1. TOP
  2. インターネット
  3. Pocket WiFi
  4. Pocket WiFiってどんなサービス?利用出来る通信量や取扱店は?

Pocket WiFiってどんなサービス?利用出来る通信量や取扱店は?

 2017/12/20 Pocket WiFi この記事は約 20 分で読めます。 117 Views
この記事のタイトルとURLをコピーする
Pocket WiFiってどんなサービス?利用出来る通信量や取扱店は?

Pocket WiFiサービスを提供している会社は?

そもそもPocket WiFiとは?

Pocket WiFiとは、SoftBankグループのY!mobileが運営する高速無線通信サービスの事です。
光回線を利用する際に設置するWi-Fiルーター、あれを持ち歩けるようにしたようなイメージを持って頂ければ良いかと思います。

Wi-Fiルーター

ですので、光回線の場合は契約した建物の中でしか利用出来ませんが、Pocket WiFiサービスであれば出先でもインターネットを利用出来ます。
また、Pocket WiFiサービスは無線を使ってインターネットへアクセスしますので、光回線のような回線工事は必要ありません。

ここで気になって来るのが、Pocket WiFiサービススマートフォンのテザリング機能との違いでしょう。
Pocket WiFiサービススマートフォンの契約内容で大きく違うのが、利用出来る通信量です。

利用出来る通信量が違う

スマートフォンの契約内容だと、月に利用出来る通信量がパケットプランごとに決まっています。
一方、Pocket WiFiサービスであれば、月間データ利用量の上限のないアドバンスモードが存在します。

ですから、たっぷりとインターネットを利用したい用途の方にお勧め出来るのが、Pocket WiFiサービスなのです。
スマートフォンの大容量プランに申し込んでテザリング機能を利用するよりも、Pocket WiFiサービスを利用した方が安上がり通信速度も速いです。

安上がりで通信速度も速い

そう言う理由から、わざわざPocket WiFiサービスの契約を行う方が大勢いるのです。
その代わり、Pocket WiFiサービスを利用するには、Pocket WiFiを常に携帯する必要があります。

  • Pocket WiFiは、SoftBankグループのY!mobileが運営する高速無線通信サービス。
  • Pocket WiFiを利用する事で、インターネット環境を持ち歩く事が出来る。
  • Pocket WiFiサービスを導入する際には、光回線のような回線工事は必要ない。
  • Pocket WiFiのアドバンスモードを利用する事で、月間のデータ利用量の上限がなくなる。
  • Pocket WiFiサービスを利用するには、常にPocket WiFiを携帯しなければならなくなる。

Pocket WiFiサービスとWiMAXサービスは全く別のサービス

ご紹介しているPocket WiFiサービスですが、インターネット上ではPocket WiFiサービスWiMAXサービスとを混同して紹介しているサイトが数多く見受けられます。
そう言うサイト上での分類を見てみると、まるでPocket WiFiサービスの中の一部にWiMAXサービスが存在するような紹介のされ方をしています。

Pocket WiFiサービスとWiMAXサービスは別物

なぜこのような誤った情報が広まっているのかは分かりませんが、Pocket WiFiサービスWiMAXサービスは全く別のサービスになります。
と言うのも、Pocket WiFiサービスWiMAXサービスは、別々の会社が用意した通信回線を利用するサービスになるからです。

Pocket WiFiサービスで利用出来る通信回線は、SoftBankの通信回線を利用します。
一方、WiMAXサービスで利用出来る通信回線は、UQコミュニケーションズの用意した通信回線auの用意した通信回線を利用します。

利用する通信回線が異なる

そう、Pocket WiFiサービスWiMAXサービスは、競合のサービスに該当するのです。
ですから、Pocket WiFiサービスWiMAXサービスを同じサービスだと考えるのは、SoftBankauを全く同じだと考えるくらいに的外れな考え方なのです。

ただ、サービスを混同してしまっている方が多い事からも分かるように、Pocket WiFiサービスWiMAXサービスはサービス内容が似ています。
そして、互いに競合として意識しているからなのか、料金設定の金額利用出来る通信量も似たり寄ったりです。

WiMAXサービスとPocket WiFiサービスは似たり寄ったり

とは言え、細かく見て行くと違いはありますので、ご自身に合ったサービスを利用するのが望ましいです。
ちなみに、WiMAXサービスについて詳しく紹介している記事もありますので、気になる方は併せてご覧下さい。

  • Pocket WiFiサービスWiMAXサービスを混同している方もいるが、実際には全く別のサービス。
  • Pocket WiFiサービスは、SoftBankの通信回線を利用する。
  • Pocket WiFiサービスとWiMAXサービスは、月額料金利用出来る通信量が似通っている。

Pocket WiFiサービスの取扱店は?

