1. TOP
  2. インターネット
  3. Pocket WiFi
  4. めちゃファイ
  5. ヘビーユーザーにこそめちゃファイがお勧め出来るその理由とは?

ヘビーユーザーにこそめちゃファイがお勧め出来るその理由とは?

 2019/04/26 めちゃファイ   344 Views
ヘビーユーザーにこそめちゃファイがお勧め出来るその理由とは?

-※現在、めちゃファイでは新規申込者受付を終了しています。
ですので、Pocket WiFiサービスのご利用をご検討中の方は、他のPocket WiFi取扱店の特徴を参考になさってみて下さい。

モバイルWi-Fiルーターは3日間に10GBまでしか通信出来ない…

バイルWi-Fiルーターと言えば、3日間の合計通信量は10GBまでと決まっていたりするものです。
ですから、容量無制限と言う表記をしているモバイルWi-Fiルーターだったとしても、小さい字で注意書きが添えられていたりするものです。

その注意書きとは、3日間の合計通信量が10GBを超えると、一定の期間速度制限が実施されると言うものになります。
ですので、通信し放題と書かれているモバイルWi-Fiルーターであっても、実際には速度制限があったりします。

これは、月間データ容量の上限なしを謳っているWiMAXサービスPocket WiFiサービスの両方共該当します。

前日までの直近3日間のネットワーク混雑回避のための速度制限
月間データ容量に上限のないWiMAXサービスのFlatツープラス ギガ放題プランであっても、速度制限がない訳ではない。

この3日間に10GBと言う通信量についてですが、全然余裕がなくて、私なら1日半で超過してしまいます。
ですから、毎日速度制限が実施されてしまう状態で、ずっとインターネットを利用し続けなければならなくなってしまいます。

そんなモバイルWi-Fiルーターの3日間で10GBの速度制限が、ウザったくて仕方がないと言う方もいる事でしょう。
そんな方にピッタリなモバイルWi-Fiルーターが、新たに登場しました。

それがめちゃファイ(めちゃくちゃスゴイWi-Fi)と言うモバイルWi-Fiルーターになります。
このめちゃファイと契約すれば、実質的には速度制限を気にする事なく、快適なインターネット環境を手に入れる事が可能となって来ます。

モバイルインターネット
めちゃファイと契約する事で、3日間で10GBの通信量の制限がなくなる。

そんなめちゃファイについて、これから詳しくご紹介して行きます。
ぜひ、ワクワクしながら最後までご覧下さい。

ちなみに、めちゃファイのキャンペーンサイトへは、次のボタンから移動する事が出来ます。

めちゃファイなら、3日間の通信量に対する速度制限がない!?

冒頭でご紹介したように、たっぷりとインターネットを利用したい方にお勧めなモバイルWi-Fiルーターがめちゃファイになります。
と言うのも、めちゃファイには3日間で10GBまでと言うタイプの速度制限がないからです。

ですので、めちゃファイユーザーであれば、モバイルWi-Fiルーターにはありがちな3日間の通信量を気にする必要がなくなります。

快適なインターネット環境が手に入るめちゃファイ
3日間の通信量に対する速度制限が気になるなら、めちゃファイがお勧め出来る。

ただし、めちゃファイには速度制限が全くない訳ではなく、月間データ容量に対する上限はあります。
そんなめちゃファイの月間データ容量に対する上限は、申し込む料金プランによって違って来ます。

具体的なめちゃファイの料金プランは、次のようになっています。

めちゃファイで利用出来る通信量の上限
料金プラン 月間データ容量の上限 3日間のデータ容量の上限
100ギガプラン 100GB なし
300ギガプラン 300GB
1000ギガプラン 1TB(1,000GB)

ただ、100GBとか言われても、それがどれだけの通信量なのかイメージ湧かないですよね?
と言う事で、私自身の経験を共有したいと思います。

私は、一時期24時間生放送をしている某インターネット番組にハマっていました。
そして、起きている間はずっと、そのインターネット番組を流しっぱなしにしていました。

そんな用途でモバイルWi-Fiルーターを使っていた当時の私の通信量でも、月間データ容量は300GBを少し超える程度で収まっていました。
そう考えると、通常の用途であれば300GBもあれば十分かと思います。

もし家族全員がインターネットのヘビーユーザーであったとしても、月間データ容量が1TB(1,000GB)を超える使い方はなかなか出来ないものだと思います。
ですから、めちゃファイの1000ギガプランであれば、実質容量無制限と言っても良い位の通信量になります。

親子でインターネット
家族単位で考えたとしても、月間1,000GBの通信量を使い切るのは難しい。

また、動画を毎日何時間も視聴するような用途でなければ、100ギガプランでも十分に対応出来ます。
ちなみに、ドコモのモバイルWi-Fiルーターユーザーの月間データ容量の上限が30GBまでですので、そう考えるとめちゃファイの月間データ容量の凄さはイメージして頂けるかと思います。

と言う事で、めちゃファイはヘビーユーザー向けのモバイルWi-Fiルーターである事が、何となくイメージして頂けたかと思います。

たっぷりと通信出来る、めちゃファイの月額料金っていくら?

