1. TOP
  2. インターネット
  3. 1択問題!一人暮らしでWi-Fiを設置するなら?

1択問題!一人暮らしでWi-Fiを設置するなら?

インターネット   11 Views
この記事のタイトルとURLをコピーする
1択問題!一人暮らしでWi-Fiを設置するなら?

一人暮らしのWi-Fi環境として、設置するなら?

光回線とモバイルWi-Fiルーター、どちらを設置するのが一人暮らし向き?

人暮らしの方がWi-Fi環境を設置する場合、方法としては2通りの選択肢があります。
その中でも最もメジャーなのが、光回線無線LANルーターを組み合わせる方法になります。

光回線
一人暮らしのWi-Fi環境を設置する上で、一番多いのが光回線と無線LANルーターを組み合わせる方法。

ただ、光回線無線LANルーターを組み合わせる場合、前提条件として光回線の契約が必要になります。
この光回線の契約なのですが、回線工事を行わねばならない点が大きなデメリットとなって来ます。

と言うのも、回線工事を行うには費用が掛かりますし、数週間の順番待ちが発生してしまうのです。
また、回線工事には立ち会わねばならず休日の回線工事だと工事加算金も取られてしまいます。

更に、光回線の通信範囲は、回線工事を行ったその建物内に限られてしまいます。
ですので、後ほどあなたが引っ越す際には、撤去工事新たな回線工事が必要になって来ます。

一人暮らしをしているあなたの場合、特に後ほど引っ越しを行う可能性は割と高いのではないでしょうか?
ですから、この先の事を考えると、光回線はあなたには不向きとなります。

そこで出て来るのが、モバイルWi-Fiルーターと言うもう一つの選択肢になります。
このモバイルWi-Fiルーターとは、電波を使って基地局との間で無線通信を行う通信機器の事を指します。

モバイルインターネット
モバイルWi-Fiルーターであれば、電波を使って基地局との間で無線通信を行う事が出来る。

モバイルWi-Fiルーターの通信方法は無線通信ですから、光回線のような回線工事が必要ないと言う部分が大きなメリットとなります。
つまり、モバイルWi-Fiルーターが配送されて来たら、その段階からインターネットを利用開始出来ると言う訳なのです。

しかも、モバイルWi-Fiルーターには回線工事費撤去工事費が存在しません。
ですから、それだけ光回線よりも安い料金で利用する事が出来ます。

そんなモバイルWi-Fiルーターには、バッテリーが内蔵されています。
つまり、携帯して持ち歩く事が出来る構造となっているのです。

ですから、モバイルWi-Fiルーターの契約を行えば、インターネット環境を携帯して持ち歩く事が出来ます。
従って、光回線のように、自宅に設置すると言うような形にはならないのです。

バッテリー
モバイルWi-Fiルーターはバッテリーを内蔵しているので、携帯して持ち歩く事が出来るようになっている。

この携帯出来ると言う部分の何が良いのかと言うと、あなたがお持ちのスマートフォンモバイルWi-Fiルーターと接続し続ける事が出来ると言う点になります。
ですから、スマートフォンで契約しているパケットの方は、全く消費しなくなります。

つまり、スマートフォンのパケットプランは、一番安いものへと変更出来ると言う訳なのです。
一人暮らしの方の家計のスマホ代だと、それなりの割合を占めている方もいます。

そのスマホ代を節約出来ると言う事を考えると、それだけでもモバイルWi-Fiルーターの契約を行う理由になるかと思います。
ですから、光回線無線LANルーターを組み合わせて設置する方法よりも、モバイルWi-Fiルーターの契約を行う方法をお勧めします。

一人暮らしでモバイルWi-Fiルーターの設置、本当に大丈夫?