ご紹介しているPocket WiFiサービスですが、Y!mobileは勿論の事、SoftBankから申し込む事も出来ます。
また、Yahoo!の運営するYahoo! Wi-Fiから申し込む事も出来ます。

Pocket WiFi取扱店は色々存在する

その他、Y!mobileの代理店も多数存在しており、各Pocket WiFi取扱店ごとに異なるキャンペーンを実施しています。
そして、よりお得なキャンペーン特典を利用する事で、より安くPocket WiFiサービスを利用出来る仕組みになっています。

ですので、少しでも通信費を安く抑えたいとお考えの方は、それぞれのPocket WiFi取扱店で実施中のキャンペーンを比較する必要があります。

魅力的なキャンペーンを比較する

また、厳密に言えばPocket WiFiではありませんが、SoftBankのSIMカードSIMフリーのモバイルWi-Fiルーターに差し込む事で利用するモバイルインターネットサービスも存在します。
この場合、通信エリアはSoftBankのものとなりますので、実質的にはPocket WiFiサービスと同等のサービスが利用出来ます。

ただし、この選択肢を選んだ場合、利用出来る通信量料金プラン実施されているキャンペーンがPocket WiFiサービスのものとは大きく異なる事があります。
ですので、申し込む際には注意が必要です。

サービス内容が大きく変わる

これら、各Pocket WiFi取扱店SoftBankのSIMカードとSIMフリーのモバイルWi-Fiルーターとを組み合わせた取扱店で実施中のキャンペーンを一覧にしてご紹介しますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

Y!mobileのPocket WiFi 601ZT割引きキャンペーン
月に1GBしか通信しない、超ライトユーザー向けのPocket WiFi 601ZTのキャンペーン。
Y!mobileのPocket WiFi 506HW割引きキャンペーン
月に5GBまでしか通信を行わない、ライトユーザー向けのPocket WiFi 506HWのキャンペーン。
Y!mobileのPocket WiFi 603HW割引きキャンペーン
高スペックのPocket WiFi 603HWを使って、月間のデータ利用量の上限を気にせず通信を行いたい方向けのキャンペーン。
Y!mobileのPocket WiFi 701UC割引きキャンペーン
海外と国内兼用のPocket WiFi 701UCを使って、海外でも安くPocket WiFiサービスを利用したい方向けのキャンペーン。
Y!mobileのPocket WiFi 502HW割引きキャンペーン
テレビチューナー内蔵型Pocket WiFi 502HWを使って、インターネット環境テレビ番組を視聴出来る環境の両方を携帯したい方向けのキャンペーン。
Yahoo! Wi-FiのYahoo!プレミアム会員限定割引キャンペーン
月に5GBまでしか通信を行わないライトユーザー向けのPocket WiFi 506HWを、より安く利用したい方向けのキャンペーン。
Yahoo! Wi-Fiのアドバンスオプション料割引キャンペーン
高スペックのPocket WiFi 603HWを使って、月間のデータ利用量の上限を気にせず通信を行いたい方向けのキャンペーン。
NOZOMI WiFiの完全無制限プラン
クラウドSIMに対応したSIMフリーのモバイルWi-FiルーターGlocalMe U2SoftBank回線に対応したSIMカードを使ったPocket WiFiのレンタルサービス。
SoftBankから速度制限が適用される前にSIMサーバーを分散させる事で、速度制限を回避出来る仕組みになっている。
SAKURAWiFiのSAKURAアシストMUGENプラン
極端な使い方をしなければ速度制限は適用されない大容量通信を行う方向けのPocket WiFiのレンタルサービス。
J-WiFiのレンタルサービス
WiMAX端末Pocket WiFiを取り扱う、モバイルWi-Fiルーターのレンタルサービス。
1日単位でモバイルWi-Fiルーターをレンタル出来るので、短期契約の方に経済的なサービス。
WiFi東京レンタルショップのレンタルサービス
テレビを視聴出来るPocketWiFi 502HWのレンタルサービス。
1日単位でPocketWiFi 502HWをレンタル出来るので、短期契約の方に経済的なサービス。
NEXTmobileの端末代金無料キャンペーン
SoftBankのSIMカードSIMフリーのモバイルWi-Fiルーターを組み合わせた、月に20GBまで、もしくは30GB50GBまでしか通信を行わないミドルユーザー向けのモバイルインターネットサービス。
  • Pocket WiFiサービスは、SoftBankYahoo! Wi-FiY!mobile各代理店から申し込む事が出来る。
  • 各Pocket WiFi取扱店ごとに異なるキャンペーンを実施しており、申込み先によってお得感が異なって来る。

