1. TOP
  2. インターネット
  3. 今すぐ確認!一人暮らしのWi-Fi環境って、いくら位の値段掛かる?

今すぐ確認!一人暮らしのWi-Fi環境って、いくら位の値段掛かる?

インターネット   53 Views
今すぐ確認!一人暮らしのWi-Fi環境って、いくら位の値段掛かる?

一人暮らしのWi-Fi環境としてお勧めのサービスと、その値段は?

一人暮らし向けのWi-Fiサービス、値段はどれ位掛かる?

一人暮らしの方がWi-Fi環境を考える場合、2通りの方法があります。
その中の1つが、光回線無線LANルーターを組み合わせる方法になります。

光回線
Wi-Fi環境と言えば、光回線と無線LANルーターを組み合わせた形が一般的。

ただ、光回線の料金体系はかなり複雑で、これだけの値段が必要ですと断定は出来ません。
例えば、契約する光回線の種類西日本と東日本戸建てとマンション契約する建物内の契約数料金プラン契約するプロバイダ選ぶキャンペーン無線LANルーターのレンタルの有無オプションサービスへの加入状況によって大きく変動します。

また、光回線には回線工事費が必要となりますし、撤去工事費も掛かります。
あなたが後に引っ越す際には、新たな回線工事費も必要となります。

現在一人暮らしのあなたの場合ですと、その部屋にずっと住み続けるとは言えないと思います。
ですから、引っ越しの度に撤去工事費回線工事費が掛かる点は、考慮しておいた方が良いです。

そんな光回線を利用する際の値段の目安ですが、マンションタイプの方なら大体4,000円台戸建てタイプの方なら大体5,000円台を考えておくと良いです。

一方、一人暮らしのWi-Fi環境としては、モバイルWi-Fiルーターを導入する方法もあります。
このモバイルWi-Fiルーターの料金もサービスによって価格帯はバラバラで、値段を断定する事は出来ません。

モバイルインターネット
モバイルWi-Fiルーターを利用する方法も価格帯はバラバラで、値段を断定する事は出来ない。

ただ、一番多い値段設定で言うと、月に7GBまで通信出来る料金プランが月額3,696円3日間で10GBまで通信出来る料金プランが月額4,380円となっています。
ですので、光回線と無線LANルーターを組み合わせるケースよりは安上がりになります。

さて、光回線無線LANルーターを組み合わせる形と、モバイルWi-Fiルーター
一人暮らしのWi-Fi環境として導入するなら、どちらの方が良いのでしょうか?

と言う事で、引き続き光回線と無線LANルーターを組み合わせる方法モバイルWi-Fiルーターを利用する方法を比較して行きます。

一人暮らしのWi-Fi環境、お勧めのサービスは?

光回線と無線LANルーターを組み合わせる方法モバイルWi-Fiルーターを利用する方法の違いですが、一覧にすると次の通りです。

光回線とモバイルWi-Fiルーターを比較
比較項目 光回線 モバイルWi-Fiルーター
通信速度 かなり速い 実用レベル以上
通信量 無制限 3日間で10GBまで
回線工事 必要 不要
無線LANルーターのレンタル 必要 不要
利用料金 高い 普通
通信エリア 工事を行った建物内 通信エリア内
利用開始まで 数週間 最短即日

ご覧頂くとお分かりのように、利便性を考えるとモバイルWi-Fiルーターの方が上です。
特に、光回線と無線LANルーターを組み合わせる方法は、回線工事があると言う点が大きなデメリットとなって来ます。

ですので、光回線を導入するには、数週間の回線工事の順番待ちが必要となります。
また、回線工事には立ち会う必要がありますし、回線工事を休日で指定すると工事加算金を支払わねばならなくなります。

工事加算金
回線工事を休日に指定すると、工事加算金が発生してしまう。

勿論、回線工事費は無料ではなく、しっかりと請求されます。
しかも、引っ越しの度に撤去工事費回線工事費が発生します。

そう言う負担がありながら、光回線は回線工事を行った建物内でしか通信出来ません。
ですから、モバイルWi-Fiルーターの方がお勧めなのです。

ただし、モバイルWi-Fiルーターの通信速度通信量に関しては、光回線と無線LANルーターを組み合わせる方法には及びません。
とは言え、モバイルWi-Fiルーターで利用出来る通信スペック通信量に関しても、一人暮らしの用途には十分対応しています。

