1. TOP
  2. インターネット
  3. 家庭用のWi-Fi環境として、ベストな利便性と料金のサービスとは?

家庭用のWi-Fi環境として、ベストな利便性と料金のサービスとは?

インターネット   9 Views
家庭用のWi-Fi環境として、ベストな利便性と料金のサービスとは?

家庭用のWi-Fi環境、利便性でオススメなのは?

家庭のWi-Fi環境を導入する際に、一般的なのは光回線でしょう。

ですが、光回線を導入する際には回線工事が必須となり、それが結構なデメリットだったりします。
例えば、回線工事には順番待ちが必要で、数週間から数ヵ月も待たされてしまいます。

しかも、回線工事は平日に行うのが通常であり、休日だと別料金が発生してしまいます。
かと言って、回線工事の為にわざわざ会社を休むのは厳しいでしょう?

利用料金の支払い
光回線の回線工事に立ち会う為に、仕事を休むか追加料金を支払って休日に回線工事を頼むのかの2択を選ぶ必要がある。

また、回線工事自体にも費用が掛かる為、光回線の料金は高額だったりします。
ちなみに、回線工事費無料を掲げていても、月額料金に回線工事費の分割料金がしっかりと上乗せされていたりします。

そんな光回線を利用出来るのは、回線工事を行った建物の中のみとなります。
ですから、後に引っ越しを行う際には、再び回線工事の問題が出て来ます。

と言う事で、料金面にしろ利便性にしろ、光回線はあまりお勧めのインターネット回線ではありません。
では、一体何がお勧めなのかと言う話になる訳ですが、モバイルWi-Fiルーターがお勧めとなります。

モバイルインターネット
モバイルWi-Fiルーターは無線通信を行う為、回線工事の必要がない。

ただ、モバイルWi-Fiルーターと聞くと、速度制限が厳しいんでしょうとか、そう思っている方も多い事でしょう。
実際、厳しい速度制限の存在しているモバイルWi-Fiルーターが大半で、予め決められている通信量内でしか快適には通信出来ません。

ですが、モバイルWi-Fiルーターであっても、速度制限のないサービスも存在します。
そのサービスとは、クラウドSIMと言うサービスになります。

このクラウドSIMサービスであれば、モバイルWi-Fiルーターのメリットを持ったまま、速度制限のデメリットを回避する事が出来ます。
と言う事で、これから家庭用のWi-Fi環境をと考えている方には、今の時代クラウドSIMがオススメだと言えます。

そんなクラウドSIMサービスについて、これから詳しくご紹介して行きます。
ぜひ最後までご覧下さい。

家庭用のWi-FiにはクラウドSIMがベストな理由

クラウドSIMとはどんなサービス?

冒頭でご紹介したクラウドSIMですが、一体どのような仕組みのサービスなのでしょうか?
その説明をすると、モバイルWi-Fiルーター内にSIMカードを内蔵せずクラウドサーバー上にあるSIMカードが自動的に割り当てられる通信システムとなっています。

このシステムを採用しているメリットとしては、あなたのいる場所に最適なSIMカードが利用出来る仕組みとなっている点にあります。
ちなみに、クラウドSIMが採用しているSIMカードには、ドコモauSoftbankの3回線があります。

つまり、クラウドSIMに申し込めば、大手携帯電話会社の3回線全ての通信エリアに対応出来ると言う事になる訳なのです。
ですので、ご自宅が市街地から離れている場合であっても、通信出来ないと言うリスクを抑える事が出来ます。

SIMカード
クラウドSIMを利用すると言う事は、大手携帯電話会社3社の通信端末を同時に持っているようなもの。

また、後に引っ越す際にも、引越し先が通信エリア外だったと言うようなリスクを減らす形になっています。

こう言う話をしている私自身ですが、実は、WiMAXを使っていた頃に痛い経験をしていたりするのです。
以前、WiMAXの契約期間中に、引っ越しをする事となりました。

そして、引越し先の通信環境については、引越し前にサービスエリアマップを使って調べていました。
このサービスエリアマップによると、引越し先はバッチリサービスエリア内に含まれていたのです。

ところが、実際に引っ越しをしてみると、引越し先のWiMAXの電波状況はかなり悪い状態でした。
引越し先では基本的にWiMAXが圏外表示で、辛うじて1ヵ所だけ、アンテナが2本立つ場所もあると言うような通信環境だったのです。

WiMAXの電波が2本しか入らない
サービスエリアマップでは○のエリア内に入っているのに、電波のアンテナは最大で2本までしか立たなかった。

このように、うちではギリギリ通信出来ると言う状況となりましたので、動画を視聴中も、頻繁に映像が止まってしまう状況になってしまいました。
こう言う経験をしていますから、通信エリアの広さの重要さは、人一倍感じているところだったりもします。

その後どうなったのかと言うと、結果的にWiMAXを解約する流れとなりました。
そして、クラウドSIMへと乗り換えましたので、通信の不便さは解消されたと言う訳なのです。

uCloudlinkのD1
クラウドSIMへの乗り換えによって、通信エリアの問題はなくなった。

私自身が経験したように、クラウドSIMの通信エリアの広さは、実感レベルで分かります。
ですので、私のような通信エリアの失敗をしたくない方には、クラウドSIMサービスをお勧めします。

クラウドSIMには速度制限がない!?