ご紹介した光回線無線LANルーターを組み合わせる方法モバイルWi-Fiルーターを設置する方法。
それぞれには、メリットデメリットがあります。

そんな光回線モバイルWi-Fiルーターの特徴をまとめたのが、次の表になります。

光回線とモバイルWi-Fiルーターを比較
比較項目 光回線 モバイルWi-Fiルーター
通信速度 かなり速い 実用レベル以上
通信量 無制限 3日間で10GBまで
回線工事 必要 不要
無線LANルーターのレンタル 必要 不要
利用料金 高い 普通
通信エリア 工事を行った建物内 通信エリア内
利用開始まで 数週間 最短即日

ここで気になって来るのが、モバイルWi-Fiルーターの通信速度通信量の部分についてでしょう。
と言うのも、この部分についてはモバイルWi-Fiルーターよりも光回線の方が優れているからです。

とは言え、実はモバイルWi-Fiルーターでも、一人暮らしの方の実用レベル以上の通信スペックは持ち合わせています。
例えば、3日間で10GBまでと言う通信量の部分についても、何時間も毎日動画を視聴し続ける用途でなければ大丈夫です。

動画を視聴する
毎日何時間も動画を視聴すると言うような用途でなければ、モバイルWi-Fiルーターでも十分対応出来る。

ここで、10GBと言う通信量に対して実感を持って頂く為に、YouTubeの視聴時間に換算したデータをご紹介します。

10GB分YouTubeを視聴した場合の視聴時間の目安
YouTubeの画質レベル 視聴時間
超高画質動画 約7時間
高画質(HD)動画 約13時間
標準画質(SD)動画 約47時間
低画質動画 約83時間

この通信量なら問題ないと言う方であれば、モバイルWi-Fiルーターを検討してみてはいかがでしょうか?

ご紹介しているモバイルWi-Fiルーターですが、いくつか種類があります。
この部分に関しては、以前賢い人は知っている!一人暮らし向けのWi-Fi環境を、最もお得な条件で手に入れる方法と言う記事でもご紹介した事があります。

そんな各モバイルWi-Fiルーターの中でもより一人暮らしの方に向いているモバイルWi-Fiルーターは何なのか、比較しながらをご紹介します。

一人暮らしで設置するのにベストなモバイルWi-Fiルーターは?

一人暮らしの方がドコモのモバイルWi-Fiルーターを設置するのはお勧め出来ない?!

携帯電話会社の中でも、特に有名なのがドコモでしょう。
そんなドコモでは、モバイルWi-Fiルーターも取り扱っています。

Wi-Fi STATIONの行う通信
ドコモでは、モバイルWi-Fiルーターも取り扱っている。

そうなると気になるのが、ドコモのモバイルWi-Fiルーターはいくらで利用出来るのかと言う点についてでしょう。
そこで、ドコモのモバイルWi-Fiルーターの月額料金をご紹介します。

ドコモのモバイルWi-Fiルーターの月額料金
項目 月額料金
データプラン(ルーター) 1,200円
mopera U シンプルプラン 200円
パケットパック 2,900~8,000円
シェアオプション 500円
合計額 4,800~9,900円

ここで気になるのがパケットパックの部分で、月額料金に開きがある点に注意が必要となります。
と言うのも、ドコモのパケットプランは、あなたの利用した通信量に応じた月額料金が請求されるベーシックパックと言う仕組みを採用しているのです。

そんなドコモのベーシックパックの月額料金は、次の通りです。

ドコモのベーシックパックの月額料金
月間データ容量 月額料金
1GB 2,900円
3GB 4,000円
5GB 5,000円
20GB 7,000円

また、月に5GBを超える通信量が必要な方に関しては、ベーシックパックよりもパケット定額サービスの方に申し込んだ方がお得です。
そんなドコモのパケット定額サービスの月額料金は、次の通りです。

ドコモのパケット定額サービスの月額料金
パケットパック 月間データ容量 月額料金
ウルトラデータLパック 20GB 6,000円
ウルトラデータLLパック 30GB 8,000円

さて、ドコモのモバイルWi-Fiルーターの料金プランをご覧頂いた訳ですが、次の部分がポイントとなります。

  • ドコモのモバイルWi-Fiルーターだと、一番高いパケットパックでも月に30GBまでしか通信する事が出来ない。
  • 月にたった1GBも通信していない状況であっても、ドコモのモバイルWi-Fiルーターの月額料金は4,800円も請求されてしまう。

と言う事で、一人暮らしのあなたにとって、ドコモのモバイルWi-Fiルーターの設置はあまりお勧め出来ません。
もっと安くて利便性の高いモバイルWi-Fiルーターが存在しますから、そちらの方と契約する形をお勧めします。

続いては、一人暮らしのWi-Fi環境としてWiMAXサービスを利用する方法についてご紹介します。

一人暮らしの方がWiMAX端末を設置するのはお勧め!