Pocket WiFiサービスで利用出来る通信回線と通信量

Pocket WiFiサービスで利用出来る通信回線

Pocket WiFiサービスに申し込むと、色々な周波数帯域の基地局を使って通信を行う事が出来るようになります。
この時に利用する通信方式は、FDD-LTE通信AXGP通信TDD-LTE通信になります。

Pocket WiFiサービスで利用出来る通信帯域
通信方式 通信帯域
FDD-LTE 900MHz
1.5GHz
1.7GHz
2.1GHz
AXGP 2.5GHz
TDD-LTE 3.5GHz

そして、複数の基地局の電波を同時利用するキャリアアグリゲーションと言う技術を搭載しているPocket WiFiも存在します。
このキャリアアグリゲーションを利用すると、Pocket WiFiの通信速度を高速化させる事が出来ます。

Pocket WiFiで利用する通信

ちなみに、Pocket WiFiの対応する周波数帯域のうち、FDD-LTE900MHzの帯域プラチナバンドと呼ばれています。
このプラチナバンドは低周波数の帯域となっており、奥まった場所にまで電波が届きやすいと言う性質を持っています。

と言うのも、低周波数の帯域の電波が障害物にぶつかったとしても、回り込んだり貫通したりしやすいからです。

プラチナバンド

ですので、この900MHzのFDD-LTE通信は、他の通信帯域よりも繋がりやすいと言う特徴を持っています。

ただ、このプラチナバンドをよく理解していないのか、時々、Pocket WiFiサービスWiMAXサービスよりも繋がりやすいと解説しているサイトを見掛ける事があります。
ですが、この考え方は全くの的外れであり、Pocket WiFiサービスで利用出来る全ての通信が繋がりやすいと言う訳ではありません。

奥まった場所でも繋がりやすい電波

Pocket WiFiサービスでプラチナバンドに対応しているのはあくまでもFDD-LTEの900MHzだけであり、その他の通信帯域はプラチナバンドではありません。
また、Pocket WiFiサービスでたっぷりと通信出来るAXGP通信TDD-LTE通信はプラチナバンドではありませんので、通信条件はWiMAXサービスと変わりありません。

ですから、Pocket WiFiサービスにしろWiMAXサービスにしろ、プラチナバンド月に7GBまでしか利用出来ない形となっているのです。
従って、Pocket WiFiサービスだから繋がりやすいだとか、WiMAXサービスだから繋がりやすいだと言った差異は存在しません。

  • Pocket WiFiサービスはFDD-LTE通信AXGP通信TDD-LTE通信に対応しており、様々な周波数帯域の電波を利用出来る。
  • 複数の基地局の電波を同時利用出来るキャリアアグリゲーションと言う技術により、Pocket WiFiの通信速度を高速化出来る。
  • FDD-LTE通信は900MHzのプラチナバンドにも対応しており、奥まった場所にまで電波が届きやすいと言う特徴を持っている。
  • Pocket WiFiサービスのプラチナバンドは、月に7GBまでしか利用出来ない形となっている。

Pocket WiFiサービスで利用出来る通信量

先ほど少しだけ触れましたが、Pocket WiFiサービスでは利用出来る通信量が予め決まっています。
そして、その通信量を超過してしまうと、帯域制御の運用基準に関するガイドラインに基づき、通信速度の制御が実施されてしまいます。