冒頭でご紹介したように、クラウドSIMサービスには速度制限がありません。
ですので、家庭のメインの通信回線として考える上でも、クラウドSIMサービスは安心だったりします。

でも、本当にクラウドSIMサービスには速度制限がないのか、疑う方もいる事でしょう。
それは無理もない事です。

なぜなら、モバイルWi-Fiルーター業界では、従来から通信無制限詐欺みたいな事が多々起きていたからなのです。
例えば、Pocket WiFiWiMAXは一時期速度制限なしで集客をしていましたが、途中から3日間の合計通信量に対して速度制限を掛けるようになりました。

前日までの直近3日間のネットワーク混雑回避のための速度制限
WiMAXやPocket WiFiだと、3日間の合計通信量に対して速度制限が用意されている。

また、現在でも横行している悪質なものとしては、WiMAXサービスの料金プランを勝手に無制限プランと改名し、サイト上で売り込んでいるケースも多々見掛けます。
そして、無制限に使えるものだと思い込まされてWiMAXサービスの契約をし、後から後悔の声をTwitter上で呟いている方も結構います。

こう言った形で一度騙されてしまった方が大勢いる状態ですから、モバイルWi-Fiルーターには速度制限があるものだと言う世間の認識は根強く残っている形になります。

では、クラウドSIMには速度制限がないと言う話は、本当なのでしょうか?
この部分についてですが、実際に速度制限はありません。

私自身がクラウドSIMを使っているユーザーですから、ここは実体験として語れます。
WiMAXでは毎日速度制限の対象者であった私ですが、クラウドSIMでは一度も速度制限に掛かった事がありません。

【利用通信量のお知らせ】データ量通知サービス
WiMAXを使っていた頃の私は、毎日が速度制限との戦いだった。

しかも、一般の方よりも動画をかなり視聴している私が大丈夫なのですから、一般家庭の用途であれば問題はないでしょう。

と言う事で、モバイルWi-Fiルーター最大のデメリットである速度制限がないクラウドSIM
検討してみる価値は大いにあるのではないでしょうか?

クラウドSIMサービスの中でも、家庭用に向いているのは?

ご紹介しているクラウドSIMサービスですが、実は複数の会社で取り扱われています。
どの会社からクラウドSIMサービスに申し込んでも、全く同じ通信回線を利用する形になります。

ですが、料金の設定金額は会社によってバラバラです。
ですので、よりお得な条件でクラウドSIMサービスを利用したいのであれば、申し込み先をしっかりと選ばなければなりません。

そんなクラウドSIMサービスの比較作業についてですが、家庭用の用途で考えるのであれば、料金の比較よりも先にすべき作業があります。
それは何かと言うと、G4と言う通信端末を採用しているクラウドSIMサービスに申し込むと言う部分になります。

GlocalMe G4
G4と言う通信端末を採用したクラウドSIMサービスに申し込む事が、家庭用のWi-Fi環境を選ぶ上で非常に重要となる。

ちなみに、クラウドSIMサービスで一般的に使われているモバイルWi-Fiルーターは、U2sと言う機種になります。
ただ、U2sと言う通信端末を採用しているクラウドSIMサービスだと、最大同時接続数はたったの5台までしかありません。

1人で利用する用途であれば、5台まで対応なら十分だと言えるでしょう。
ですが、家庭用ともなると、たった5台までと言うのは厳しいものがあります。

GlocalMe U2
U2sの同時接続数だと、家庭用途には難しいものがある。

それに対して、G4と言う通信端末であれば、最大8台までの機器類をインターネットへと接続する事が出来ます。
と言う事で、家庭用のクラウドSIMサービスを選ぶのであれば、G4を取り扱っている会社の中から申し込むようにしましょう。

では、G4を取り扱っているクラウドSIMサービスには、どの会社が存在するのでしょうか?
この記事を書いている現時点では、次の3社が挙げられます。

  • エックスモバイル株式会社の限界突破WiFi
  • 株式会社surfaveのMugen WiFi
  • 株式会社Twelveのhy-fi

では、クラウドSIMサービスの月額料金はと言うと、次のようになります。

各クラウドSIMの月額料金比較
クラウドSIMサービス 月額料金
限界突破WiFi 3,500円
Mugen WiFi 3,880円
hy-fi 3,880円

と言う事で、月額料金も含めた上で比較をすると、家庭用途には限界突破WiFiがお勧めとなります。

ご紹介した限界突破WiFiに興味が湧いて来た方は、次のボタンから販売サイトをご覧になってみて下さい。

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

君得ネット|聞いて得する情報サイトの注目記事を受け取ろう

家庭用のWi-Fi環境として、ベストな利便性と料金のサービスとは?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

君得ネット|聞いて得する情報サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

コメントを残す


CAPTCHA


関連記事

  • 後悔しない!間違いのないポータブルWi-Fiの選び方

  • 一人暮らしはWi-Fi選びが重要!パソコンがこんな便利なものになるなんて知らなかった!!

  • 【解決】Wi-Fiルーターを選ぶ際に、一人暮らしでお勧めな機種は?

  • WiMAXサービスだと、1日の通信量はどれ位利用出来る?

  • インターネットサービスにおけるプロバイダの役割って?契約は必要?

  • モバイルWi-Fiルーターの契約先、最新のお勧めはここ!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。