KDDIグループのUQコミュニケーションズが運営しているモバイルインターネットサービスに、WiMAXサービスがあります。
そんなWiMAXサービスの料金プランは、ドコモのモバイルWi-Fiルーターと比べて分かりやすくなっています。

WiMAX端末の行う通信
WiMAXサービスはKDDIグループのUQコミュニケーションズが運営するモバイルインターネットサービスで、ドコモのモバイルWi-Fiルーターよりもシンプルな料金プランとなっている。

このWiMAXサービスの料金プランは、次の通りです。

WiMAXサービスの料金プラン
ご利用期間 Flatツープラスプラン Flatツープラス ギガ放題プラン
ご利用開始月 3,696円(日割り計算)
1~2ヵ月目 3,696円 3,696円
3ヵ月目~ 4,380円

そんなWiMAXサービスのFlatツープラスプランですが、月に7GBまでしか通信出来ない料金プランになります。
ですから、Flatツープラスプランの月額料金は安いですが、そこまで通信量を必要としない方向けの料金プランになります。

一方、Flatツープラス ギガ放題プランの方だと少し月額料金は高くなってしまいますが、標準のハイスピードモードに対する月間データ利用量の上限がなくなります
ですから、動画を視聴するような用途の方でも、対応出来る形になっています。

WiMAXサービスの月間データ利用量
通信モード Flatツープラスプラン Flatツープラス ギガ放題プラン
ハイスピードモード 7GB
ハイスピードプラスエリアモード 7GB

ただし、WiMAXサービス無制限に通信出来るインターネットサービスではありません。
3日間の合計通信量は10GBまでと決まっており、超過すると18時から翌2時までの通信速度が概ね1Mbpsに制限されてしまいます。

とは言え、概ね1Mbpsの通信速度であれば、YouTubeの標準画質レベルの視聴は可能となっています。
また、日中の時間帯であれば、この速度制限の影響は受けません。

ご紹介したWiMAXサービスの競合サービスに、Pocket WiFiサービスがあります。
と言う事で、続いては一人暮らしの方がPocket WiFiサービスを設置する場合についてご紹介します。

一人暮らしの方がPocket WiFiを設置するのも悪くはないものの…

SoftBankグループのY!mobileが運営するモバイルインターネットサービスに、Pocket WiFiサービスがあります。
そんなPocket WiFiサービスは、SoftBankY!mobileの両方で契約する事が出来ます。

Pocket WiFi
Pocket WiFiサービスの契約は、SoftBankとY!mobileの両方から行う事が出来る。

ちなみに、SoftBankからPocket WiFiサービスの契約を行う場合には、選べるPocket WiFiの機種が限られて来ます。
また、料金プランは4G/LTEデータし放題フラットプランの1択しかなく、月間データ利用量の上限は7GBまでとなります。

一方、Y!mobileからPocket WiFiサービスの契約を行う場合には、次の料金プランの中から1つを選ぶ事が出来ます。

Pocket WiFiの料金プラン(Y!mobile)
料金プラン データプランS Pocket WiFiプラン2 ライト Pocket WiFiプラン2
月額料金 1,980円 2,480円 3,696円
月間のデータ利用量 1GB 5GB 7GB
アドバンスオプション料 非対応 684円

ちなみに、アドバンスオプションとは、Pocket WiFiに対する月間データ利用量の上限がなくなるアドバンスモードを利用出来るようになるオプションサービスの事を指します。
ですから、Y!mobileのPocket WiFiサービスであれば、月額4,380円で月間データ利用量の上限なく通信出来る仕組みになっていると言う訳なのです。

Pocket WiFiサービスで利用出来る通信量
Pocket WiFiサービスのアドバンスオプションに申し込めば、月間データ利用量の上限なく通信出来るようになる。

ここで気付いた方もいるかもしれませんが、Y!mobileのPocket WiFiプラン2WiMAXサービスの料金プランは、同じ月額料金同じ通信量を利用出来る仕組みになっています。
ですので、WiMAXサービスPocket WiFiサービスは、契約条件が非常に似通っていると言う事が言える訳なのです。

