1. TOP
  2. インターネット
  3. 【比較】一人暮らしのWi-Fi環境、SoftBankのサービスでお勧めは?

【比較】一人暮らしのWi-Fi環境、SoftBankのサービスでお勧めは?

インターネット   49 Views
【比較】一人暮らしのWi-Fi環境、SoftBankのサービスでお勧めは?

一人暮らしのWi-Fi環境にSoftBank光はどう?

在一人暮らしをしていて、自宅のWi-Fi環境に何を導入しようか迷っている。
そんな時、SoftBankのインターネットサービスだけでも色々な選択肢が出て来ます。

その中でもメジャーなのは、SoftBank光無線LANルーターを組み合わせる方法でしょう。
そんなSoftBank光を利用する場合、月額料金は次のようになります。

SoftBank光の月額料金
項目 集合住宅 戸建住宅
月額利用料金 3,800円 5,200円
回線工事費 1,000円(24回)

なお、あなたの部屋にフレッツ光ネクストの通信回線が来ている場合には、転用(光コラボレーション)を利用する形になります。
そうなると、その部屋においての回線工事は必要ありません。

このように、回線工事費まで含めるとなると、SoftBank光の月額料金は安くないです。
また、契約後のインターネット環境は、回線工事を行ったその建物の中だけしかありません。

光回線
光回線は、工事を行ったその建物内だけでしかインターネットを利用出来ないと言う点が、大きなデメリットになる。

そして、あなたは現在一人暮らしをしている訳ですから、今いるその部屋で一生涯を過ごすと言う事はないでしょう?
つまり、いつかは必ず引っ越しをするタイミングが出て来てしまいます。

そして、その時光回線を使っていると厄介なのです。
と言うのも、引越し先で新たな回線工事が行われるまでの数週間は、インターネットを利用出来ない状況が続いてしまうからです。

また、引越し先での回線工事にも立ち会わなければなりませんし、回線工事を休日で指定すると工事加算金を支払わねばならなくなってしまいます。
勿論、新たな回線工事自体にも、回線工事費が発生してしまいます。

光回線の回線工事
光回線の回線工事は、お金が掛かる。

と言う事で、一人暮らしの方に光回線は、あまりお勧め出来るインターネット回線ではありません。
ですが、安心して下さい。

と言うのも、SoftBankのインターネット回線は、SoftBank光だけではないからです。
と言う事で、続いてはSoftBankで取り扱っているモバイルWi-Fiルーターについてご紹介します。

一人暮らしのWi-Fi環境に、Pocket WiFiとSoftbank Airはどちらの方が合っている?

一人暮らしにPocket WiFiを導入するメリットとデメリット

SoftBankで取り扱っているモバイルWi-Fiルーターに、Pocket WiFiと言うインターネットサービスがあります。
このPocket WiFiは、電波を使って基地局との間で無線通信を行う事が出来ます。

Pocket WiFiで利用する通信
Pocket WiFiは無線通信を利用するので、インターネット環境を持ち歩く事が出来るようになる。

つまり、Pocket WiFiであれば、回線工事と言う概念がなくなります。
ですので、この先何度引っ越しを行おうとも、その影響を受ける事はありません。

そんなPocket WiFiの契約をSoftBankで行う場合、申し込む料金プランは4G/LTEデータし放題フラットプランになります。
この4G/LTEデータし放題フラットプランの月額料金は3,696円で、月間データ利用量の上限は7GBまでとなります。

月間のデータ利用量による速度制限
SoftBankの4G/LTEデータし放題フラットプランに申し込んだ場合には、月間データ利用量の上限が7GBまでとなる。

ただ、たった7GBの通信量では、動画を視聴するような用途には対応出来ません。
そこでお勧めなのが、Pocket WiFiをY!mobileで契約する方法になります。

と言うのも、Y!mobileのPocket WiFiであれば、もっと料金プランのバリエーションが広がって来るからなのです。
そんなY!mobileのPocket WiFiですが、用意されている料金プランは次の通りです。

Pocket WiFiの料金プラン(Y!mobile)
料金プラン データプランS Pocket WiFiプラン2 ライト Pocket WiFiプラン2
月額料金 1,980円 2,480円 3,696円
月間のデータ利用量 1GB 5GB 7GB
アドバンスオプション料 非対応 684円

この中のアドバンスオプションがポイントで、このアドバンスオプションに申し込む事でアドバンスモードを利用出来るようになります。
ちなみに、Pocket WiFiをアドバンスモードへと切り替えると、Pocket WiFiに対する月間データ利用量の上限がなくなります。

