1. TOP
  2. インターネット
  3. LTEとWiMAXの違いや比較。お勧めのモバイル通信について知りたい方へ

LTEとWiMAXの違いや比較。お勧めのモバイル通信について知りたい方へ

インターネット   93 Views
LTEとWiMAXの違いや比較。お勧めのモバイル通信について知りたい方へ

LTE通信 VS WiMAX通信

LTE通信とWiMAX通信ってあるけど…

モバイルWi-Fiルーターの契約先を選ぶ上で、その選択肢の多さに驚いたりするものです。
そんなモバイルWi-Fiルーター業界ですが、利用する通信回線と言う形で分類をすると、LTEWiMAXに分ける事も出来ます。

そこで気になって来るのは、LTE通信WiMAX通信は、一体何が違うのかと言う部分についてでしょう。
と言う事で、この記事ではLTE通信WiMAX通信の違いについてご紹介をしていきます。

ドコモとUQコミュニケーションズとY!mobile
今のモバイルWi-Fiルーター業界では、LTE通信とWiMAX通信を利用したサービスが存在する。

また、LTE通信WiMAX通信に対応したモバイルWi-Fiルーター全ての取扱店の中で、今1番お勧め出来る取扱店についてのご紹介もしていきます。
ぜひ、最後までご覧下さい。

LTE通信の特徴とは?

まず、より一般的なLTE通信について、その特徴をご紹介していきます。

LTE通信は、ドコモauSoftbankの携帯電話や、ドコモのモバイルWi-FiルーターSoftbankYmobilePocket WiFiなどで利用されている通信回線になります。
そんなLTE通信の特徴としては、高い周波数だけではなく低い周波数の帯域も利用出来る為、障害物にぶつかっても回り込む事が出来ると言う部分が挙げられます。

プラチナバンド
LTE通信の中でも低周波数帯域に対応している物であれば、障害物に強いと言う特徴を持つ。

つまり、山間部や奥まった場所にも、しっかりと電波が届きやすい点がメリットになります。
実際、私自身WiMAX通信LTE通信を同時期に利用した事があるのですが、その違いは明らかです。

WiMAXの電波が2本しか入らない
WiMAX端末の場合だと、通信エリア圏内のハズなのに通信状態が非常に悪いと言う事もある。

WiMAX通信が圏外表示されるような室内であっても、LTE通信は普通に利用する事が出来ていました。
と言う事で、繋がりやすさと言う点で考えると、LTE通信の方がお勧めとなります。

WiMAX通信の特徴とは?

続いては、WiMAX通信についての特徴をご紹介します。

WiMAX通信は、KDDIグループのUQコミュニケーションズが利用する通信回線になります。
そして、auの携帯電話WiMAX端末で利用する形となっています。

そんなWiMAX通信では、高い周波数の帯域を利用しています。
この高周波数の帯域は直進性が高い為、通信速度が速いと言う特徴を持っています。

ただし、WiMAX通信だと、低い周波数の帯域には対応していません。
ですので、奥まった建物の内部などだと、通信エリア内であっても圏外表示されてしまう事もあります。

高周波数の帯域
WiMAX 2+通信は高周波数の帯域を利用する分直進性が高く、障害物にぶつかると反射してしまいやすい。

そんな弱点を持つWiMAX通信ですが、今ラインナップ中のWiMAX端末であれば、全てLTE通信にも対応していたりします。
その為、WiMAX端末圏外表示されるような奥まった場所であっても、LTE通信を使って通信を行う事が可能だったりはします。

WiMAX端末の行う通信
WiMAX 2+通信の弱点を補う為、WiMAX端末はauの4G LTE通信を利用出来る仕組みになっている。

とは言っても、WiMAX端末におけるLTE通信に対しては、かなり厳しい速度制限が設定されていたりします。
具体的には、月に7GB以上通信をしてしまうと、月末までの通信速度は128Kbpsにまで制限されてしまいます。

しかも、WiMAX端末LTE通信に対して速度制限が実施されると、WiMAX回線を使った通信に対しても、同等の速度制限が実施されてしまいます。
ですので、この速度制限の事を、巻き込み制限と言う人もいたりします。

月間のデータ利用量による速度制限
au 4G LTEを併用するハイスピードプラスエリアモードで月に7GBを超過してしまうと、全ての通信回線に対して速度制限が実施されてしまう。

ただ、このWiMAX端末の特徴を理解せずに契約してしまった方の中には、LTE通信の使い過ぎで月末までWiMAX端末が使い物にならなくなってしまう方もいるようです。

ですので、WiMAX端末でも奥まった場所での通信は可能ではあるのですが、それは月に7GBまでが上限である事を認識しておく必要はあります。

LTE通信とWiMAX通信、お勧めは?

ご紹介したように、LTE回線WiMAX回線自体の違いはあるものの、どちらも低周波数の帯域を利用する事は可能です。
ただ、WiMAX端末の場合は月に7GBまでが上限ですので、LTE通信の方が有利だと言えるのでしょうか?