通信速度が制御されてしまう

そんなPocket WiFiサービスで適用される通信速度の制御には、以下の2種類のものが存在します。

ご利用料金プランの月間データ量に対する通信速度制限
月初めからの総通信量が料金プランで定められている通信量を超えてしまうと、月末までの通信速度が128Kbpsに制御されてしまう速度制限。
混雑回避など通信品質確保のための速度制御
前日までの3日間の合計通信量が8,389万パケット(約10GB)を超えてしまうと、当日の18時から翌日の1時までの通信速度を約1Mbpsに制御されてしまう速度制限。

ご利用料金プランの月間データ量に対する通信速度制限が適用されるきっかけとなる月初めからの総通信量ですが、現在ラインナップ中のPocket WiFiに対する料金プランでは以下の通りになります。

ご利用料金プランの月間データ量
料金プラン 月間データ量
Pocket WiFiプラン2 7GB
Pocket WiFiプラン2ライト 5GB

また、Pocket WiFiプラン2であれば、アドバンスオプションに対応しています。
この月額684円アドバンスオプションに申し込むと、アドバンスモードが利用出来るようになります。

Pocket WiFiの月額料金
料金プラン アドバンスオプション未加入時 アドバンスオプション加入時
Pocket WiFiプラン2 3,696円 4,380円
Pocket WiFiプラン2ライト 2,480円

Pocket WiFiをアドバンスモードに切り替えると、利用出来る通信方式はAXGP通信TDD-LTE通信のみに限定されます。
その代わり、7GBを超過した状態でそのまま通信を行う事が出来るようになります。

アドバンスモード

つまり、Pocket WiFiの総通信量が7GBを超過する前にアドバンスモードへと切り替える事で、ご利用料金プランの月間データ量に対する通信速度制限を回避する事が出来る訳です。

ただし、アドバンスモードへ切り替える事でプラチナバンドを含めたFDD-LTE通信は利用出来なくなりますので、通信エリアが狭くなってしまいます。
また、アドバンスモードへと切り替える事でキャリアアグリゲーションが利用出来なくなりますから、通信速度も遅くなります。

通信エリアが狭くなり、通信速度は遅くなる

ですので、アドバンスモードへはPocket WiFiが7GBを超えそうになったタイミングで切り替えたいものです。

ちなみに、混雑回避など通信品質確保のための速度制御は、アドバンスモードへ切り替えても回避する事が出来ません。
つまり、Pocket WiFiの通信量は、3日間で10GB未満に抑える必要があるのです。

Pocket WiFiの通信量を抑える

とは言え、混雑回避など通信品質確保のための速度制御が適用されてしまったとしても、実施される時間帯は当日の18時から翌日の1時までの時間限定となります。
ですから、この時間帯以外であれば、混雑回避など通信品質確保のための速度制御の影響はありません。

この混雑回避など通信品質確保のための速度制御WiMAXサービスにも存在しますが、適用される時間帯が18時から翌日の2時までとなっています。
ですので、Pocket WiFiサービスの方が、1時間早く混雑回避など通信品質確保のための速度制御が解除される仕組みになっています。

混雑回避など通信品質確保のための速度制御が適用される時間帯

また、混雑回避など通信品質確保のための速度制御が適用されている時間帯であっても、約1Mbpsの通信速度は確保されます。
この1Mbpsの通信速度ですが、YouTube動画の標準画質レベルであれば視聴は可能です。

ですから、混雑回避など通信品質確保のための速度制御が適用されたとしても、最低限の通信速度は維持されます。

  • Pocket WiFiサービスで月初めからの総通信量が料金プランで定められている通信量を超えてしまうと、月末までの通信速度が128Kbpsに制御されてしまう。
  • Pocket WiFiプラン2の方は月に7GBまでPocket WiFiプラン2ライトの方は月に5GBまで通信を行う事が出来る。
  • Pocket WiFiプラン2の方がアドバンスオプションに申し込むと、月間のデータ容量の上限がなくなるアドバンスモードを利用出来るようになる。
  • Pocket WiFiをアドバンスモードへ切り替えると、AXGP通信TDD-LTE通信のみを利用するようになる。
  • Pocket WiFiサービスで前日までの3日間の合計通信量が8,389万パケット(約10GB)を超えてしまうと、当日の18時から翌日の1時までの通信速度を約1Mbpsに制御されてしまう。
  • 混雑回避など通信品質確保のための速度制御が適用されるのは18時から翌日の1時までで、適用されてもYouTube動画の標準画質レベル(SD)は視聴が可能。

