1. TOP
  2. インターネット
  3. なるほど納得!携帯出来るWi-Fiルーター、ベストな選択は?

なるほど納得!携帯出来るWi-Fiルーター、ベストな選択は?

 2018/08/10 インターネット   22 Views
なるほど納得!携帯出来るWi-Fiルーター、ベストな選択は?

携帯出来るWi-Fiルーターにはどんな種類がある?

携帯出来るWi-Fiルーターには、ドコモのモバイルWi-FiルーターWiMAXサービスPocket WiFiサービスの3種類のサービスがあります。
このいずれのWi-Fiルーターも無線を使ってインターネットへアクセス出来ますので、インターネット環境を携帯出来ると言う利便性を持っています。

モバイルインターネット
モバイルWi-Fiルーターを使用する事で、インターネット環境を常に携帯出来るようになる。

そうなると気になって来るのが、ドコモのモバイルWi-FiルーターWiMAXサービスPocket WiFiサービスのうち、どのサービスに申し込めば良いのかと言う疑問点でしょう。
と言う事で、ドコモのモバイルWi-FiルーターWiMAXサービスPocket WiFiサービス、それぞれの特徴やデメリットについてご紹介します。

この記事を参考にして頂ければ、あなたは携帯出来るWi-Fiルーター選びで失敗するリスクを抑える事が出来ます。
ですので、ぜひ最後までご覧頂ければと思います。

  • 携帯出来るWi-Fiルーターには、ドコモのモバイルWi-FiルーターWiMAXサービスPocket WiFiサービスの3種類のサービスがある。

携帯出来る3種類のWi-Fiルーター、それぞれの特徴

ドコモのモバイルWi-Fiルーターの特徴

まずは、ドコモのモバイルWi-Fiルーターについてご紹介します。
ドコモのモバイルWi-Fiルーターは、この記事を書いている現時点での下り最大通信速度が最速のモバイルインターネットサービスになります。

と言うのも、ドコモのモバイルWi-FiルーターであるWi-Fi STATION N-01Jの下り最大通信速度は、788Mbpsもあるからです。
ちなみに、WiMAXサービスSpeed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)の下り最大通信速度は758MbpsPocket WiFiサービスPocket WiFi 603HWの下り最大通信速度は612Mbpsとなっています。

各モバイルインターネットサービスの最大通信速度(2018年8月現在)
Wi-Fiルーターの機種 下り最大通信速度 上り最大通信速度
Wi-Fi STATION N-01J 788Mbps 50Mbps
Speed Wi-Fi NEXT W05(HWD36) 758Mbps 112.5Mbps
Pocket WiFi 603HW 612Mbps 37.5Mbps

ただし、ドコモのモバイルWi-Fiルーターには月間データ利用量の上限がない料金プランは存在せず、また、月額料金の設定金額も高いと言うデメリットがあります。
ですので、少ししか通信出来ず、しかも、負担額も大きいのです。

そんなドコモのモバイルWi-Fiルーターを利用する為の料金ですが、まずデータプラン(ルーター)の月額1,200円mopera U シンプルプランの月額200円は必ず請求されます。
それに加えて、あなたが通信したパケット量に応じて、次のベーシックパックの料金が発生します。

ドコモのベーシックパックの月額料金
月間データ容量 月額料金
1GB 2,900円
3GB 4,000円
5GB 5,000円
20GB 7,000円

ただ、ドコモのベーシックパックでは月に20GBまでしか通信出来ない為、もっと通信する方はパケット定額サービスに申込む形となります。
そんなドコモのパケット定額サービスの料金プランは、次の通りです。

ドコモのパケット定額サービスの月額料金
パケットパック 月間データ容量 月額料金
ウルトラデータLパック 20GB 6,000円
ウルトラデータLLパック 30GB 8,000円

と言う事で、ドコモのモバイルWi-Fiルーターを利用するには、4,300~9,400円の料金が掛かります。
ただし、ドコモでスマートフォンや携帯電話を契約中の方の場合だと、更に料金が高くなります。

と言うのも、ドコモのスマートフォンや携帯電話で契約中のパケットパックモバイルWi-Fiルーターで使えるパケットを共有する、シェアオプションに加入する形となるからです。
そんなドコモのシェアオプションを利用すれば、スマートフォンのパケットは余っているけどモバイルWi-Fiルーターのパケットは足りないなどと言った無駄を抑える事が出来るようになります。