実は、この考え方だと、正解には辿り着いていません。
ここで、LTE通信を利用する、Pocket WiFiを例に挙げてみましょう。

Pocket WiFiの低周波数の帯域は、月に7GBまでしか利用する事が出来ません。
そして、高周波数の帯域のみを利用するアドバンスモードに切り替えた段階で、月間データ容量の上限がなくなります。

Pocket WiFiサービスで利用出来る通信量
Pocket WiFiをアドバンスモードに切り替えると、7GBを超えて通信する事が出来る。

WiMAX端末に関しても、月間データ容量の上限のないギガ放題プランが存在します。
ただ、ギガ放題プラン月間データ容量の上限がないのは、高周波数の帯域のみを利用するWiMAX 2+通信に関してのみです。

つまり、WiMAX端末Pocket WiFiとでは、ほぼ条件が同じであると言う事になるのです。

と言う事から、LTE通信WiMAX通信を分類分けして比較する事に、あまり意味はありません。
サービスとしては別物ではありますが、利便性と言う形での差異はあまりないからです。

WiMAXとPocket WiFi
WiMAXとPocket WiFiに関しては大きな差がない為、細かい違いをいちいち比較する必要はない。

・・・と、ここで話が終わってしまうと、じゃあどの取扱店が良いのか結論は出ずに終わってしまいます。
ここで、速度制限の部分をもう少し掘り下げていきたいと思います。

引き続き、最後までご覧下さい。

騙されるな!売り込みサイトが勝手に名付けた無制限プランの罠

ご紹介したように、WiMAXギガ放題プランに申し込んでWiMAX 2+通信を利用する分には、月間データ容量の上限がなくなります。
この部分から、WiMAXギガ放題プランの事を勝手に使い放題プランと名付けて、読者にWiMAXが無制限に通信出来るような誤解を与えているサイトが、今現在非常に多いです。

私から見ると過大広告以外の何物でもなく、詐欺みたいなものだと思います。
他にも、WiMAX速度制限は緩いから、全く気にしなくても良いと言うような訴求をしているものも存在します。

WiMAXを6年間使って来た私の経験から言わせて貰いますが、どちらも完全な嘘っぱちです。
WiMAX3日間に10GBまでしか通信出来ず、それ以上通信する方だと、結構不便な通信環境を強いられてしまいます。

【登録完了のお知らせ】データ量通知サービス
WiMAXの速度制限は全然緩くはなく、私の場合は毎日速度制限の対象者となっていた。

WiMAXを読者に売り付けたいだけの嘘に騙される事なく、実際にWiMAXを使っているユーザーの声に耳を傾けるようにしましょう。

では、Pocket WiFiはどうかと言うと、同じく3日間の合計通信量が10GBを超える事で、WiMAXと同等の速度制限が待っています。
速度制限の時間がWiMAXよりも1時間短い分、Pocket WiFiの方がまだマシだとも言えます。

ですが、それでも速度制限がある事に変わりはありません。
では、ドコモのモバイルWi-Fiルーターや各携帯電話はどうなのかと言うと、もっと速度制限は厳しいです。

月間データ容量の上限が予め定められていたり料金設定額もびっくりするほど高くなってしまいます。
ですので、これらの選択肢の中から選ぶのであれば、Pocket WiFiが1番マシかなと言った印象です。

Pocket WiFi 803ZT
速度制限の緩さと言う点で考えるのであれば、Pocket WiFiが1番マシ。

ただ、これもまだ、情報としては正解には辿り着いていません。
と言うのも、実はもっと使い勝手の良い、別のサービスが存在するからなのです。

そのサービスとは・・・引き続き詳しくご紹介します。

クラウドSIMサービスと言う選択肢

速度制限なし!?クラウドSIMサービスが激アツ!

どんなときもWiFiと言うサービスがバンバン広告を出した事で、一気に人気が出たのがクラウドSIMサービスになります。
このクラウドSIMサービスですが、速度制限がないと言う点が1番の特徴になります。

ですので、Pocket WiFiWiMAXと比べると、かなり使い勝手は良くなります。
実際、私自身もWiMAXからクラウドSIMへと乗り換えた事で、とても快適なインターネット環境を手に入れる事が出来るようになりました。

uCloudlink D1
私自身がクラウドSIMの愛用者であり、実際に快適な通信環境を手に入れる事が出来た。

WiMAXだと毎日速度制限の対象者だった私がそうなのですから、クラウドSIM速度制限なしと言う表記は信用して大丈夫です。
実際、クラウドSIMについて調べてみると、使い勝手の良さに満足している声を見掛ける事が多いです。

そんなクラウドSIMですが、LTEを使ったサービスになります。
ただし、1社の通信回線のみに依存するのではなく、ドコモauSoftbankの通信回線を利用出来るハイブリッド式になっていたりするのです。

SIMカード
クラウドSIMユーザーであれば、居る場所に最適なSIMカードが自動的に割り当てられる仕組みになっている。

ですから、大手携帯電話会社3社の通信回線を全て利用出来ると言う事になります。
と言う事で、通信エリアの部分においても、他社よりも使い勝手の良いサービスであると言える訳なのです。

そんなクラウドSIMですが、複数の取扱店が存在しています。
と言う事で、続いては、お勧めのクラウドSIM取扱店についてご紹介をしていきます。

料金面から考えたお勧めのクラウドSIM取扱店は?

