはあります。

それに対して、スマモバのスマモバ(S)ギガプレミアム【W】プランであれば、同じSoftBank回線を月額3,480円で利用する事が出来るのです。
そう考えれば、スマモバのスマモバ(S)ギガプレミアム【W】プランはかなり条件の良いサービスであると言えるのではないでしょうか?

月額料金が安くなる
同じSoftBank回線を利用出来るのにも関わらず、スマモバの方が安上がりとなる。

ただし、1日の合計通信量は3GBまでのスマモバですから、3日間の合計通信量は9GBまでとなります。
ですので、3日間の総通信量で考えると、Y!mobileのPocket WiFiの方が1GB分多くなります。

と言う事で、1日3GBの通信量で足りるのかどうかと言うのが、スマモバを快適に利用出来るのかどうかのポイントとなって来ます。

さて、この3GBの通信量の目安についてですが、スマモバのキャンペーンサイト上でデータが公開されていたりします。

3GBの通信量で出来る事の目安
用途 目安
WEB閲覧 約10,400回
YouTubeの標準画質レベル 約12時間
音楽ダウンロード 約750曲

ただし、実際には、パソコンやスマートフォンは1日に様々な通信を同時に行っていたりします。
ですので、このデータほどは結果が出ない可能性も出て来ます。

とは言うものの、一日にこれだけの通信量を必要としない方であれば、スマモバに申し込んだ方が安上がりだったりします。

スマモバのスマモバ(S)ギガプレミアム【W】プランY!mobileのPocket WiFiサービスとの通信量の差は、3日間でたった1GBです。
ですので、安さと通信量のどちらを選ぶのか、しっかりと検討したい所だったりします。

ちなみに、少し位高くても1GBでも多く通信したいと言う方に関しては、Y!mobileのPocket WiFiを検討してみてはいかがでしょうか?
そんなY!mobileのPocket WiFiに関しては、次のボタンからキャンペーンサイトへと移動する事が出来ます。

Y!mobileのPocket WiFiの方が、スマモバのモバイルWi-Fiルーターよりも高性能!

既にご紹介したように、スマモバのモバイルWi-Fiルーターは+F FS030Wになります。
それに対して、Y!mobileの契約者はPocket WiFiを利用する形になります。

そんなY!mobileのPocket WiFiですが、最新機種であるPocket WiFi 801HWだと、下り最大通信速度が972Mbps、上り最大通信速度は37.5Mbpsにもなります。
と言う事で、下り最大通信速度が150Mbpsである+F FS030Wの通信スペックは、かなり劣っていると言わざるを得ません。

Pocket WiFi 801HW
最新のPocket WiFiと比較すると、+F FS030Wの通信スペックはかなり低くなる。

ただし、Pocket WiFiプラン2 ライトに対応しているPocket WiFi 601ZTだと、通信スペックは下り最大通信速度が112.5Mbps、上り最大通信速度の方は37.5Mbpsになります。
と言う事で、実は+F FS030Wの通信スペックよりも劣っている形になります。

Pocket WiFi 601ZT
Pocket WiFi 601ZTの通信スペックと比較すると、+F FS030Wの通信スペックの方が高い。

ですので、+F FS030Wの通信スペックが余程酷いのかと言うと、そう言う訳でもありません。

実際、私自身下り最大通信速度13.3MbpsのWiMAX通信を利用していた時期がありますが、それでも普通にパソコンで動画を視聴する事は出来ていました。
そう考えると、下り最大通信速度が150Mbpsもある+F FS030Wの通信スペックは、十分に実用レベルを兼ね揃えていると言えるのではないでしょうか?

WiMAXの通信モード
下り最大通信速度が13.3Mbpsだったノーリミットモードでも、普通に動画を視聴する事は出来ていた。

ちなみに、スマモバのキャンペーンサイト上では、実際に通信速度を測ってみたデータを公開しています。
そのデータによると、LINEやメール、ホームページ閲覧やSNS、スマートフォンやパソコンでの動画視聴、スマートフォンやパソコンでのオンラインゲームは利用出来るとされています。

ですから、一見すると通信スペックが心配になる+F FS030Wではありますが、様々な用途に対応する事が出来ています。

と言う事で、スマモバで取り扱うモバイルWi-Fiルーターに関しては、そんなに気にする必要などありません。
むしろ、既にご紹介した料金的な安さと言う大きなメリットがありますから、そちらの方を評価したい所ではあります。

と言う事で、数値的なスペックの優劣よりも安さを重視したいと言う方であれば、スマモバをお勧めします。
そんなスマモバのキャンペーンサイトへは、次のボタンから移動する事が出来ます。

1日3GBがちょうど良い、そんなあなたへ

これまでご紹介して来たように、スマモバSoftBankの格安SIMとSIMフリーのモバイルWi-Fiルーターである+F FS030Wを組み合わせたモバイルインターネットサービスになります。

その特徴としては、SoftBankの通信回線を安く利用する事が出来ると言う点にあります。
その代わりに、3日間で利用出来る通信量としましては、Y!mobileのPocket WiFiよりも1GB分少なくなります。

また、利用出来るモバイルWi-Fiルーターの通信スペックに関しましても、そこそこの通信スペックとなります。
とは言うものの、+F FS030Wの通信スペックは実用レベルを兼ね揃えていますし、スマモバで公開している通信速度のグラフを見てみても問題ないのがお分かり頂けるかと思います。

と言う事で、1日3GBの通信量がちょうど良いと感じるユーザーに対して、スマモバはぴったりな料金プランを世の中に提供開始したと言えるでしょう。

通信費の節約に
ちょうど良い通信量を安く利用出来ると言うのが、スマモバの特徴。

今回、このような良いサービスを紹介出来る機会に恵まれた事を、嬉しく思います。
最後までご覧頂きまして、ありがとうございました。

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

君得ネット|聞いて得する情報サイトの注目記事を受け取ろう

スマモバで手に入る!ちょうど良い価格帯で、ちょうど良いネット環境

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

君得ネット|聞いて得する情報サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

コメントを残す


CAPTCHA


関連記事

  • 海外でもOK!Y!mobileに国内外対応のPocket WiFi 701UCが登場!

  • 知らなかった!Wi-Fiルーター本体には選び方があるなんて!

  • 必見!後悔しないマンションへのインターネットの繋ぎ方

  • 安いモバイルWi-Fiルーターの中で、特にお勧めのサービスを比較!

  • 一人暮らしにWi-Fiはいる?いらない?色々なインターネット環境を比較

  • SoftBank Airは株式会社NEXTのキャッシュバックが確実でお得!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。