あなたのPocket WiFi環境を左右するもの

Pocket WiFiの通信環境を左右するもの

ご紹介しているPocket WiFiサービスですが、光回線のような固定回線とは大きく異なる部分があります。
それは、利用するPocket WiFiの機種が持つスペックが、あなたの利用出来るPocket WiFiサービスの環境そのものに影響すると言う点になります。

Pocket WiFi 603HW

ですから、通信速度通信エリア繋がりやすさなどと言った点は、あなたが選んだPocket WiFiのスペックに左右される訳です。
それでいて、月々支払う料金料金プランに左右されます。

ですから、Pocket WiFi自体は、出来るだけスペックの高い機種を選ぶのが良いと言う事になります。

スペックの高いPocket WiFiを選ぶ

また、各Pocket WiFiの機種ごとにPocket WiFiプラン2に対応しているのか、それともPocket WiFiプラン2ライトに対応しているのかが決まって来ます。
ですから、Pocket WiFiサービスの申し込み手続きを行う際には、どちらの料金プランに対応するPocket WiFiなのかも、しっかりと確認する必要があります。

ここを間違ってしまうと、アドバンスモードを利用したかったのに非対応のPocket WiFiだったと言うようなミスに繋がってしまいます。

アドバンスモードに非対応のPocket WiFiだった

そんなPocket WiFiの機種の中から、あなたの申し込む料金プランに対応しつつ、出来るだけ高スペックなPocket WiFiを選ぶようにしましょう。

  • 契約時に選ぶPocket WiFiのスペックが、あなたの手に入れるPocket WiFi環境そのものに影響する。
  • 毎月支払う料金はPocket WiFiのスペックとは関係なく、契約時に選んだ料金プランに左右される。
  • 各Pocket WiFiの機種ごとに、Pocket WiFiプラン2に対応しているのか、それともPocket WiFiプラン2ライトに対応しているのかが決まって来る。

Pocket WiFiの利用料金を左右するもの

前述したように、Pocket WiFiサービスには様々なPocket WiFi取扱店が存在します。
そして、各Pocket WiFi取扱店ごとに異なるキャンペーンを実施しています。

各Pocket WiFi取扱店で実施中のキャンペーン

ですから、どの料金プランでPocket WiFiサービスの申し込み手続きを行うのかと言うだけではなく、どのPocket WiFi取扱店で実施中のキャンペーンを利用してPocket WiFiサービスの申し込み手続きを行うのかと言う点も料金面に大きく関わって来ます。
従って、少しでも安くPocket WiFiサービスを利用したいと言うのであれば、どのPocket WiFi取扱店から申し込み手続きを行うのかと言う点にも着目してみると良いです。

