1. TOP
  2. インターネット
  3. 要チェック!一人暮らしのWi-Fi環境、特にお勧めのサービスは?

要チェック!一人暮らしのWi-Fi環境、特にお勧めのサービスは?

 2018/09/01 インターネット   34 Views
要チェック!一人暮らしのWi-Fi環境、特にお勧めのサービスは?

一人暮らしのWi-Fi環境としてお勧めのサービスは?

人暮らしの方がWi-Fi環境を考える場合、光回線と無線LANルーターを組み合わせる方法モバイルWi-Fiルーターを利用する方法の2択があります。
ただ、家族で1つのインターネット回線を共有すると言う用途でないのであれば、モバイルWi-Fiルーターの方がよりお勧めとなります。

なぜ光回線と無線LANルーターを組み合わせる方法がお勧めではないのかと言うと、回線工事を避けて通る事が出来ないからです。
と言うのも、回線工事をするには数週間の順番待ちがありますし、工事に立ち会う必要も出て来ます。

この回線工事には回線工事費が発生しますし、回線工事日を休日で指定すると、更に工事加算金が発生してしまいます。
また、あなたが今後引っ越す際には、その度に撤去工事新たな回線工事が必要となって来るのです。

しかも、光回線は回線工事を行った建物内だけでしか利用出来ませんから、利便性の面でもお勧めは出来ないのです。
このように、光回線と無線LANルーターを組み合わせる方法と言うのは、高い割に利便性が悪いと言うインターネット環境になってしまいます。

光回線
光回線と無線LANルーターを組み合わせる方法の場合、光回線の回線工事を行った建物内だけでしかインターネットを利用する事は出来ない。

それに対して、モバイルWi-Fiルーターであれば、無線を使ってインターネットを行います。
ですから、回線工事などは必要なくモバイルWi-Fiルーターが配送されて来た段階からインターネットを利用開始出来ます。

しかも、モバイルWi-Fiルーターにはバッチリーが内蔵されており、インターネット環境を携帯して持ち歩けると言う利便性まで付いて来るのです。
と言う事で、一人暮らしのWi-Fi環境を考えるのであれば、モバイルWi-Fiルーターがお勧めです。

モバイルインターネット
モバイルWi-Fiルーターであれば、インターネット環境を携帯して持ち歩けるようになる。

そんなモバイルWi-Fiルーターですが、実は色々な種類があります。
この部分に関しては、以前賢い人は知っている!一人暮らし向けのWi-Fi環境を、最もお得な条件で手に入れる方法と言う記事でもご紹介した事があります。

ですが、今回改めて、一人暮らしの方向けのモバイルWi-Fiルーターについて詳しくご紹介したいと思います。
ぜひ最後までご覧頂き、あなたにとってベストなモバイルWi-Fiルーターを見付けてみて下さい。

一人暮らしの方向けのモバイルWi-Fiルーター、特にお勧めは?

ドコモのモバイルWi-Fiルーター、一人暮らしのWi-Fi環境としてはどう?

携帯電話会社としては一番有名なドコモですが、モバイルWi-Fiルーターも取り扱っています。
そんなドコモのモバイルWi-Fiルーターを利用したい場合料金プランは次のようになっています。

ドコモのモバイルWi-Fiルーターの月額料金
項目 月額料金
データプラン(ルーター) 1,200円
mopera U シンプルプラン 200円
パケットパック 2,900~8,000円
シェアオプション 500円
合計額 4,800~9,900円

ドコモのモバイルWi-Fiルーターの料金プランの中で、月額料金を大きく左右するのがパケットパックでしょう。
そんなドコモのパケット代は、あなたの利用した通信量に応じて月額料金が変動するベーシックパックと言うものが採用されています。

このドコモのベーシックパックの月額料金は、次の通りです。

ドコモのベーシックパックの月額料金
月間データ容量 月額料金
1GB 2,900円
3GB 4,000円
5GB 5,000円
20GB 7,000円

また、月に5GBを超える通信量を必要とする方であれば、ベーシックパックよりもパケット定額サービスの方に申し込んだ方が安上がりになります。
そんなドコモのパケット定額サービスの月額料金は、次の通りです。

ドコモのパケット定額サービスの月額料金
パケットパック 月間データ容量 月額料金
ウルトラデータLパック 20GB 6,000円
ウルトラデータLLパック 30GB 8,000円