Pocket WiFiサービスで利用出来る通信量
Pocket WiFiをアドバンスモードへと切り替える事で、月間データ利用量の上限がなくなる。

つまり、動画を視聴するような大容量通信の用途であっても、Pocket WiFiのアドバンスモードなら対応出来ると言う事になる訳なのです。
ただし、Pocket WiFiのアドバンスモードは、無制限に通信出来る通信モードではありません。

と言うのも、Pocket WiFiの通信量は、3日間で10GBまでだと決まっているからなのです。
ここで気になる10GBの通信量ですが、YouTubeの視聴時間に換算したデータをご紹介します。

10GB分YouTubeを視聴した場合の視聴時間の目安
YouTubeの画質レベル 視聴時間
超高画質動画 約7時間
高画質(HD)動画 約13時間
標準画質(SD)動画 約47時間
低画質動画 約83時間

ちなみに、3日間で10GBの通信量を超過してしまうと、18時から翌日の1時までの通信速度が概ね1Mbpsに制限されてしまいます。
とは言え、速度制限は時間限定ですし、概ね1Mbpsの通信速度があればYouTubeの標準画質レベルの視聴は可能です。

そんなPocket WiFiサービスについては、Pocket WiFiってどんなサービス?利用出来る通信量や取扱店は?と言う記事でも詳しくご紹介しています。
ですから、Pocket WiFiサービスに興味のある方は併せてご覧になってみて下さい。

続いては、SoftBankで取り扱っているもう1つのインターネットサービスとして、Softbank Airについてご紹介します。

一人暮らしにSoftbank Airを導入するメリットとデメリット

Softbank Airは、据え置き型のモバイルWi-Fiルーターになります。
据え置き型ですからバッテリーを内蔵しておらずコンセントのある場所でしか通信する事が出来ません。

SoftBank Airはコンセントが必要
SoftBankはバッテリーを内蔵していない為、コンセントのある場所でしか通信する事が出来ない。

とは言え、SoftBank Airも無線通信を利用しますので、光回線のような回線工事が必要ありません。
そんなSoftbank Airを利用する最大のメリットと言えば、速度制限がないと言う部分に尽きるかと思います。

そう、SoftBank Air回線工事が必要ないと言うPocket WiFiのメリットを持っていて、しかも速度制限がないと言う光回線のメリットも持っていると言う訳なのです。
言うなれば、Pocket WiFi光回線の中間的なインターネットサービスとも言えるかもしれません。

そんなSoftbank Airを利用する場合、次の料金プランが適用される形になります。

Softbank Airの料金プラン
Airターミナルの支払い 購入 レンタル
おうち割 なし あり なし あり
1~24ヵ月目 3,800円 4,300円 4,290円 4,790円
25ヵ月目~ 4,880円 5,370円

ご覧頂くとお分かりのように、利便性の高いSoftbank Airではありますが、月額料金はSoftBank光よりも安くなります。
そんなメリットの多いSoftbank Airではありますが、勿論デメリットもあります。

それは何かと言うと、対応している通信エリアの狭さになります。
と言うのも、SoftBank AirはPocket WiFiのアドバンスモードが対応している通信エリアでしか利用する事が出来ないのです。

ですから、Pocket WiFiで言うFDD-LTE通信が対応する通信エリアは利用する事が出来ないのです。
従って、Softbank Airを契約したいと思っても、自分の住んでいる建物の場所では圏外表示されてしまうと言う事が多々あります。

アドバンスモード
Pocket WiFiのアドバンスモードやSoftBank Airが対応している通信エリアは、限られた範囲のみとなってしまう。

また、あなたの今住んでいる部屋がSoftbank Airの通信エリアに対応していたとしても、後に引っ越す場合にはどうでしょうか?
引越し先では圏外となってしまうと、かなり厄介な事になってしまいます。

と言うのも、SoftBank Airを利用する為のAirターミナル3の購入代金は36回の分割払いとなっていますので、ローンだけが残ってしまう事になります。
Softbank Airは利用していないのに、毎月Airターミナル3の購入代金だけは発生し続ける。

これでは、非常に勿体ない出費となってしまう事でしょう。
ですから、一人暮らしのあなたの場合だと、Softbank Airはあまりお勧め出来るインターネットサービスだと言えません。

言う事で、引き続き一人暮らしのあなたにぴったりな、お勧め出来るインターネットサービスについてご紹介します。

ちなみに、Softbank Airに興味があると言う方については、以前SoftBank Airはどんなインターネットサービス?Pocket WiFiと違う?と言う記事で詳しくご紹介しています。
ですので、Softbank Airについてもっと知りたいと言う方は、併せてご覧になってみて下さい。

より一人暮らしに適したWi-Fiを導入出来る方法

SoftBankの通信回線にこだわりがなければ、WiMAXサービスの方がお勧め!