そうなると出て来る疑問が、WiMAXサービスPocket WiFiサービスのどちらと契約した方がお得なのかと言う部分です。
その答えを知るには、Pocket WiFiサービスのアドバンスモードについてもう少し詳しく理解する必要があります。

そんなPocket WiFiをアドバンスモードへと切り替えると、標準のFDD-LTE通信は利用出来なくなってしまいます。
ですから、Pocket WiFiの通信速度が遅くなり、更に対応する通信エリアが狭くなってしまうのです。

アドバンスモード
Pocket WiFiをアドバンスモードへと切り替えると、標準のFDD-LTE通信は利用出来なくなってしまう。

その結果、Pocket WiFiサービスのアドバンスモードが対応する通信エリアは、WiMAXサービスのハイスピードモードの対応する通信エリアよりも狭くなってしまいます。
このPocket WiFiのアドバンスモードWiMAX端末のハイスピードモードの通信エリアの差を比較したものが、次の地図になります。

Pocket WiFiサービスとWiMAXサービスの通信エリアの違い
Pocket WiFiサービスのアドバンスモードに対応している通信エリアは、青紫色に塗られている範囲のみとなる。

これだけ通信エリアに差がある訳ですから、Pocket WiFiサービスと契約する位であればWiMAXサービスと契約する方がお勧めです。
もしPocket WiFiサービスと契約してしまうと、あなたが引っ越す際にアドバンスモードを使えなくなる可能性も出て来ます。

そう言うリスクを避ける為にも、WiMAXサービスの方が安心出来ます。

そんなWiMAXサービスですが、Broad WiMAXから契約するのがお勧めです。
なぜWiMAXサービスはBroad WiMAXから契約した方が良いのか、引き続きご紹介します。

一人暮らしの方が設置するなら、Broad WiMAXのWiMAX端末がお勧め!

ご紹介しているWiMAXサービスには、複数の取扱店が存在します。
その中のどのWiMAX取扱店と契約したとしても、あなたが利用出来るWiMAX回線に違いなどありません。

そんな中、各WiMAX取扱店ごとに、実施しているキャンペーン内容料金プランの設定金額は大きく違って来ます。
と言うのも、各WiMAX取扱店では、こう言う安売りをする形で集客に力を入れているからなのです。

実施中のキャンペーン
各WiMAX取扱店では、安売りをする形で集客を行っている。

そんな中でも、特に人気なのがキャッシュバックキャンペーンです。
と言うのも、キャッシュバックキャンペーンに申し込めば後ほど現金が振り込まれますから、結果的に安くWiMAXサービスを利用出来る形になっているのです。

ただし、キャッシュバックキャンペーンに申し込んだ方全員がキャッシュバック対象となる訳ではなく、指定されている期間内にキャッシュバック手続きを行った方だけがキャッシュバック対象となります。
ちなみに、WiMAX取扱店のキャッシュバックキャンペーンだと、契約から約1年後にキャッシュバック手続きを必要とする仕組みを採用しているところが多いです。

その結果、大半の方がキャッシュバック手続きをうっかり忘れてしまい結局は何のキャンペーン特典も貰えないと言う形になっているケースが多いのです。
実際、キャッシュバックキャンペーンを実施しているWiMAX取扱店に対する口コミサイト上の投稿は、キャッシュバックを貰えなかった方からの不平不満が非常に多いです。

この件に関しては、以前光回線の代理店が公開していた統計情報が分かりやすいかと思います。

キャッシュバック手続き開始月と手続きを行った方の割合
手続き開始月 手続きを行った割合
6ヵ月後 6割
8ヵ月後 4~5割
10ヵ月後 3割

この統計情報を参考にすると、契約から約1年後のキャッシュバック手続きは、全体の3割未満の方しか行っていない事になります。
これだけ確率の低いキャッシュバックキャンペーンに、あなたは魅力を感じますか?