モバイルWi-Fiルーター
モバイルWi-Fiルーターの通信スペックは、一人暮らしのWi-Fi環境の要件を十分に備えている。

ですから、一人暮らしのWi-Fi環境を考えるのであれば、光回線と無線LANルーターを組み合わせる方法よりもモバイルWi-Fiルーターの方がお勧めなのです。
と言う事で、これからWi-Fi環境を考えている一人暮らしの方は、モバイルWi-Fiルーターを検討するようにしましょう。

さて、そんなモバイルWi-Fiルーターですが、複数の種類が存在する事をご存知でしょうか?
この部分については、以前賢い人は知っている!一人暮らし向けのWi-Fi環境を、最もお得な条件で手に入れる方法と言う記事でもご紹介した事があります。

ですが、この記事でも、どのモバイルWi-Fiルーターがよりお勧めなのか改めて比較したいと思います。
ぜひ参考にして頂いて、より値段がお得になるモバイルWi-Fiルーターを見付けて下さい。

一人暮らしにお勧めなモバイルWi-Fiルーターとその値段は?

ドコモのモバイルWi-Fiルーターを利用する為の値段は?

ご紹介しているモバイルWi-Fiルーターですが、携帯電話会社で有名なドコモでも取り扱っています。
そんなドコモのモバイルWi-Fiルーターを利用する際の値段は、次の通りになります。

ドコモのモバイルWi-Fiルーターの月額料金
項目 月額料金
データプラン(ルーター) 1,200円
mopera U シンプルプラン 200円
パケットパック 2,900~8,000円
シェアオプション 500円
合計額 4,800~9,900円

この中でも特に気になるのが、料金に幅のあるパケットパックの部分でしょう。
そんなドコモのパケットプランは、あなたの利用した通信量に応じた月額料金が請求されるベーシックパックを採用しています。

ドコモのベーシックパック
ドコモのモバイルWi-Fiルーターでは、あなたの利用した通信量に応じた月額料金が発生するベーシックパックを採用している。

このドコモのベーシックパックの月額料金は、次の通りです。

ドコモのベーシックパックの月額料金
月間データ容量 月額料金
1GB 2,900円
3GB 4,000円
5GB 5,000円
20GB 7,000円

ちなみに、あなたの必要とする通信量が毎月5GBを超えてしまう場合には、ベーシックパックよりもパケット定額サービスの方に申し込んだ方がお得になります。
そんなドコモのパケット定額サービスの月額料金は、次の通りです。

ドコモのパケット定額サービスの月額料金
パケットパック 月間データ容量 月額料金
ウルトラデータLパック 20GB 6,000円
ウルトラデータLLパック 30GB 8,000円

このドコモのモバイルWi-Fiルーターの特徴を簡単にまとめると、次のようになります。

  • ドコモのモバイルWi-Fiルーターの料金プランは複雑で、少し分かりにくい。
  • 一番高額なパケットパックに申し込んだとしても、月間データ利用量の上限は30GBまでとなる。
  • 月にたった1GBも通信していない状態であっても、月額料金としては4,800円も請求されてしまう。

これらの特徴を考えると、実はドコモのモバイルWi-Fiルーターはあまりお勧め出来ません。
そして、一人暮らしのWi-Fi環境を考える上では、もっと条件の良いモバイルWi-Fiルーターが存在します。

と言う事で、引き続きWiMAXと言うモバイルWi-Fiルーターについてご紹介します。

WiMAXサービスを利用する為の値段は?

WiMAXサービスは、KDDIグループのUQコミュニケーションズが運営するモバイルインターネットサービスです。
そんなWiMAXサービスの対応する通信回線は、WiMAX 2+回線auの4G LTE回線になります。

WiMAX端末の行う通信
WiMAXサービスと契約すると、WiMAX 2+通信とau 4G LTE通信を利用出来るようになる。

そんなWiMAXサービスに適用される料金プランは、次の通りです。

WiMAXサービスの料金プラン
ご利用期間 Flatツープラスプラン Flatツープラス ギガ放題プラン
ご利用開始月 3,696円(日割り計算)
1~2ヵ月目 3,696円 3,696円
3ヵ月目~ 4,380円

この中のFlatツープラスプランとは、月間データ利用量の上限が7GBまでの料金プランになります。
ですので、そこまで通信量は必要としない代わりに、安くWiMAXサービスを利用したい方向けの料金プランとなっています。