各Pocket WiFi取扱店で実施中のキャンペーンに関しては、別記事にて詳しくご紹介します。

  • Pocket WiFiサービスには色々な取扱店が存在していて、それぞれ異なるキャンペーンを実施している。
  • Pocket WiFiサービスの料金面に大きく左右するのは、どの料金プランに申し込むのかと言う点とどのキャンペーンを利用するのかと言う2点。
Y!mobileのPocket WiFi 601ZT割引きキャンペーン
月に1GBしか通信しない、超ライトユーザー向けのPocket WiFi 601ZTのキャンペーン。
Y!mobileのPocket WiFi 506HW割引きキャンペーン
月に5GBまでしか通信を行わない、ライトユーザー向けのPocket WiFi 506HWのキャンペーン。
Y!mobileのPocket WiFi 603HW割引きキャンペーン
高スペックのPocket WiFi 603HWを使って、月間のデータ利用量の上限を気にせず通信を行いたい方向けのキャンペーン。
Y!mobileのPocket WiFi 701UC割引きキャンペーン
海外と国内兼用のPocket WiFi 701UCを使って、海外でも安くPocket WiFiサービスを利用したい方向けのキャンペーン。
Y!mobileのPocket WiFi 502HW割引きキャンペーン
テレビチューナー内蔵型Pocket WiFi 502HWを使って、インターネット環境テレビ番組を視聴出来る環境の両方を携帯したい方向けのキャンペーン。
Yahoo! Wi-FiのYahoo!プレミアム会員限定割引キャンペーン
月に5GBまでしか通信を行わないライトユーザー向けのPocket WiFi 506HWを、より安く利用したい方向けのキャンペーン。
Yahoo! Wi-Fiのアドバンスオプション料割引キャンペーン
高スペックのPocket WiFi 603HWを使って、月間のデータ利用量の上限を気にせず通信を行いたい方向けのキャンペーン。
NOZOMI WiFiの完全無制限プラン
クラウドSIMに対応したSIMフリーのモバイルWi-FiルーターGlocalMe U2SoftBank回線に対応したSIMカードを使ったPocket WiFiのレンタルサービス。
SoftBankから速度制限が適用される前にSIMサーバーを分散させる事で、速度制限を回避出来る仕組みになっている。
SAKURAWiFiのSAKURAアシストMUGENプラン
極端な使い方をしなければ速度制限は適用されない大容量通信を行う方向けのPocket WiFiのレンタルサービス。
J-WiFiのレンタルサービス
WiMAX端末Pocket WiFiを取り扱う、モバイルWi-Fiルーターのレンタルサービス。
1日単位でモバイルWi-Fiルーターをレンタル出来るので、短期契約の方に経済的なサービス。
WiFi東京レンタルショップのレンタルサービス
テレビを視聴出来るPocketWiFi 502HWのレンタルサービス。
1日単位でPocketWiFi 502HWをレンタル出来るので、短期契約の方に経済的なサービス。
NEXTmobileの端末代金無料キャンペーン
SoftBankのSIMカードSIMフリーのモバイルWi-Fiルーターを組み合わせた、月に20GBまで、もしくは30GB50GBまでしか通信を行わないミドルユーザー向けのモバイルインターネットサービス。
この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

君得ネット|聞いて得する情報サイトの注目記事を受け取ろう

Pocket WiFiってどんなサービス?利用出来る通信量や取扱店は?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

君得ネット|聞いて得する情報サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
お勧めインターネットランキング

インターネット環境を見直す

  1. @nifty WiMAX
    @nifty WiMAX比較的早い段階で高額なキャッシュバックを貰える点が特徴的な@nifty WiMAX
    早い段階でキャッシュバック手続きを行う事が出来るので、他のWiMAX取扱店と比較してキャッシュバックを貰い損ねてしまうリスクは低くなっている。

    詳細ページキャンペーンサイト


  2. GMOとくとくBB WiMAX 2+
    GMOとくとくBB WiMAX 2+頻繁に業界最高額になるほど高額なキャッシュバックキャンペーンを実施しているWiMAX取扱店。
    金銭的メリットだけではなく、12ヵ月無料のセキュリティソフト(マカフィー マルチアクセス)や20日以内のキャンセル保証WiMAX端末の即日発送などと言った充実したサービスも利用出来る。

    詳細ページキャンペーンサイト


  3. 株式会社NEXTのSoftBank Airキャンペーン
    株式会社NEXT短時間での大容量通信を行わなければ速度制限はないとされている、SoftBank Airの取扱店。
    ほぼ確実に貰えるキャッシュバックキャンペーンも利用出来る。

    詳細ページキャンペーンサイト



スマートフォンとのセット割引きを活用する

快適なインターネット環境が整ったら、今度はスマートフォンの契約先を乗り換えましょう。
月額料金の安いスマートフォンに乗り換えれば、あなたの通信費を大幅に節約する事が出来るようになります。

その際にお勧めなのがUQ mobileです。
スマホ代が安くなるのは勿論の事、UQ mobileポータルアプリを活用して好きなだけSNSを楽しむ事が出来るようになります。
また、5分以内の通話なら、何度でも無料になります。



ただし、インターネット環境にPocket WiFiサービスSoftBank Airを選んだ方は、Y!mobileのスマートフォンの方がお勧めとなります。
と言うのも、おうち割と言うセット割引きを利用する事が出来るからです。

通信費を出来るだけ安く抑えて、家計のやり繰りを楽にしましょう。


関連記事

  • そんなに通信量は必要ない、そんなライトユーザー向けのPocket WiFi

  • インターネット契約、18歳の未成年でも可能?親の同意書は必要?

  • WiMAX VS LTE。それぞれの特徴と2018年の今選ぶべきサービスは?

  • 海外でもOK!Y!mobileに国内外対応のPocket WiFi 701UCが登場!

  • モバイルインターネットサービスは速度制限さえなければ最高なのに…

  • GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーンとY!mobile

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。