ご紹介した情報をまとめると、ドコモのモバイルWi-Fiルーターを利用する場合には、月間データ利用量の上限が最大30GBまでとなります。
また、月にたった1GBも通信していない状況であっても、月額料金は4,800円も請求されてしまう形になります。

ドコモのモバイルWi-Fiルーター
ドコモのモバイルWi-Fiルーターは月間データ利用量の上限が最大30GBまでで、月に1GB未満の通信量でも月額料金として4,800円も請求されてしまう。

それに対して、もっと安い月額料金で、月間データ利用量の上限なく通信出来るサービスが存在します。
と言う事で、続いてはWiMAXサービスについてご紹介します。

WiMAXサービス、一人暮らしのWi-Fi環境としてはどう?

月額料金の高いドコモのモバイルWi-Fiルーターに対して、もっとお手頃価格なモバイルWi-Fiルーターはないのかと思う方もいる事でしょう。
そう言う方にお勧めしたいのがWiMAXサービスになります。

WiMAX端末
ドコモのモバイルWi-Fiルーターよりもお手頃価格のWi-Fi環境を手に入れたい方にお勧めなのが、WiMAXサービス。

このWiMAXサービスに申し込むと、次の料金プランが適用される形になります。

WiMAXサービスの料金プラン
ご利用期間 Flatツープラスプラン Flatツープラス ギガ放題プラン
ご利用開始月 3,696円(日割り計算)
1~2ヵ月目 3,696円 3,696円
3ヵ月目~ 4,380円

この中のFlatツープラスプランとは、月間データ利用量の上限が7GBまでの料金プランになります。
ですから、月額料金は安いものの、ある程度通信量を抑えた形の料金プランとなっています。

一方、Flatツープラス ギガ放題プランとは、標準のハイスピードモードに対する月間データ利用量の上限がない料金プランになります。
つまり、たっぷりと通信したい方向けの料金プランとなっている訳なのです。

WiMAXサービスの月間データ利用量
通信モード Flatツープラスプラン Flatツープラス ギガ放題プラン
ハイスピードモード 7GB
ハイスピードプラスエリアモード 7GB

ただし、WiMAXサービスのFlatツープラス ギガ放題プランは、無制限に通信出来る料金プランではありません。
と言うのも、3日間の合計通信量は10GBまでと決まっていて、超過すると18時から翌2時までの通信速度を概ね1Mbpsに制限されてしまいます。

この1Mbpsの通信速度ですが、YouTubeの標準画質レベルの視聴が可能となる程度の速度制限になります。
また、日中の時間帯は適用されませんので、この時間帯であれば気にする必要はありません

ここで気になる10GBの通信量についてですが、YouTubeの視聴時間に換算したデータをご紹介します。

10GB分YouTubeを視聴した場合の視聴時間の目安
YouTubeの画質レベル 視聴時間
超高画質動画 約7時間
高画質(HD)動画 約13時間
標準画質(SD)動画 約47時間
低画質動画 約83時間

このように、WiMAXサービスは無制限に通信出来ると言う訳ではないものの、WiMAX端末は安くたっぷりと通信出来るモバイルWi-Fiルーターになります。
すでにご紹介したドコモのモバイルWi-Fiルーターと比較して頂ければ、その差はかなり大きいと言う事がお分かり頂けるかと思います。

続いては、WiMAXサービスの競合サービスとなる、Pocket WiFiサービスについてご紹介します。

Pocket WiFiサービス、一人暮らしのWi-Fi環境としてはどう?

WiMAXサービスPocket WiFiサービスを混同してしまっている方を時々見掛けますが、別の会社が運営する全く別のモバイルインターネットサービスになります。
ちなみに、WiMAXサービスを運営するのはKDDIグループのUQコミュニケーションズで、Pocket WiFiサービスを運営するのはSoftBankグループのY!mobileになります。

WiMAXとPocket WiFi
WiMAXサービスとPocket WiFiサービスは、全く異なるサービスとなる。

そんなPocket WiFiサービスは、SoftBankY!mobileで契約する事が出来ます。
ただし、SoftBankでPocket WiFiサービスの契約を行ったとしても、月に7GBまでしか通信出来ない料金プランしか選択肢がありません。