それに対して、Flatツープラス ギガ放題プランとは、標準のハイスピードモードに対する月間データ利用量の上限がない料金プランになります。
つまり、動画を視聴するなどと言った方に適した大容量プランFlatツープラス ギガ放題プランになります。

WiMAXサービスの月間データ利用量
通信モード Flatツープラスプラン Flatツープラス ギガ放題プラン
ハイスピードモード 7GB
ハイスピードプラスエリアモード 7GB

ただし、WiMAXサービスは無制限に通信出来るインターネットサービスではありません。
と言うのも、WiMAXサービスの3日間の合計通信量は10GBまでと決まっているのです。

そして、この通信量を超過した方に対しては、18時から翌2時までの通信速度を概ね1Mbpsに制限します。
とは言え、概ね1Mbpsの通信速度があれば、YouTubeの標準画質レベルであれば視聴可能な通信速度になります。

YouTubeの通常画質動画
概ね1Mbpsの通信速度が出ていれば、YouTubeの標準画質レベルの視聴は可能。

ここで気になる10GBの通信量についてですが、YouTubeの視聴時間に換算したデータをご紹介します。
このデータを参考にしつつ、あなたがWiMAXサービスの導入を検討する際の目安にしてみて下さい。

10GB分YouTubeを視聴した場合の視聴時間の目安
YouTubeの画質レベル 視聴時間
超高画質動画 約7時間
高画質(HD)動画 約13時間
標準画質(SD)動画 約47時間
低画質動画 約83時間

続いては、WiMAXサービスの競合サービスである、Pocket WiFiサービスについてご紹介します。

Pocket WiFiサービスを利用する為の値段は?

Pocket WiFiサービスは、SoftBankグループのY!mobileが運営するモバイルインターネットサービスになります。
そんなPocket WiFiサービスですが、SoftBankY!mobileの両方から契約する事が出来ます。

Pocket WiFi
Pocket WiFiサービスは、SoftBankとY!mobileの両方で取り扱っている。

ただし、SoftBankで取り扱っているPocket WiFiは、選べる機種が限定的になります。
また、料金プランも4G/LTEデータし放題フラットプランしかなく月間データ利用量の上限は7GBまでとなります。

それに対し、Y!mobileのPocket WiFiサービスの方はと言うと、選べる機種料金プランが複数存在します。
そんなY!mobileの料金プランは、次の通りです。

Pocket WiFiの料金プラン(Y!mobile)
料金プラン データプランS Pocket WiFiプラン2 ライト Pocket WiFiプラン2
月額料金 1,980円 2,480円 3,696円
月間のデータ利用量 1GB 5GB 7GB
アドバンスオプション料 非対応 684円

この中のアドバンスオプションとは、Pocket WiFiに対する月間データ利用量の上限がなくなるアドバンスモードを利用出来るようになるオプションサービスの事を差します。
つまり、Y!mobileのPocket WiFiプラン2は、WiMAXサービスの料金プランと同条件の料金プランとなっている訳なのです。

そうなると出て来るのが、WiMAXサービスPocket WiFiサービスのどちらの方がお得なのだろうと言う疑問点です。
その答えを出すには、Pocket WiFiサービスのアドバンスモードについて詳しく知る必要があります。

Pocket WiFiをアドバンスモードへと切り替えると、標準のFDD-LTE通信は利用出来なくなってしまいます。
つまり、Pocket WiFiの対応する通信エリアは狭くなり通信速度も遅くなってしまいます。

アドバンスモード
Pocket WiFiをアドバンスモードへと切り替えると、標準のFDD-LTE通信は利用出来なくなってしまう。

そんなPocket WiFiのアドバンスモードWiMAX端末のハイスピードモードが対応する通信エリアを表したのが、次の地図になります。
ちなみに、Pocket WiFiのアドバンスモードに対応している通信エリアは、青紫色に塗られている範囲のみとなります。

Pocket WiFiサービスとWiMAXサービスの通信エリアの違い
Pocket WiFiサービスのアドバンスモードの通信エリアは、WiMAXサービスのハイスピードモードの通信エリアよりもかなり狭い。

これだけ通信エリアに差がある訳ですから、Pocket WiFiサービスよりもWiMAXサービスの方が利便性は高くなります。
もしPocket WiFiサービスと契約してしまうと、後ほど引っ越した際にアドバンスモードを利用出来なくなるリスクも出て来ます。

と言う事で、一人暮らしのWi-Fi環境を考える際には、WiMAXサービスがお勧めとなります。
そんなWiMAXサービスですが、契約先はBroad WiMAXがお勧めです。

なぜWiMAXサービスの契約先はBroad WiMAXが良いのか、引き続きご紹介します。

一人暮らしのWi-Fi環境としてBroad WiMAXがお勧めな理由と値段は?