これまでご紹介して来たのは、SoftBankの通信回線を使ったインターネットサービスになります。
ただ、SoftBankにこだわりがないのであれば、より利便性の高いインターネットサービスで一人暮らしのWi-Fi環境を導入する事も可能です。

と言うのも、Pocket WiFiサービスの競合サービスであるWiMAXサービスを利用する事で、より利便性の高いインターネット環境を手に入れる事が可能となっているからなのです。
なぜPocket WiFiサービスよりもWiMAXサービスは利便性が高いと言えるのか、まずはWiMAXサービスの料金プランから見て行きましょう。

WiMAXサービスの料金プラン
ご利用期間 Flatツープラスプラン Flatツープラス ギガ放題プラン
ご利用開始月 3,696円(日割り計算)
1~2ヵ月目 3,696円 3,696円
3ヵ月目~ 4,380円

WiMAXサービスのFlatツープラスプランは、月間データ利用量の上限が7GBまでとなる料金プランになります。
ですから、動画を視聴するような大容量通信には対応していない料金プランになります。

一方、Flatツープラス ギガ放題プランは月額料金が684円高くなりますが、標準のハイスピードモードに対する月間データ利用量の上限がなくなります。
つまり、動画を視聴するような大容量通信には、Flatツープラス ギガ放題プランの方が向いていると言う事になる訳なのです。

WiMAXサービスの月間データ利用量
通信モード Flatツープラスプラン Flatツープラス ギガ放題プラン
ハイスピードモード 7GB
ハイスピードプラスエリアモード 7GB

ただし、WiMAXサービスのFlatツープラス ギガ放題プランに申し込んだ方であっても、3日間の合計通信量は10GBまでとなります。
そして、3日間で10GB以上通信をしてしまうと、18時から翌2時までの通信速度が概ね1Mbpsに制限されてしまいます。

前日までの直近3日間のネットワーク混雑回避のための速度制限
3日間の合計通信量が10GBを超えてしまうと、WiMAXサービスにも速度制限が適用されてしまう。

ここで気付いた方もいるかもしれませんが、WiMAXサービスの料金プランPocket WiFiサービスのPocket WiFiプラン2と全く同じ価格設定の料金プランになっています。
そして、利用出来る通信量に関しても、全く同じ状況でのインターネット環境を手に入れる事が出来る仕組みになっています。

では、なぜWiMAXサービスPocket WiFiサービスよりも利便性の高いインターネットサービスであると言い切れるのでしょうか?
その答えは、通信エリアにあります。

WiMAXサービスで月間データ利用量の上限なく通信出来るハイスピードモードは、対応する通信エリアが広いのです。
それに対して、Pocket WiFiサービスのアドバンスモードはと言うと、標準では通信出来ていたFDD-LTE通信を利用出来なくなってしまいます。

このWiMAXサービスのハイスピードモードPocket WiFiサービスのアドバンスモードの通信エリアの違いを比較したのが、次の地図になります。
ちなみに、Pocket WiFiのアドバンスモードが対応する通信エリアは、地図で青紫色に塗られている範囲のみとなっています。

Pocket WiFiサービスとWiMAXサービスの通信エリアの違い
WiMAXサービスのハイスピードモードに対応する通信エリアの方が、Pocket WiFiサービスのアドバンスモードに対応する通信エリアよりも広い。

これだけ明確に通信エリアの差がある訳ですから、Pocket WiFiサービスに申し込むよりもWiMAXサービスの方が一人暮らし向けであると言える訳なのです。
これはSoftbank Airにも言える事で、通信エリアの事を考えると、結局はWiMAXサービスの方が安心であると言う事が言えます。

そんなWiMAXサービスですが、複数の取扱店が存在する事をご存知でしょうか?
この部分については、以前賢い人は知っている!一人暮らし向けのWi-Fi環境を、最もお得な条件で手に入れる方法と言う記事でもご紹介した事があります。

そして、Broad WiMAXと言うWiMAX取扱店でWiMAXサービスの契約をする事で、よりお得な条件でWiMAXサービスを利用出来る仕組みになっています。
と言う事で、続いてはなぜWiMAXサービスはBroad WiMAXと契約した方が良いのかと言う部分についてご紹介します。

WiMAXサービスの契約先はBroad WiMAXがお勧め!