ですから、Pocket WiFiサービスの契約先は、Y!mobileの方がお勧めです。
そんなY!mobileでPocket WiFiサービスの契約を行うと、次の料金プランが適用されます。

Pocket WiFiの料金プラン
料金プラン データプランS Pocket WiFiプラン2 ライト Pocket WiFiプラン2
月額料金 1,980円 2,480円 3,696円
月間のデータ利用量 1GB 5GB 7GB
アドバンスオプション料 非対応 684円

このアドバンスオプションとは、Pocket WiFiに対する月間データ利用量の上限がなくなるアドバンスモードを利用出来るようになるオプションサービスの事を指します。
つまり、Pocket WiFiサービスは、月額4,380円でたっぷりとインターネットを利用出来るようになると言う訳なのです。

Pocket WiFiサービスで利用出来る通信量
Pocket WiFiをアドバンスモードへと切り替える事で、月間データ利用量の上限がなくなる。

ここで気が付いた方もいるでしょうが、Y!mobileのPocket WiFiプラン2は、WiMAXサービスの料金プランと同じ価格設定になっています。
勿論、Pocket WiFiサービスの3日間の合計通信量も、10GBまでとなっています。

ここで出て来る疑問点が、WiMAXサービスPocket WiFiサービスのどちらの方が、よりお勧めなのかと言う点についてでしょう。
これを理解するには、Pocket WiFiサービスのアドバンスモードについて、もう少し詳しく理解する必要があります。

Pocket WiFiをアドバンスモードへと切り替えると、標準のFDD-LTE通信は利用出来なくなってしまいます。
つまり、Pocket WiFiの通信速度は遅くなり、更に、対応する通信エリアも狭くなってしまいます。

アドバンスモード
Pocket WiFiをアドバンスモードへと切り替えると、標準のFDD-LTE通信は利用出来なくなってしまう。

そんなPocket WiFiのアドバンスモードWiMAX端末のハイスピードモードが対応する通信エリアを比較したものが、次の地図になります。
ちなみに、Pocket WiFiサービスのアドバンスモードに対応している通信エリアは、青紫色に塗られている範囲のみとなります。

Pocket WiFiサービスとWiMAXサービスの通信エリアの違い
Pocket WiFiサービスのアドバンスモードと比べると、WiMAXサービスのハイスピードモードの通信エリアはかなり広くなる。

このように、WiMAXサービスPocket WiFiサービスの通信エリアを比較すると、圧倒的にWiMAXサービスの通信エリアの方が広いのです。
ですから、より利便性を考えるのであれば、Pocket WiFiサービスよりもWiMAXサービスの方がお勧めとなります。

続いては、Pocket WiFiサービスと同じSoftBankの通信回線に対応する、Softbank Airについてご紹介します。

Softbank Air、一人暮らしのWi-Fi環境としてはどう?

Softbank Airとは、Softbankの通信回線に対応するホームルーターの事です。
ですから、Softbank Airの通信端末となるAirターミナル3バッテリーを内蔵しておらず、コンセントのない場所で通信する事が出来ません。

SoftBank Airはコンセントが必要
Softbank Airの通信端末となるAirターミナル3は、コンセントのない場所で通信する事が出来ない。

その代わり、Softbank Airには3日間の合計通信量に対する速度制限はないと言うメリットがあります。
そう、たっぷり通信出来ると言う面においては、Softbank Airが一番条件的に良いのです。

そんなSoftbank Airですが、口コミサイト上の評判は思ったより良くないです。
と言うのも、Softbank Airを使っていると、夜間には動画の再生がスムーズに行われないほど遅い通信速度になってしまうと言う声が多々見られるのです。

ですから、信頼性と言う点を考えると、Softbank Airはお勧めしにくいサービスとなってしまいます。
と言う事で、安心して利用出来るWi-Fi環境としては、WiMAXサービスをお勧めします。

そんなWiMAXサービスですが、特にBroad WiMAXと言うWiMAX取扱店がお勧めとなります。
なぜWiMAX取扱店の中でもBroad WiMAXがお勧めなのか、引き続きご紹介します。

