1. TOP
  2. インターネット
  3. 1年間インターネットが無料に!?比較サイトの巧妙なカラクリとは?

1年間インターネットが無料に!?比較サイトの巧妙なカラクリとは?

 2017/12/23 インターネット この記事は約 16 分で読めます。 83 Views
この記事のタイトルとURLをコピーする
1年間インターネットが無料に!?比較サイトの巧妙なカラクリとは?

出来るだけ格安価格のインターネット回線を選ぶ風潮ではあるものの…

本当に1年間のインターネット料金が無料になるの!?

1年間のインターネット料金が無料になると書いている、インターネットの比較ランキングサイトがあるけど…。
本当に、1年間はお金を支払わずにインターネットを利用出来るようになるの?
出来るだけ格安料金でインターネットサービスを利用したいと思っているのだけれど…。
格安インターネットサービスを利用する際に気を付けた方が良いポイントって、何かあるのかしら?
インターネットサービスプロバイダの比較ランキングサイトって色々あるけれど。
実際、あれだけ安くインターネットサービスを利用出来るようになるのかなぁ?

インターネットサービスは、全く同じインターネット回線であっても、契約先によって支払う料金が変わって来ます。
ですから、どこからインターネットサービスの申し込み手続きを行うのかと言う点は、1つのポイントになって来ます。

どこからインターネットサービスの申し込み手続きを行う?

そこで、色々な方が気にするのは、どこからインターネットサービスの申し込み手続きを行えば、より安く料金を抑える事が出来るのかと言う点です。
そう言う要望に応える為、色々なインターネットサービスの料金を独自に計算して紹介する、インターネットサービスの比較ランキングサイトが存在します。

この独自に計算してと言う点が曲者で、1年間のインターネットサービスの料金が実質無料になるような見せ方をしている大手のインターネット比較ランキングサイトも存在します。
では、紹介されていたインターネットサービスへ契約後、実際1年間無料でインターネットサービスを利用出来るようになるのかと言うと、絶対にそうはなりません

無料でインターネットサービスを利用出来ると聞いていたのに…

では、なぜ無料では利用出来ないインターネットサービス無料だと見せ掛ける事が出来るのでしょうか?
その無料に見せ掛ける巧妙なカラクリについて、これからご紹介します。

この事実を知らずに契約をしてしまうと、1年間無料になると聞いたから契約したのに、実際には無料にならなかったと言うようなトラブルが起きてしまいます。
場合によっては、余計な有料オプションへ加入させられる事で、実際には高くなってしまったと言うトラブルさえも起きています。

有料オプションの料金により、むしろ高くなる

しかも、価格でしか勝負出来ないところと契約をしてしまうと、サポート対応面が最悪で、なかなかサポートセンターへ電話が繋がらないなどと言ったトラブルに巻き込まれてしまう事もあります。
実際、比較ランキングサイトで一押しされているインターネットサービスは、口コミサイト上での評判が良くないと言うケースが非常に多いのです。

ですので、実質無料実質1円などと言った甘い言葉に飛び付くのではなく、実際にそのインターネットサービスはどうなのかを冷静に判断する必要があります。

  • インターネットサービスは、全く同じインターネット回線であっても申込み先によって支払う料金が変わって来る。
  • どこから申し込んだ方がより安くインターネットサービスを利用出来るのかを気にする人がいるので、インターネットサービスの比較ランキングサイトが人気。
  • 1年間、実質無料でインターネットサービスを利用出来るような見せ方をしている比較ランキングサイトも存在するが、実際には利用料金が無料になる事はない。
  • 比較ランキングサイトで一押しされているインターネットサービスは、口コミサイト上での評判が良くないケースがとても多い。

1年間のインターネット料金が無料になるように見えるカラクリを暴露!