ですから、これからWiMAXサービスの契約先を選ぶあなたは、キャッシュバックキャンペーンを避けなければなりません。
そこでお勧めなのが、Broad WiMAXの月額最安プランなのです。

そんなBroad WiMAXの月額最安プランに申し込むと、WiMAXサービスの月額料金は次のようになります。

Broad WiMAXの月額最安プランの月額料金
ご利用期間 ライトプラン ギガ放題プラン
ご利用開始月 2,726円(日割り計算)
1~2ヵ月目 2,726円 2,726円
3~24ヵ月目 3,411円
25ヵ月目~ 3,326円 4,011円

これだけ安い月額料金で、利便性の高いWiMAXサービスを利用出来る。
しかも、キャッシュバックキャンペーンのような安くならないリスクはない。

そう考えると、Broad WiMAXの月額最安プランを利用しない手はないですよね?
実際、私自身もBroad WiMAXユーザーであり、安い料金でWiMAXサービスを利用する事が出来ています。

Broad WiMAX
私自身がBroad WiMAXユーザーであり、安い料金でWiMAXサービスを利用出来ている。

ですから、家計のやり繰りが非常に楽ですし、コストパフォーマンスが最高です。
それでいて、Wi-Fi環境を外にも持ち出せますから、スマホ代も安く出来ています。

そんなBroad WiMAXでは、現在WEB割キャンペーンを実施中です。
このBroad WiMAXのWEB割キャンペーンについてはBroad WiMAXのキャンペーンサイトをご覧下さい。

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

君得ネット|聞いて得する情報サイトの注目記事を受け取ろう

1択問題!一人暮らしでWi-Fiを設置するなら?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

君得ネット|聞いて得する情報サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
お勧めのインターネットグッズ

あなたのインターネット環境をより良くする為に、お勧めのインターネットグッズをご紹介します。
ぜひ参考にして頂いて、より快適なインターネット環境を手に入れて下さい。


回線工事不要でインターネット環境を携帯出来るBroad WiMAX

広い通信エリアでたっぷり通信を行いたいのであれば、WiMAXサービスがお勧めです。
と言うのも、WiMAXサービスは無線通信を使ったインターネットサービスですから、インターネット環境を自由に携帯出来るようになります。


そんなWiMAXサービスの中でも、特にBroad WiMAXがお勧めです。
なぜなら、Broad WiMAXでは月額最安プランと言うオリジナルの料金プランを採用しており、安い月額料金でサービスを利用出来るからです。


Broad WiMAX
WiMAXサービスは、Broad WiMAXお月額最安プランが安上がりでお勧め。

ですから、Broad WiMAXに興味のある方は、Broad WiMAXのキャンペーンサイトをご覧下さい。





Broad WiMAXを速度制限なしで利用出来る方法

ご紹介しているBroad WiMAXですが、普通の使用方法では3日間に10GBまでしか通信出来ません。
その理由ですが、速度制限のないノーリミットモードに対応している端末がラインナップから消えたからです。


ですが、Amazonや楽天ではまだノーリミットモードに対応しているWiMAX端末を取り扱っていますから、それを購入する事で速度制限のないインターネット環境が手に入ります。
ちなみに、ノーリミットモードに対応しているモバイルルータータイプのWiMAX端末を購入したい方には、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15がお勧めとなります。


>>Amazonでノーリミットモード対応機種を探す


>>楽天市場でノーリミットモード対応機種を探す


一方、ノーリミットモードに対応しているホームルータータイプのWiMAX端末を購入したい方には、URoad-Home2+がお勧めとなります。


>>AmazonでURoad-Home2+を探す


>>楽天市場でURoad-Home2+を探す


ただし、今のWiMAX端末に使われているSIMカードはau Nano IC Card 04 LEで、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15やURoad-Home2+に使われるSIMカードはau Micro IC Card(LTE)です。
ですので、WiMAX端末に挿入するSIMカードのサイズが異なります。


au Micro IC Card(LTE)とau Nano IC Card 04 LE
au Micro IC Card(LTE)とau Nano IC Card 04 LEはサイズが異なる。

ですから、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15やURoad-Home2+にau Nano IC Card 04 LEを挿入する為には、SIMカードの変換アダプタの購入も必要となって来ます。


au Nano IC Card 04 LEをau Micro IC Card(LTE)へ変換するアダプタ
au Nano IC Card 04 LEをau Micro IC Card(LTE)へ変換するアダプタが存在する