ドコモのシェアオプション
ドコモのシェアオプションを利用すれば、携帯電話やスマートフォンで契約中のパケットパックをモバイルWi-Fiルーターと共有出来るようになる。

ですから、シェアオプションは非常に便利ではあるのですが、月額料金が500円もしてしまいます。
その結果、ドコモのモバイルWi-Fiルーターの月額料金は、月にたった1GBしか通信出来ない料金プランでも4,800円もしてしまうのです。

と言う事で、もっと安い料金でモバイルWi-Fiルーターを利用したい方月に30GB以上通信したい方であれば、選択肢はドコモ以外のサービスとなります。
そんな訳で、続いてはモバイルインターネットサービスの中でも特に有名なWiMAXサービスについてご紹介します。

  • ドコモのモバイルWi-Fiルーターは、下り最大通信速度が最速のモバイルインターネットサービス。
  • ドコモのモバイルWi-Fiルーターには月間データ利用量の上限がない料金プランは存在せず、また、月額料金の設定金額も高いと言うデメリットがある。
  • ドコモのシェアオプションを利用すれば、スマートフォンのパケットは余っているけどモバイルWi-Fiルーターのパケットは足りないなどと言った無駄を抑える事が出来るようになる。

WiMAXサービスの特徴

WiMAXサービスは、UQコミュニケーションズとauの通信回線を利用したモバイルインターネットサービスになります。
その特徴としては、月間データ利用量の上限がなくなるFlatツープラス ギガ放題プランが用意されている点になります。

ギガ放題プラン
WiMAXサービスのFlatツープラス ギガ放題プランに申し込めば、月間データ利用量の上限はなくなる。

そんなWiMAXサービスの料金プランは、次の通りです。

WiMAXサービスの値段
ご利用期間 Flatツープラスプラン Flatツープラス ギガ放題プラン
ご利用開始月 3,696円(日割り計算)
1~2ヵ月目 3,696円 3,696円
3ヵ月目~ 4,380円

ちなみに、月額料金の安いFlatツープラスプランであっても、月に7GBまで通信出来ます。
ですので、ドコモのモバイルWi-Fiルーターと比べて頂ければ、どれだけ安くてたっぷりと通信出来るモバイルインターネットサービスなのかお分かり頂けるかと思います。

さて、続いては度々WiMAXサービスと混同されてしまう事もあるPocket WiFiサービスについてご紹介します。

  • WiMAXサービスは、UQコミュニケーションズとauの通信回線を利用したモバイルインターネットサービス。
  • WiMAXサービスFlatツープラスプランに申込むと月に7GBまでFlatツープラス ギガ放題プランに申込むと月間データ利用量の上限がなくなる

Pocket WiFiサービスの特徴

Pocket WiFiサービスとは、SoftBankの通信回線に対応したモバイルインターネットサービスになります。
そんなPocket WiFiのSoftBankで取り扱うモデル月に7GBまでしか通信出来ませんが、Y!mobileで取り扱うモデルであれば月間データ利用量の上限はありません。

そんなY!mobileで取り扱うPocket WiFiの料金プランですが、次の通りです。

Y!mobileの料金プラン
料金プラン データプランS Pocket WiFiプラン2 ライト Pocket WiFiプラン2
月額料金 1,980円 2,480円 3,696円
月間のデータ利用量 1GB 5GB 7GB
アドバンスオプション料 非対応 684円

この中のアドバンスオプションですが、申し込む事でアドバンスモードを利用出来るようになります。
そして、Pocket WiFiの通信モードをアドバンスモードへと切り替えると、月間データ利用量の上限がなくなる仕組みになっているのです。

アドバンスモード
Pocket WiFiをアドバンスモードへと切り替える事で、月間データ利用量の上限がなくなる。

ちなみに、アドバンスモードを利用後のPocket WiFiサービスの月額料金は4,380円ですから、WiMAXサービスと同じ金額月間データ利用量の上限を気にせず通信出来るようになります。
となると気になるのが、WiMAXサービスPocket WiFiサービス、どちらに申し込んだ方が良いのかと言う疑問点でしょう。