各インターネットサービスの比較ランキングサイトで用いられる実質料金実質費用と言う言葉。
この実質○○○円と言う表記ほど、いい加減なものはありません。

実質費用

全く同じインターネットサービスの組み合わせなのに、各比較ランキングサイトによって表記されている実質料金の金額がバラバラ。
この事からも分かるように、実質料金を計算する為に利用する数字は、各サイトの管理人によって意図的にチョイスされているのです。

例えば、インターネットサービスは契約する通信速度建物の構造によって料金プランが大きく変わって来るのですが、どの組み合わせを選ぶのかはサイトの管理人が好きなように選んでいます。
また、契約事務手数料回線工事費、無線LANカードなどの機器レンタル料金ユニバーサルサービス料を計算に含めるのかどうかも、各比較ランキングサイトによってバラバラなのです。

実質料金の計算方法

この事からも分かるように、実質料金実際にあなたが支払う料金ではありません。
実質料金は、計算方法によってどれだけでも安く見せ掛ける事が出来るのです。

また、実質費用を計算する上で用いられているのが、キャッシュバックです。
比較ランキングサイトの管理人が用いた計算方法からキャッシュバック額を差し引き、契約期間で割ったものが実質費用になります。

実質費用の計算方法

このキャッシュバックですが、契約条件によってキャッシュバック額が変動します。
ですが、実質費用の計算方法で用いられるキャッシュバック額は、最も良い条件の時に貰える最高額で計算されているのです。

ちなみに、キャッシュバック額が高額になればなるほど、キャッシュバック条件の難易度も高くなります。
酷いものとなると、紹介キャッシュバックと言うものまで存在します。

紹介キャッシュバック

この紹介キャッシュバックですが、自分の知り合いに自分が申し込むインターネットサービスを紹介して、その人と一緒に申し込んだら貰えるキャッシュバックになります。
例えば、1人に紹介したら5,000円、3人に紹介したら30,000円と言った風に、紹介人数によって貰えるキャッシュバック額が変動します。

要するに、私達が営業マンみたいな事をさせられる仕組みになっている訳です。
インターネットサービスの比較ランキングサイトによっては、この紹介キャッシュバックの最高額が計算に含まれている事もあります。

キャッシュバック

紹介キャッシュバックみたいな酷い仕組みを採用していなかったとしても、キャッシュバックキャンペーンを利用するには契約から約1年後にキャッシュバック手続きを行わなければなりません。
そして、このキャッシュバック手続きの事をうっかり忘れてしまうと、一定期間経過後に有効期限切れとなってしまいます。

キャッシュバックを目当てに契約したのだから、わざわざキャッシュバック手続きの事を忘れるような人はいないだろうと思う方もいるでしょうが、現実はそう簡単ではありません。
と言うのも、半数以上の人がキャッシュバック手続きの事を忘れてしまっていると言う統計データが出ているのです。

キャッシュバックの手続き開始月と手続きを行った方の割合
手続き開始月 手続きを行った割合
6ヵ月後 6割
8ヵ月後 4~5割
10ヵ月後 3割

キャッシュバック手続きは、契約から約1年後になってから行える形式を採用しているインターネットサービスが多いです。
そして、契約から1年後ともなると、全体の3割未満の方しかキャッシュバック手続きの事を覚えていられない状況が見て取れます。

キャッシュバック手続きを忘れてしまう

そんな貰えるかどうかも分からないキャッシュバックを計算に含める実質費用
本当に実質と言えるのでしょうか?

そして、キャッシュバック手続きが約1年後になると言う事は、キャッシュバック自体を貰えるのは契約から1年後以降となってしまいます。
つまり、契約から1年間は月額料金を支払わないで済むようになると思い込んで契約を行ってしまうと、月額料金を普通に請求されてビックリする事になってしまいます。

予算オーバー

ご紹介しているように、実質費用の計算方法は月額料金の総額からキャッシュバック額を差し引き、それを契約期間で割ったものになります。
そして、実質費用の計算方法として全体を12で割って、1年間の実質費用と言う形で表記している比較ランキングサイトも存在します。