ご紹介をしたように、クラウドSIM取扱店は複数存在します。
どの取扱店から申し込んでも、利用出来る通信エリア通信量通信速度に違いなどありません。

逆に、クラウドSIM取扱店ごとに異なるのは、料金プランサポート対応先利用出来るモバイルWi-Fiルーターの機種の3つになります。
この中のサポート対応先については比較が困難ですから、今回は料金プランモバイルWi-Fiルーターの機種の2点について確認をしていきましょう。

クラウドSIM取扱店の比較
クラウドSIM取扱店を選ぶ際には、異なる部分に注目するようにする。

まず、出来るだけ安くクラウドSIMを契約したいと言う方であれば、料金プランを比較する方法が良いかと思います。
と言う事で、クラウドSIM取扱店料金プランの比較表を作成しました。

各クラウドSIM取扱店の月額料金比較
クラウドSIM取扱店 2年間 3年目~
NOZOMI WiFi 4,480円
どんなときもWiFi 3,480円 3,980円
Mugen WiFi 3,280円
限界突破WiFi 3,500円
めっちゃWiFi 3,480円
hy-fi 3,880円
クラウドWiFi 3,380円
hi-ho GoGo Wi-Fi 3,355円
FUJI WiFi 3,980円

このように、出来るだけ安くクラウドSIMサービスを利用したいのであれば、選択肢はMugen WiFiになります。
そんなMugen WiFiに興味が出て来た方は、次のボタンからキャンペーンサイトをご覧下さい。

利便性から考えたお勧めのクラウドSIM取扱店は?

ご紹介したように、クラウドSIM取扱店ごとに、利用出来るモバイルWi-Fiルーターの機種が異なります。
このモバイルWi-Fiルーターの機種ごとに異なるのは、ディスプレイの有無内蔵されているアプリの有無最大同時接続数の3点になります。

この中のディスプレイの有無が特に目立つ部分ではあるのですが、実はここ、あまり重要な部分ではありません。
実際、私自身が使っているのはディスプレイのないモバイルWi-Fiルーターですが、全く不便は感じていません。

uCloudlinkのD1
ディスプレイのないモバイルWi-Fiルーターであっても、操作の少ないクラウドSIMにおいては、特に不便など感じない。

ですので、ここにこだわる必要はありません。

続いては、内蔵されているアプリに関してですが、これは地図アプリ翻訳アプリなどになります。
ただ、これらはスマートフォンからも利用出来るものですから、あえてモバイルWi-Fiルーターにも搭載されてある必要性はありません。

と言う事で、クラウドSIMのモバイルWi-Fiルーターを選ぶ上で重要なのは、最大同時接続数の部分となります。
これを踏まえた上で、クラウドSIM取扱店ごとの最大同時接続数を比較してみましょう。

各クラウドSIM取扱店の最大同時接続数比較
クラウドSIM取扱店 最大同時接続数
NOZOMI WiFi 5台
どんなときもWiFi
Mugen WiFi
限界突破WiFi 8台
めっちゃWiFi 5台
hy-fi
クラウドWiFi
hi-ho GoGo Wi-Fi
FUJI WiFi

このように、最大同時接続数を考慮すると、お勧めは限界突破WiFiになります。
他のクラウドSIM取扱店の最大5台と言うのは、1人で利用する用途向きになります。

家族で共有する用途だと、5台は正直キツいのではないかと思います。
実際、私1人だけでも、5台枠を全て使ってしまっています。

どんなときもWiFiで使用するuCloudlinkのD1
最大同時接続数がたった5台と言うのは、正直不便を感じる事がある。

と言う事で、利便性を最優先して選ぶとなると、お勧めは限界突破WiFiになります。
ぜひ参考にして頂いて、快適なインターネット環境を手に入れて下さい。

そんな限界突破WiFiの公式サイトへは、次のボタンから移動する事が出来ます。

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

君得ネット|聞いて得する情報サイトの注目記事を受け取ろう

LTEとWiMAXの違いや比較。お勧めのモバイル通信について知りたい方へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

君得ネット|聞いて得する情報サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

コメントを残す


CAPTCHA


関連記事

  • モバイルWi-Fiルーターのキャッシュバックキャンペーン、お勧めは?

  • そうなんだ!インターネット回線の契約先を選ぶ際の注意点とは?

  • Broad WiMAXとUQ mobileは一緒に契約した方が圧倒的にお得!

  • インターネットをWi-Fiで楽しむ際のお勧めのサービスとは?

  • 家庭用のWi-Fi環境として、ベストな利便性と料金のサービスとは?

  • 分かりやすく解説!携帯出来るモバイルWi-Fiルーター、接続の仕組みはどうなっているの?

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。