なぜ一人暮らしのWi-Fi環境としてBroad WiMAXがお勧めなのか

ご紹介しているWiMAXサービスには、いくつか取扱店があります。
とは言え、どのWiMAX取扱店と契約したとしても、利用出来るWiMAX環境に違いはありません。

ただし、各WiMAX取扱店ごとに実施されているキャンペーン内容は異なり、また、料金プランも大きく違って来ます。
ですので、よりお得な条件でWiMAXサービスを利用したいのであれば、契約するWiMAX取扱店はしっかりと選ばなければなりません。

そんなWiMAX取扱店ですが、特にキャッシュバックキャンペーンを実施するWiMAX取扱店が人気です。
と言うのも、後ほど現金が銀行口座へ振り込まれますから、結果的に安くWiMAXサービスを利用出来る仕組みになっているのです。

キャッシュバックが振り込まれる
キャッシュバックキャンペーンを実施するWiMAX取扱店と契約すると、後ほど銀行口座へキャッシュバックが振り込まれる。

ただ、キャッシュバックキャンペーンは実際にキャッシュバックを貰えている方が限られて来る為、実は何も特典が貰えなくなるリスクもあるのです。
と言うのも、キャッシュバックキャンペーンでキャッシュバック対象となる為には、指定されている期間内での銀行口座情報の登録手続きが必要となって来るのです。

そして、キャッシュバック手続きのタイミングが遅く設定されているほどに、キャッシュバック手続きをうっかり忘れてしまう方は増えてしまうのです。
この部分については、以前光回線の代理店が紹介していた統計情報がぴったり当てはまります。

キャッシュバック手続き開始月と手続きを行った方の割合
手続き開始月 手続きを行った割合
6ヵ月後 6割
8ヵ月後 4~5割
10ヵ月後 3割

ちなみに、WiMAX取扱店だと、契約から1年後にキャッシュバック手続きを行わねばならないケースが多いです。
となると、実際にキャッシュバックを受け取る事が出来ている方と言うのは、全体の3割もいないと言う事になる訳なのです。

これだけ確率の低いキャッシュバックキャンペーンに、あなたは魅力を感じるでしょうか?
そこでお勧めしたいのが、月額料金が割り引きされるタイプのWiMAX取扱店になります。

と言うのも、月額料金が割り引きされるタイプのWiMAX取扱店であれば、確実に安くWiMAXサービスを利用出来る仕組みになっているからです。
そして、Broad WiMAXの月額最安プランであれば、それが可能になります。

そんなBroad WiMAXの月額最安プランに申し込むと、次の月額料金が適用されます。

Broad WiMAXの月額最安プランの月額料金
ご利用期間 ライトプラン ギガ放題プラン
ご利用開始月 2,726円(日割り計算)
1~2ヵ月目 2,726円 2,726円
3~24ヵ月目 3,411円
25ヵ月目~ 3,326円 4,011円

これまでご紹介した各モバイルWi-Fiルーターの月額料金と比較して頂ければ一目瞭然ですが、Broad WiMAXの月額料金はこれだけ安いのです。
ですから、より安い月額料金でWiMAXサービスを利用したいのであれば、Broad WiMAXをお勧めします。

実際に私自身がBroad WiMAXユーザーであり、月額料金の安さを実感する事が出来ています。
だからこそ、あなたにも同じWi-Fi環境を手に入れて欲しいと思っているのです。

Broad WiMAX
私自身がBroad WiMAXユーザーであり、安い月額料金で利便性の高いWiMAXサービスを利用する事が出来ている。

そんなBroad WiMAXでは、現在WEB割キャンペーンを実施中です。
このBroad WiMAXのWEB割キャンペーンについては、キャンペーンサイトをご覧下さい。

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

君得ネット|聞いて得する情報サイトの注目記事を受け取ろう

要チェック!一人暮らしのWi-Fi環境、特にお勧めのサービスは?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

君得ネット|聞いて得する情報サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

コメントを残す


CAPTCHA


関連記事

  • モバイルWi-Fiルーター、本当にお勧めの利便性高いサービスはどれ?

  • インターネットをWi-Fiで楽しむ際のお勧めのサービスとは?

  • 自宅用の無線インターネットサービスの魅力と、有名なサービスを比較

  • auでPocket WiFiを契約したい。そんなあなたが知っておくべき事とは?

  • モバイルWi-Fiルーターで通信速度が速く、速度制限のないサービスは?

  • モバイルWi-Fiルーターのプロバイダ料金を比較。お勧めは?

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。