実は、WiMAXサービスPocket WiFiサービスは非常に似通ったサービスではあるのですが、1つだけ大きな差があるのです。
それは何かと言うと、月間データ利用量の上限なく通信出来る条件下での通信エリアです。

WiMAXサービスの場合、標準の通信モードであるWiMAX 2+通信に対して月間データ利用量の上限がなくなります。
それに対し、Pocket WiFiサービスのアドバンスモードだと、標準のFDD-LTE通信以外の通信回線に対して月間データ利用量の上限がなくなるのです。

アドバンスモード
Pocket WiFiをアドバンスモードに切り替えると、標準のFDD-LTE通信以外の通信エリアで通信出来る形となる。

このWiMAXサービスPocket WiFiサービスの通信エリアの違いを表したのが、次の地図です。
ちなみに、Pocket WiFiサービスの地図上では、青紫色に塗られているエリアがアドバンスモードに対応した通信エリアとなります。

Pocket WiFiサービスとWiMAXサービスの通信エリアの違い
WiMAX 2+の通信エリアと比べると、アドバンスモードに対応している通信エリアは狭い。

関東のエリアでさえこれだけ差がある訳ですから、地方だとなおさらです。
と言う事で、通信上の利便性を考えると、WiMAXサービスの方がPocket WiFiサービスよりもお勧めとなります。

さて、ご紹介しているWiMAXサービスですが、実は普通に契約するよりも安い月額料金で利用出来る方法があります。
と言う事で、引き続きよりお得な条件でWiMAXサービスの契約を行う方法についてご紹介します。

  • Pocket WiFiサービスは、SoftBankの通信回線に対応したモバイルインターネットサービス。
  • Pocket WiFiのSoftBankで取り扱うモデル月に7GBまでしか通信出来ないが、Y!mobileで取り扱うモデルであれば月間データ利用量の上限がない。
  • Pocket WiFiのアドバンスオプションに申し込んで通信モードをアドバンスモードへと切り替えると、月間データ利用量の上限がなくなる仕組みになっている。
  • アドバンスモードを利用後のPocket WiFiサービスの月額料金は4,380円なので、WiMAXサービスと同じ金額月間データ利用量の上限を気にせず通信出来るようになる。
  • WiMAXサービスの場合、標準の通信モードであるWiMAX 2+通信に対して月間データ利用量の上限がなくなる。
  • Pocket WiFiサービスのアドバンスモードだと、標準のFDD-LTE通信以外の通信回線に対して月間データ利用量の上限がなくなる。
  • WiMAX 2+通信に対応した通信エリアアドバンスモードに対応した通信エリアを比較すると、WiMAX 2+に対応した通信エリアの方が圧倒的に広い。
  • WiMAXサービスは、普通に契約するよりも安い月額料金で利用出来る方法がある。

モバイルWi-Fiルーターをよりお得に手に入れる方法

ご紹介して来たように、モバイルWi-FiルーターはWiMAXサービスの端末を利用するのがお勧めです。
そんなWiMAXサービスですが、実は複数の取扱店が存在します。

そして、各WiMAX取扱店ごとに、利用料金の設定金額が違って来ます。
この各WiMAX取扱店の中でも特にお勧めなのが、Broad WiMAXになります。

と言うのも、Broad WiMAXでは月額最安プランと言うオリジナルの料金プランを用意しており、他のWiMAX取扱店よりも安い料金設定額となっているからです。
ですので、安い月額料金利便性の高いWiMAXサービスを利用したいのであれば、Broad WiMAXをお勧めします。

実際に私自身もBroad WiMAXと契約していますが、料金の負担額が少ないと言う点にありがたみを感じています。
このお得感を、ぜひあなたにも実感して頂きたいと思っています。

Broad WiMAX
Broad WiMAXでWiMAXサービスの契約を行うと、少ない負担額で利便性の高いWiMAXサービスを利用出来るようになる。

そんなBroad WiMAXについては、キャンペーンサイトでより詳しく紹介されています。
ですので、Broad WiMAXに興味のある方は、そちらも併せてご覧下さい。

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

君得ネット|聞いて得する情報サイトの注目記事を受け取ろう

なるほど納得!携帯出来るWi-Fiルーター、ベストな選択は?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

君得ネット|聞いて得する情報サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
君得ネットの存在意義
インターネット環境を導入したいけど、結局どのサービスを選べば間違いないのかな?」
そう言う、インターネット難民になってしまう方は後を絶たないです。