このSIMカードの変換アダプタもAmazonや楽天で購入出来ますので、一緒に購入すると良いです。


>>AmazonでMicroSIMとNano SIMの変換アダプタを探す


>>楽天でMicroSIMとNano SIMの変換アダプタを探す


実際にau Nano IC Card 04 LEへSIMカードの変換アダプタを装着すると、サイズはau Micro IC Card(LTE)と同じになりました。


SIMカードの変換アダプタでau Nano IC Card 04 LEがau Micro IC Card(LTE)サイズに
SIMカードの変換アダプタを装着すれば、au Nano IC Card 04 LEはau Micro IC Card(LTE)と同じサイズになる。

ただ、実際にau Nano IC Card 04 LEで古いWiMAX端末のノーリミットモードを利用出来るのか半信半疑の方もいるでしょう。
と言う事で、URoad-Home2+au Nano IC Card 04 LEを挿入してみます。


au Nano IC Card 04 LEをURoad-Home2+に挿入する
au Nano IC Card 04 LEをURoad-Home2+に挿入する。

そしてURoad-Home2+の電源を入れると、実際にノーリミットモードで通信を始めました。


URoad-Home2+のノーリミットモード
au Nano IC Card 04 LEを挿入した場合であっても、ノーリミットモードでの通信は行える。

ちなみに、購入した変換アダプタは何度でも取り外しが可能ですので、必要に応じて最新のWiMAX端末に差し替える事が出来ます。
つまり、通信速度が必要な時は最新のWiMAX端末を、速度制限を避けたい時にはWi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15やURoad-Home2+を使い分けると言った賢い選択が出来るようになります。


WiMAX端末にau Nano IC Card 04 LEを挿入
通信速度が必要な場面では、最新のWiMAX端末にau Nano IC Card 04 LEを挿入する。

と言う事で、Broad WiMAXを使っていて速度制限がキツいと言う方に関しては、ノーリミットモードの活用をお勧めします。


※追記
2018年9月3日に、UQコミュニケーションズから「旧WiMAXサービスの提供終了に伴うWiMAX 2+機器への機種変更のお願い」が発表されました。
発表によると、WiMAX回線は2020年の3月31日で停波になるとの事です。


ですので、ご紹介したノーリミットモードを使う事によって速度制限を回避する方法は、2020年の3月31日までの期間限定で使える方法になります。
と言う事で、古いWiMAX端末を購入する方は、2020年の4月以降は使えなくなる事を承知した上で購入して下さい。


Broad WiMAXとUQ mobileの組み合わせでキャッシュバックをゲット!

Broad WiMAXと契約するのであれば、スマートフォンのSIMカードをUQ mobileのSIMカードと差し替えるのをお勧めします。
と言うのも、インターネット環境をBroad WiMAXへと乗り換える事で、スマートフォンのインターネット通信もBroad WiMAXを経由する形になります。


その結果、スマートフォンのパケットは全く消費しなくなってしまうのです。
それでしたら、わざわざ高い携帯電話会社との契約を続けるよりも、月額料金の安いUQ mobileへ乗り換えた方がスマホ代を大きく浮かせる事が出来るようになります。


UQ mobileとiPhone SE
スマートフォンのSIMカードをUQ mobileへと乗り換える。

しかも、Broad WiMAXを運営している株式会社Link Life経由UQ mobileの契約を行えば、Broad WiMAXとの同時契約で25,000円ものキャッシュバックを貰える形になっているのです。
WiMAXサービスUQ mobileのセットキャンを実施しているのはBroad WiMAXだけですから、ぜひとも活用したい魅力的なキャンペーンと言えます。


Broad WiMAXと組み合わせて、お得に快適なインターネット環境を手に入れて下さい。





関連記事

  • インターネット環境を携帯出来るモバイルWi-Fiルーター、通信スペックのデータを比較したいあなたへ

  • ADSLの月額料金っていくら位?本当にインターネットの中でも安いの?

  • 海外でのWi-Fi環境を安く手に入れたい!それを実現出来る安いモバイルWi-Fiルーターはどこのサービス?

  • こんなに不便だとは!一人暮らしのインターネット環境、Wi-Fiなしでも大丈夫?

  • インターネットの回線工事、掛かる日数は?最短のサービスは?

  • Wi-Fiルーターの金額はいくら位?各社のWi-Fiルーターの金額を分かりやすく比較

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。