1年間の実質費用

キャッシュバック額は2年間の契約期間を通して貰える金額ですから、1年間の実質費用を計算するのでしたら、キャッシュバック額も半分にするのが正しい計算方法です。
ところが、キャッシュバック額はそのままの金額で差し引いて計算をしている大手比較ランキングサイトも存在するのです。

キャッシュバック額を実際よりも2倍も高く計算している訳ですから、実質費用はあり得ないほど安い金額で表記される訳です。
その結果、インターネット料金が1年間実質無料だとか、1年間実質1円だとか、あり得ない金額が表記される形になっているのです。

驚き

このように、比較ランキングサイトの管理人によって安く見せ掛けられた実質費用に何の意味があるのでしょうか?
また、ごく一部の人しか貰えないキャッシュバックなど、絵に描いた餅に過ぎません。

こう言ったアテにならない金額を真に受けて契約をしてしまうと、必ず痛い目に遭います。
ですので、不当に安く見せ掛けられた実質料金実質費用ではなく、実際の月額料金を参考にするようにしましょう。

  • 実質料金実質費用の計算に含める数値は、各比較ランキングサイトの管理人によって意図的に選ばれている。
  • 実質費用の計算方法は、月額料金の総額からキャッシュバック額を差し引き、それを契約期間で割ったもの。
  • 実質費用の計算に使われるキャッシュバック額は最高額が用いられ、紹介キャッシュバックも含まれている。
  • キャッシュバックを受け取るには契約から約1年後に手続きが必要で、このキャッシュバック手続きをうっかり忘れてしまう人が大半を占める。
  • キャッシュバックを実際に貰えるのは契約から1年後以降なので、最初の1年間のインターネット料金が無料になる訳ではない。
  • 1年間の実質費用の計算方法に2年間で貰えるキャッシュバック額をそのまま使い、実質無料だとか実質1円だとか、あり得ない金額を表記している比較ランキングサイトもある。
  • 実質料金実質費用を参考にするのではなく、実際の月額料金をそのまま参考にする。

価格競争による弊害は避けるのがベター!?

ご紹介しているように、申込み先によって各インターネットサービスの料金は変わって来ます。
そして、より安い料金でインターネットサービスを利用したいと言う方へ向けて、インターネットサービスの比較ランキングサイトが存在します。

より安い月額料金でサービスを利用したい

ただし、各インターネットサービスの比較ランキングサイトで用いられている実質料金実質費用と言う言葉は、全くアテにはなりません。
しかも、安さを追い求めれば追い求めるほどに、口コミサイト上での評判が良くないインターネットサービスへとたどり着いてしまいます。

ですので、実質無料実質1円と言った甘い話に騙される事なく、信頼の置けるインターネット回線を利用するようにしたいものです。
そうすれば、最初から過度な期待をしていないので、実際にサービスを利用開始した際に騙されたような感覚を持つ必要もありません。

思っていた通りのインターネット環境が手に入る

また、無理な安売り競争に参加していないインターネットサービスを利用すれば、サポート対応面に対する不安を持つ必要もなくなります。
つまり、契約期間中はずっと安心してサービスを利用する事が出来るようになります。

インターネットサービスの契約期間は2年間以上も続きます。
だからこそ、目先の安さに騙される事なく、安心して利用出来るインターネットサービスを選びたいものです。

  • 料金の安さを追い求めるほどに、口コミサイト上での評判が良くないインターネットサービスへとたどり着く。
  • インターネットサービスの契約期間は長いので、安さよりも信頼の置けるインターネットサービスを選ぶ。

より利便性の高いインターネット回線を選ぶ

実は光回線はあまりお勧めではない!?

これまで、より安いインターネットサービスを選ぶ事によるリスクについてご紹介して来ました。
そんなインターネットサービスですが、実は、インターネット回線の種類には様々な種類が存在する事をご存じでしょうか?