その理由ですが、インターネットを取り扱っているお店の数は、非常に多いからです。
それらを一つ一つ比較して行く作業は、多くの時間と労力を費やしてしまう事になってしまいます。

また、それらインターネット取扱店で実施中のキャンペーン特典の内容は、毎月変更になります。
ですので、その最新情報を毎月追って行く作業だけでも、とても大変だったりするのです。

情報過多
数多く存在するインターネット取扱店のキャンペーン情報を毎月追って行く作業は、意外と骨の折れる作業。


そこで頼りたくなるのが、インターネットに詳しい方が発信している情報だったりします。
ただ、インターネットの比較サイトの中には、自分自身では使った事のないサービスを想像だけでお勧めしているサイトも非常に多いです。

しかも、その情報が正しければ良いものの、誤った情報を平気で発信し続けているサイトも数多く存在します。
その中には、超有名な大手比較サイトでありながら、1ヵ月1円でインターネットを利用出来ると言うような過大広告を流し続けているケースもあったりするのです。

この大手比較サイトの嘘情報については、私自身も一度騙されました。
だからこそ思うのですが、私のような失敗をしてしまう方を一人でも多く減らしたいのです。

そして、こう言った悪どい商売を続けている大手比較サイトが儲け続けている現状も、世の中的には良くない事だと考えています。
じゃあ、今の現状を変える為に自分に出来る事は、一体何があるのだろうか?

そこで立ち上げたのが、この君得ネットです。
このサイトを通して正しい情報発信を続けて行く事で、後から後悔をしてしまうようなインターネット契約をする方を減らす事が出来るのではないかと考えました。

満足の行くインターネット環境
正しい情報発信が、世の中をより良いものにする。


そして、一人でも多くの方に「このサイトの記事を読んで、良いインターネットの契約先を見付ける事が出来た。」と喜んで貰える事を、このサイトの存在意義としたいと思っています。
自分の大切な時間を使って行う仕事だからこそ、より多くの方の人生に貢献して行きたいと考えています。

一個人がこう言う情報発信を行う強みとしては、企業とのしがらみがないと言う部分にあるかと思います。
ですので、より良いサービスを知ったら、すぐにそっちをお勧めする事が出来ます。

利害関係があるから良くないサービスをいつまでもお勧めし続ける…そのような事をしなくても良いのが、私自身気持ち的にも楽だったりします。
ですので、家電量販店でインターネットの販売員をするような事はせず、こうしてインターネットサービスをお勧めするサイトを運営しているのだと思います。

自分が実際に使って、これは便利だと思ったインターネットサービスを世間に広める手伝いをする。
そう言う形で世の中に貢献出来たらと思います。

私がインターネットサービスの事を語れる資格はどこにあるのかと言うと、ADSLの時代からずっとサービスを実際に利用し続けている点にあります。
そして、2014年の8月1日からは、モバイルWi-Fiルーターへと乗り換えをしています。

Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15が届く
モバイルWi-Fiルーターは2014年から使い始めている。


それからずっと同じサービスを利用して続けている訳ではなく、あえて様々なサービスを実際に自分自身の身銭を切る形で利用し続けています。
勿論、その中には失敗もあったりしつつ、何度も痛い経験をしています。

だからこそ、インターネット契約上の罠を察知する術も身に着けましたし、実際の経験から語る事の出来る事も多くあります。
そこが、インターネット上で情報収集をしただけで記事を書いているようなサイトとは一線を画する部分かと思います。

私の経験がより多くの方のお役に立てる事を願っています。

コメントを残す


CAPTCHA


関連記事

  • auでPocket WiFiを契約したい。そんなあなたが知っておくべき事とは?

  • Wi-Fiルーターの金額はいくら位?各社のWi-Fiルーターの金額を分かりやすく比較

  • 夜でも快適に動画を視聴したい。モバイルの速度制限なしってあるの?

  • SoftBankのWi-Fiルーター、料金はいくら?よりお得な条件と安い料金で契約出来る方法があるって本当!?

  • もう迷わない!お勧めのWi-Fiルーターメーカー厳選4社と取扱店

  • 十分な通信速度を持つサービスは?後悔のないインターネット回線選び

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。