めちゃファイがたっぷり通信出来るモバイルWi-Fiルーターである事は、これまでの説明でイメージして頂けたかと思います。
ここで気になって来るのが、めちゃファイの料金面の話ですよね?

ただ、ご紹介しているように、めちゃファイは大容量通信が行えるモバイルWi-Fiルーターです。
ですので、月額料金は格安ではありません。

しかも、モバイルWi-Fiルーターとして利用する+f FS030Wも、別料金で購入しなければならない形となっています。
そんな+f FS030Wの購入代金は、18,000円にもなります。

FS030W
モバイルWi-Fiルーターとなる+f FS030Wの購入代金は月額料金の中には含まれておらず、別料金で購入しなければならない。

ただ、最初に18,000円を一括払いで負担するのは、なかなか大変ではないでしょうか?
ですので、+f FS030Wの購入代金は、18回に分けて月に1,000円ずつ支払う形を選択する事も出来ます。

もう1つ、めちゃファイと契約時には、3,000円の事務手数料も支払わなければなりません。
とは言え、この事務手数料は、1ヵ月目だけ支払えば良い形となっています。

ちなみに、+f FS030Wを一括払いで購入する方であれば、この3,000円の事務手数料は無料になります。

+F FS030Wのクレードルセット
+f FS030Wを一括払いで購入出来る方のほうが、契約条件としてはお得になる。

ご紹介して来ためちゃファイの月額料金まとめると、次の表のようになります。

めちゃファイの月額料金
契約期間 100ギガプラン 300ギガプラン 1000ギガプラン
1ヵ月目 7,880円 8,280円 11,880円
2~18ヵ月目 4,880円 5,280円 8,880円
19ヵ月目~ 3,880円 4,280円 7,880円

と言う事で、たっぷりと通信出来るめちゃファイではあるものの、月額料金はそんなに安くはないです。
とは言え、3日間の通信量に対する速度制限はありませんから、この月額料金をお得と考えるのかどうかはあなた次第となります。

ここで、参考までにドコモのモバイルWi-Fiルーターの料金プランをご紹介したいと思います。
ドコモのモバイルWi-Fiルーターと契約する場合、データプラン(ルーター)の月額1,200円mopera U シンプルプランの月額200円、そして、次のベーシックパックの月額料金を支払う形になります。

ドコモのベーシックパックの月額料金
月間データ容量 月額料金
1GB 2,900円
3GB 4,000円
5GB 5,000円
20GB 7,000円

また、月に5GB以上通信する方であれば、ドコモではベーシックパックに申し込むよりパケット定額サービスの方に申し込んだ方がお得となります。

ドコモのパケット定額サービスの月額料金
パケットパック 月間データ容量 月額料金
ウルトラデータLパック 20GB 6,000円
ウルトラデータLLパック 30GB 8,000円

さて、ここで注目したいのがウルトラデータLLパックに申し込んだ場合の通信環境になります。
具体的には、月に30GBまでしか通信出来ない料金プランで、月額料金は9,400円になります。

Wi-Fi STATIONの行う通信
ドコモのモバイルWi-Fiルーターは、利用出来る通信量の割に月額料金が高め。

それに対して、めちゃファイの1000ギガプランであれば、月額8,800円で月に1,000GBも通信する事が出来ます。

ドコモのモバイルWi-Fiルーターとめちゃファイの料金プランを比較
通信サービス 月間データ利用料 月額料金
ドコモ 30GB 9,400円
めちゃファイ 1,000GB 8,800円

さて、あなたならどちらのサービスに申し込みますか?

ご紹介しているめちゃファイの料金プランですが、2年縛りの契約となります。
現在のモバイルWi-Fiルーター業界では、3年契約が増えて来ました。

WiMAXサービスの契約期間
WiMAXサービスのように、元々2年契約だったサービスも3年契約へと移行して来ている。

そんな中で、めちゃファイユーザーであれば、1年間契約機関の縛りを短くする事が出来る訳なのです。
ですので、他にもっと良い条件のインターネット接続サービスを見付けた時には、他のモバイルWi-Fiルーターと比べてサービスの乗り換えが容易となります。

めちゃファイであれば、そう言った面でのメリットも付いて来ます。
そんなめちゃファイについてもっと詳しく知りたい方は、次のボタンからキャンペーンサイトへと移動してみて下さい。

めちゃファイユーザーが利用出来る通信回線は?