インターネット回線には色々な種類がある

一般的に、インターネット回線と言うと光回線のイメージを持っている方が多いのではないでしょうか?
ですが、光回線は契約した建物内でしか通信を行えなかったり、回線工事が必要だったりと、色々と面倒な部分を持つインターネットサービスになります。

ですから、実のところ、光回線は利便性と言う点ではあまりお勧め出来ないインターネット回線だったりします。
では、どのようなインターネット回線を利用すれば利便性が高まるのかと言うと、今はモバイルインターネットサービスの方がお勧めとなります。

モバイルインターネットサービス

と言うのも、モバイルインターネットサービスであれば無線を利用しますから、インターネット環境を常に携帯出来るようになるのです。
また、モバイルインターネットサービスであれば回線工事は必要ありませんから、利便性費用面で大きなメリットとなるのです。

ですので、これからインターネット環境を導入すると言う方は、モバイルインターネットサービスの方をお勧めします。

  • 光回線は契約した建物内でしか通信を行えない上に回線工事が必要となるなど、色々と面倒な部分を持つ。
  • 無線を利用したモバイルインターネットサービスを導入すれば、光回線のような不便な点がなくなる。

モバイルインターネットサービスの中でも、よりお勧めなサービスは?

ご紹介しているモバイルインターネットサービスですが、現在3つのサービスが存在します。
その3つのサービスとは、以下の通りです。

  • ドコモのモバイルWi-Fiルーター
  • UQコミュニケーションズのWiMAXサービス
  • Y!mobileのPocket WiFiサービス

この中にあるドコモのモバイルWi-Fiルーターですが、スマートフォンで利用出来る通信量分をモバイルWi-Fiルーターへシェアするだけの形だったりします。
ですから、実のところドコモのモバイルWi-Fiルーターの利便性は良くありません。

ドコモのモバイルWi-Fiルーターの料金プラン

ですので、メインのインターネット回線として考えるのであれば、WiMAXサービスPocket WiFiサービスの2択になります。

このどちらのインターネットサービスも月間のデータ利用量に上限がありませんので、利便性は高いです。
ですから、WiMAXサービスPocket WiFiサービスのどちらのインターネットサービスもお勧め出来ます。

WiMAXとPocket WiFi

そんな中で、強いてどちらか片方のサービスを選ぶのであれば、WiMAXサービスの方をお勧めします。
その理由ですが、月間のデータ利用量の上限を回避する為の手続きが楽だからです。

Pocket WiFiサービスの場合、月間のデータ利用量が7GBを超える前に、通信モードをアドバンスモードへと切り替えなければなりません。
そして、この切り替えをうっかり忘れてしまうと、月末までの通信速度を128Kbpsに制限されてしまいます。

月末までの通信速度が制限されてしまう

ですので、動画を視聴していたりネットゲームをプレイ中に7GBを超えそうになった時、いちいちインターネットの利用を中断せねばならなくなってしまうのです。
また、パソコンがバックグラウンドで更新プログラムを自動的にダウンロードし、月初めからの総通信量が7GBを超えてしまうと言ったリスクもあります。

一方、WiMAXサービスの場合、Flatツープラス ギガ放題プランに申し込む事で、標準の通信モードであるハイスピードモード月間のデータ利用量の上限が免除となります。
ですので、わざわざ通信モードの切り替えを行わなくても、元々の通信モードのままで月間のデータ利用量の上限が免除となるのです。

通信モードの切り替え

従って、WiMAXサービスPocket WiFiサービスはどちらもお勧めではあるものの、WiMAXサービスの方が利便性は高いです。
ですので、より利便性の高いインターネット環境を手に入れたいのであれば、WiMAXサービスへ申し込むようにしましょう。

  • モバイルインターネットサービスには、ドコモのモバイルWi-FiルーターUQコミュニケーションズのWiMAXサービスY!mobileのPocket WiFiサービスの3種類のサービスがある。
  • ドコモのモバイルWi-Fiルーターはスマートフォンで利用出来る分の通信量をシェアするだけなので、利便性はイマイチ。
  • Pocket WiFiサービスを利用する場合、月間のデータ利用量が7GBを超える前にアドバンスモードへと切り替えないと、速度制限が適用されてしまう。
  • WiMAXサービスを利用するの場合、Flatツープラス ギガ放題プランに申し込む事で、標準の通信モードであるハイスピードモード月間のデータ利用量の上限が免除となる。

WiMAXサービスは申込み先が大事!