ご紹介しているように、WiMAXサービスには様々な取扱店が存在します。
そんな各WiMAX取扱店では、UQコミュニケーションズからWiMAX回線を借りるMVNO(仮想移動体通信事業者)と言う形になっています。

つまり、どのWiMAX取扱店でWiMAXサービスの契約を行ったとしても、利用出来る通信回線に違いなどありません。
全く同じ通信エリア内で、全く同じ通信速度のインターネット環境が手に入ります。

それでいて、各WiMAX取扱店では異なるキャンペーンを実施したり異なる料金プランを用意したりしながら、集客に力を入れています。
つまり、どのWiMAX取扱店でWiMAXサービスの契約を行うのかと言う点は、あなたのお得感に大きな影響を与えると言う事になる訳なのです。

WiMAX取扱店によってお得感が変わる
どのWiMAX取扱店でWiMAXサービスの契約を行うのかと言う点は、お得感と言う部分に大きく左右する。

そんな中、インターネットの契約先としてWiMAX取扱店の比較サイトがお勧めしているのは、キャッシュバックキャンペーンを実施しているWiMAX取扱店だったりします。
確かに、電卓を使って料金を計算する分には、キャッシュバックキャンペーンを実施しているWiMAX取扱店がお勧めです。

ですが、自分が実際に契約するのであれば、キャッシュバックキャンペーンを実施しているWiMAX取扱店だけは避けます。
と言うのも、キャッシュバックキャンペーンに申し込んでキャッシュバックを実際に受け取る為には、後ほどキャッシュバック手続きを行わなければならないからです。

ただ、WiMAX取扱店の実施するキャッシュバックキャンペーンの場合だと、契約から約1年後にキャッシュバック手続きを行わねばならないケースが一番多いです。
ですので、キャッシュバック手続きをうっかり忘れてしまい、結局は何のキャンペーン特典を貰えなくなってしまう方が続出してしまっているのです。

自分からキャッシュバックキャンペーンに申し込んでおいて、わざわざキャッシュバック手続きを忘れるような人などいないだろうと思っている方もいる事でしょう。
この部分については、以前光回線の代理店が紹介していた統計情報が分かりやすいです。

キャッシュバック手続き開始月と手続きを行った方の割合
手続き開始月 手続きを行った割合
6ヵ月後 6割
8ヵ月後 4~5割
10ヵ月後 3割

この統計情報に当てはめると、契約から約1年後にキャッシュバック手続きの事を覚えていられる方と言うのは、全体の3割もいないと言う事になるのです。
たったこれだけの方しか貰えていないキャッシュバックキャンペーンに、あなたは魅力を感じるでしょうか?

なかなかキャッシュバックが振り込まれない
WiMAX取扱店のキャッシュバックキャンペーンは、貰えていない方がかなりいる。

それよりも、確実に安くWiMAXサービスを利用出来る、月額料金が割り引きされるタイプのWiMAX取扱店の方がお勧めです。
そして、そう言うWiMAX取扱店の選び方をするのであれば、Broad WiMAXがお勧めとなるのです。

そんなBroad WiMAXの月額料金は、次の通りです。

Broad WiMAXの月額最安プランの月額料金
ご利用期間 ライトプラン ギガ放題プラン
ご利用開始月 2,726円(日割り計算)
1~2ヵ月目 2,726円 2,726円
3~24ヵ月目 3,411円
25ヵ月目~ 3,326円 4,011円

これまでご紹介して来た、各インターネットサービスの月額料金と比較してみて下さい。
Broad WiMAXであれば、たったこれだけの月額料金で利用する事が出来ると言う訳なのです。

実際、私自身がBroad WiMAXユーザーであり、この月額料金で利便性の高いWiMAXサービスを利用する事が出来ています。
そして、月々の負担額を抑える事が出来る分、家計のやり繰りは楽になっています。

Broad WiMAX
私自身がBroad WiMAXユーザーであり、実際に月額料金を安く抑える事が出来ている。

次はあなたの番です。
安い月額料金利便性の高いWiMAXサービスを導入する事で、快適な一人暮らしのWi-Fi環境を手に入れて下さい。

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

君得ネット|聞いて得する情報サイトの注目記事を受け取ろう

【比較】一人暮らしのWi-Fi環境、SoftBankのサービスでお勧めは?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

君得ネット|聞いて得する情報サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

コメントを残す


CAPTCHA


関連記事

  • ADSLの月額料金っていくら位?本当にインターネットの中でも安いの?

  • Pocket WiFiサービスの中で、あなたに一番お勧めの機種は?

  • インターネット料金を比較する際の落とし穴と、通信費全体の節約方法

  • 【解決】Macユーザー向けのお勧めなモバイルWi-Fiルーターはどれ?

  • 分かりやすく解説!携帯出来るモバイルWi-Fiルーター、接続の仕組みはどうなっているの?

  • モバイルWi-Fiルーターのキャッシュバックキャンペーン、お勧めは?

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。