ご紹介しているWiMAXサービスには、複数の取扱店が存在します。
そのいずれのWiMAX取扱店と契約をしたとしても、利用出来る通信回線に違いなどありません。

では、各WiMAX取扱店で何が違うのかと言う話になる訳ですが、実施されているキャンペーンの内容が違って来ます。
そう、どのWiMAX取扱店で契約しても通信環境は変わらないのですが、お得感が大きく違って来ると言う訳なのです。

そんなWiMAX取扱店の実施するキャンペーンの中でも、特に人気なのがキャッシュバックキャンペーンです。
と言うのも、後から現金が登録した銀行口座へ振り込まれますから、結果的に安くWiMAXサービスを利用出来る仕組みになっているのです。

キャッシュバックが振り込まれる
キャッシュバックキャンペーンに申し込むと、後ほど銀行口座へキャッシュバックが振り込まれる。

ただし、キャッシュバックキャンペーンで見落とされているのが実際に貰えている方の割合の低さです。
実は、キャッシュバックキャンペーンに申し込んだからと言って、必ずキャッシュバックを貰える訳ではないのです。

実は、キャッシュバック対象となる為には、指定されている期間内に銀行口座情報を登録しなければならないのです。
そして、このキャッシュバック手続きをうっかり忘れてしまうと、キャッシュバックは1円も貰えなくなってしまいます。

でも、わざわざキャッシュバック手続きを忘れてしまうような方って、本当にいるのでしょうか?
この部分を表しているのが、以前光回線の代理店が公開していた統計情報になります。

キャッシュバック手続き開始月と手続きを行った方の割合
手続き開始月 手続きを行った割合
6ヵ月後 6割
8ヵ月後 4~5割
10ヵ月後 3割

ちなみに、WiMAX取扱店で最も多いのが、契約から約1年後に銀行口座情報を登録する形式になります。
そうなると、全体の3割未満の方しか、キャッシュバック手続きの事を覚えていられないと言う事になります。

たったこれだけの方しか適用されないキャッシュバックキャンペーンに、あなたは魅力を感じますか?
それよりもお勧めなのが、月額料金が割り引きされるタイプのキャンペーンを実施しているWiMAX取扱店になります。

そして、その中でも特にお勧めなのがBroad WiMAXなのです。
そんなBroad WiMAXと契約すると、次の料金プランが適用されます。

Broad WiMAXの月額最安プランの月額料金
ご利用期間 ライトプラン ギガ放題プラン
ご利用開始月 2,726円(日割り計算)
1~2ヵ月目 2,726円 2,726円
3~24ヵ月目 3,411円
25ヵ月目~ 3,326円 4,011円

これまでご紹介して来た、他のモバイルWi-Fiルーターの値段と比較してみて下さい。
そうすると、Broad WiMAXがどれだけ安いのかお分かり頂けるかと思います。

実際私自身がBroad WiMAXユーザーであり、利便性の高いWiMAXサービスを安く利用する事が出来ています。
Broad WiMAXは月額料金が安いので、月々の通信費の支払いも楽になっています。

Broad WiMAX
私自身がBroad WiMAXユーザーであり、安い月額料金でWiMAXサービスを利用する事が出来ている。

次はあなたの番です。
安くて便利なBroad WiMAXを利用して、一人暮らしのWi-Fi環境を手に入れてみて下さい。

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

君得ネット|聞いて得する情報サイトの注目記事を受け取ろう

今すぐ確認!一人暮らしのWi-Fi環境って、いくら位の値段掛かる?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

君得ネット|聞いて得する情報サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

コメントを残す


CAPTCHA


関連記事

  • SoftBankの通信回線を利用したWi-Fi環境を手に入れる5つの方法

  • モバイルWi-Fiルーターの種類にはどんなものが?お勧めの回線は?

  • 1年間インターネットが無料に!?比較サイトの巧妙なカラクリとは?

  • 【解決】Macユーザー向けのお勧めなモバイルWi-Fiルーターはどれ?

  • ドコモのモバイルWi-Fiルーターの料金プランと利用出来る通信量

  • インターネット料金を安くしたいのなら、料金を比較するだけでは駄目

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。