ご紹介しているWiMAXサービスですが、申込み先ごとに異なるキャンペーンを実施しています。
ですから、冒頭でご紹介したような価格競争がWiMAXサービス間でも起きています。

価格競争

そして、どのWiMAX取扱店から申し込んだ方がお得だとか紹介するWiMAXサービスの比較ランキングサイトが多数存在します。
ですが、既にご紹介したように、より安いWiMAX取扱店を選ぶ方法は得策ではありません。

では、どのWiMAX取扱店から申し込み手続きを行った方が安心出来るのか。
その点に関しては、別の記事にて詳しくご紹介します。

  • 各WiMAX取扱店ごとに異なるキャンペーンを実施しており、それぞれで価格競争を行っている。
  • より安いWiMAX取扱店を選ぶのは得策ではなく、もっとしっかりとしたWiMAX取扱店の選び方がある。
この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

君得ネット|聞いて得する情報サイトの注目記事を受け取ろう

1年間インターネットが無料に!?比較サイトの巧妙なカラクリとは?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

君得ネット|聞いて得する情報サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
お勧めインターネットランキング

インターネット環境を見直す

  1. UQ WiMAX
    UQ WiMAX WiMAXサービスの提供元であるUQコミュニケーションズが運営しているWiMAXサービス
    金銭的メリットはそこまででもないが、サポート対応で選ぶならトップレベル。
    安心感を求める方にお勧めしたい、間違いのないWiMAX取扱店

    詳細ページキャンペーンサイト


  2. GMOとくとくBB WiMAX 2+
    GMOとくとくBB WiMAX 2+頻繁に業界最高額になるほど高額なキャッシュバックキャンペーンを実施しているWiMAX取扱店。
    金銭的メリットだけではなく、12ヵ月無料のセキュリティソフト(マカフィー マルチアクセス)や20日以内のキャンセル保証WiMAX端末の即日発送などと言った充実したサービスも利用出来る。

    詳細ページキャンペーンサイト


  3. 株式会社NEXTのSoftBank Airキャンペーン
    株式会社NEXT短時間での大容量通信を行わなければ速度制限はないとされている、SoftBank Airの取扱店。
    ほぼ確実に貰えるキャッシュバックキャンペーンも利用出来る。

    詳細ページキャンペーンサイト



スマートフォンとのセット割引きを活用する

快適なインターネット環境が整ったら、今度はスマートフォンの契約先を乗り換えましょう。
月額料金の安いスマートフォンに乗り換えれば、あなたの通信費を大幅に節約する事が出来るようになります。

その際にお勧めなのがUQ mobileです。
スマホ代が安くなるのは勿論の事、UQ mobileポータルアプリを活用して好きなだけSNSを楽しむ事が出来るようになります。
また、5分以内の通話なら、何度でも無料になります。



ただし、インターネット環境にPocket WiFiサービスSoftBank Airを選んだ方は、Y!mobileのスマートフォンの方がお勧めとなります。
と言うのも、おうち割と言うセット割引きを利用する事が出来るからです。

通信費を出来るだけ安く抑えて、家計のやり繰りを楽にしましょう。


関連記事

  • ADSLの月額料金っていくら位?本当にインターネットの中でも安いの?

  • 自宅用の無線インターネットサービスの魅力と、有名なサービスを比較

  • パソコンを購入後のインターネット回線の選び方に迷ってるあなたへ

  • 安いインターネット回線を選ぶ際に、落ち入りがちな盲点と失敗とは?

  • 戸建て用のインターネット回線を自宅に引く際の悩ましさを一発解決!

  • インターネット料金を安くしたいのなら、料金を比較するだけでは駄目

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。