ご紹介しているめちゃファイですが、SoftbankのSIMカードを利用したサービスになります。
ですから、めちゃファイと契約後には、Softbankの通信回線を利用する事が出来るようになります。

SIMカードとSIMフリーのモバイルWi-Fiルーター
めちゃファイは、Softbankの通信エリアに対応したモバイルWi-Fiルーターとなる。

つまり、めちゃファイは、Pocket WiFiサービスと似たようなサービスであるとも言えるのではないでしょうか?
ただ、利用するモバイルWi-FiルーターはSIMフリーの+f FS030Wですから、厳密に言うとPocket WiFiではありません。

とは言うものの、めちゃファイPocket WiFiと同じ広い通信エリアを利用出来ますので、そこは安心して頂いて大丈夫です。
ただ、+f FS030W自体は最新のモバイルWi-Fiルーターではありませんから、通信スペック面で最新のPocket WiFiに大きく劣る形となってしまいます。

そんな+f FS030Wの通信スペックは、次の通りです。

+f FS030Wの通信スペック
項目 詳細
上り最大通信量 50Mbps
下り最大通信速度 150Mbps
最大同時接続数 15台

ちなみに、最新のPocket WiFiであるPocket WiFi 801HWの場合だと、下り最大通信速度は972Mbpsにもなります。
そう考えると、+f FS030Wの下り最大通信速度150Mbpsは、とてつもなく遅い通信速度に見えて来るのではないでしょうか?

ただ、登場したてのPocket WiFiであるD25HWだと、下り最大通信速度は7.2Mbps、上り最大通信速度は5.8Mbpsしかありませんでした。
また、下り最大通信速度が1Mbps程度あれば、YouTubeの標準画質レベルを視聴する事は可能です。

そう考えると、+f FS030Wの通信速度が出ていれば、実用上必要な通信速度は確保出来ている事になります。
実際、私自身は下り最大通信速度110MbpsのWi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15と言うモバイルWi-Fiルーターを長く使っていましたが、この通信スペックでも不満はありませんでした。

Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15が届く
下り最大通信速度110Mbpsの通信環境でも、快適な通信環境を手に入れる事が出来ていた。

と言う事で、+f FS030Wの通信スペックに関しては、それほど不安になる必要はありません。

そんな+f FS030Wですが、めちゃファイでは即日発送に対応しています。
具体的には、平日の13時までに申し込み手続きを終わらせた方に対しては、その日中に+f FS030Wが発送される流れとなっています。

ですから、すぐにでもインターネットを利用開始したいと言う方の要望に対して、めちゃファイなら対応してくれる仕組みとなっています。

それに対して、光回線だと数週間から1ヵ月ほどの回線工事の順番待ちが発生してしまいます。
そのストレスを考えると、すぐにインターネットを利用開始出来るめちゃファイのメリットは、かなり大きいと言えるのではないでしょうか?

めちゃファイはPocket WiFiサービスよりも解約金が高い!?

これまで、めちゃファイのメリットや特徴についてご紹介して来ました。
そんなめちゃファイですが、良い部分だけではなく、デメリットもあります。

それは一体何かと言うと、解約金が高いと言う部分になります。
この解約金とは、めちゃファイの中途解約に伴う違約金の事を指します。

負担額
めちゃファイは解約金が高いので、中途解約はしないようにする。

ですから、めちゃファイと契約した方は、契約期間を必ず守るようにしたいものです。
ここで気になるめちゃファイの解約金は、次の通りです。

めちゃファイの解約金
契約期間 100ギガプラン 300ギガプラン 1000ギガプラン
1~23ヵ月目 27,000円 30,000円
24ヵ月目 0円
25~47ヵ月目 15,000円
48ヵ月目 0円
49~71ヵ月目 15,000円
72ヵ月目 0円

また、+f FS030Wを分割払いで購入した方の場合には、未払金をまとめて請求される形になってしまいます。
ですので、めちゃファイを中途解約する場合には、それなりの負担額を覚悟しなければなりません。

ちなみに、Pocket WiFiサービスの契約解約料が9,500円である事を考えると、めちゃファイの解約金はかなり高いと言う事がお分かり頂けるかと思います。
なので、再度お伝えしますが、めちゃファイの契約期間は必ず守るようにしましょう。

とは言え、めちゃファイの契約期間は2年縛りですから、3年縛りのPocket WiFiサービスよりも1年間解約出来る周期が短くなっています。
そう考えると、後ほど他のインターネットサービスへと乗り換えが出来るお手軽さは、めちゃファイの方が良いと言えるのではないでしょうか?

さて、これまでご紹介して来ましためちゃファイですが、キャンペーンサイトへは次のボタンから移動する事が出来ます。
めちゃファイに興味を持った方は、一度ご覧になってみて下さい。

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

君得ネット|聞いて得する情報サイトの注目記事を受け取ろう

ヘビーユーザーにこそめちゃファイがお勧め出来るその理由とは?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

君得ネット|聞いて得する情報サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

コメントを残す


CAPTCHA


関連記事

  • モバイル型のWi-Fiルーターを比較したいあなたが知るべき情報はこれ!

  • auでPocket WiFiを契約したい。そんなあなたが知っておくべき事とは?

  • インターネット回線もセットで!自宅のWi-Fi環境を作る上で、お勧めなWi-Fiルーターは?

  • 高画質動画をたっぷりと視聴!実現可能な高スペックPocket WiFiは?

  • 必見!後悔しないマンションへのインターネットの繋ぎ方

  • なるほど納得!一人暮らしのWi-Fi環境、マンションに向いているインターネットサービスは?

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。