1. TOP
  2. インターネット
  3. 新生活!家のインターネット、お勧めで安いサービスの見付け方を伝授

新生活!家のインターネット、お勧めで安いサービスの見付け方を伝授

インターネット   19 Views
新生活!家のインターネット、お勧めで安いサービスの見付け方を伝授

インターネットの契約は複雑過ぎる

のインターネット環境の導入を考える際には、どこかのインターネットサービスと契約をしなければなりません。ただ、インターネットの契約先を選ぶ上で、その選択肢の多さに驚いてしまう方も多いです。

例えば、次の選択肢によって、あなたの契約するインターネットサービスの内容はガラリと変わって来ます。

  • どのインターネット回線を選ぶのか。
  • どこのプロバイダと契約をするのか。
  • 契約先の住所は東日本か、それとも西日本か。
  • インターネット回線を引き込む建物は、戸建てマンションか。
  • インターネット回線を引き込む建物がマンションタイプなら、契約者は何世帯あるのか。
  • インターネットの契約は、どの通信速度の料金プランで契約するのか。
  • インターネットの契約は、どのキャンペーンを利用して申し込むのか。

このように、インターネットサービスの契約内容は、非常に複雑だったりします。ただ家にインターネットを繋ぎたいだけなのに、契約先選びでわざわざ100種類以上ある選択肢の中から1つを選ばなければならないのが現状だったりするのです。

そうして苦労してインターネットの専門家になったとしても、各インターネットサービスで実施中のキャンペーン内容は、毎月変動します。そう、各インターネットサービスの料金体系は毎月変わりますので、その知識は翌月には何の役にも立たなくなるのです。

そんな所がありますので、自分でインターネットの契約先を選ぶのではなく、詳しい人からお勧めの契約先を教えて欲しいと思っている方は非常に多いです。ただ、インターネットで検索をしてみると、あまりお勧め出来ないインターネットサービスを普通にお勧めしているサイトは沢山あります。

家のインターネット回線を自分で選んで失敗するのならまだ納得は行くでしょうが、赤の他人からお勧めされた契約先で失敗するのってキツくないですか?ですから、お勧めされているインターネットサービスだけど、本当に大丈夫なのか自分で納得出来る根拠を持つ必要性もあります。

家のインターネット環境に不満
インターネットサービスには3年ほどの契約期間の縛りがある為、契約先選びで失敗はしたくないもの。

そんな大変な家のインターネットの契約先選びですが、実はインターネットの選び方さえ分かっておけば、100種類以上ある全ての契約内容を把握する必要はなくなります。そして、最終的には選択肢を指折り程度に絞る事が出来ますので、その中から1社を選ぶだけで良くなります。

また、時間のないあなたの為に、この記事さえ読めば選りすぐりの1社に選択肢を絞る事が出来るようになっています。ぜひ楽しみにして頂いて、最後までご覧下さい。

家のインターネット選び、お勧めは回線選びから

冒頭でご紹介したように、現在のインターネット回線選びは、細かい選択肢まで入れると100種類以上のパターンがあります。それらを全て把握出来ている人など存在しませんし、仮に把握したとしても毎月内容が変わってしまいます。

ですから、枝葉となるそれらの選択肢を全て把握するのではなく、まずは固定回線にしたいのか無線通信にしたいのかの2択で選ぶようにしましょう。そうすれば、選択肢は半分に絞る事が出来る訳です。

これって、かなりの時短になると思いませんか?と言う事で、まずは固定回線無線通信かと言う話をして行きます。

固定回線と言うと、現在は光ネクストが主流となっています。インターネットの比較サイトの記事を読んでいると、一番多いのが光ネクストの比較サイトになります。

光回線
契約するインターネット回線を選ぶ上で、一般的なのが光ネクスト。

確かに、家のインターネット回線としては、光ネクストを導入するのが一般的でしょう。ですが、光ネクストなどの固定回線と契約する場合、支払う料金は利用料金だけではなくなります。

具体的な固定回線の月額料金の内訳は、次のようになっています。

  • 回線使用料
  • プロバイダ料金
  • 回線工事費の分割払いの料金
  • 無線LANルーターのレンタル料金
  • 各種オプション料金

このように、固定回線の契約を行うと、あれこれと追加料金が発生してしまいます。ですので、料金体系が複雑で分かりにくい上に、人によってはインターネット上で見た料金よりもかなり高くなるケースも出て来ます。

では、無線通信の場合はどうなのでしょうか?そんな無線通信の月額料金の内訳は、次のようになっています。

  • 回線使用料
  • 各種オプション料金

どうですか?無線通信であればプロバイダ契約は不要ですし、回線工事無線LANルーターのレンタルも不要です。ですので、非常に分かりやすくてシンプルな料金体系となっています。

モバイルインターネット
無線通信は無線を使ったインターネットサービスなので、間で余計な料金が発生しにくい。

勿論、余計な料金の上乗せが少ない分、無線通信を選んだ方が安上がりとなります。

そう言う料金面以外にも、固定回線を選ぶ際に厄介なのが回線工事の存在です。固定回線を家に導入する場合、最寄りの電柱から通信ケーブルを引き込まなければなりません。

この回線工事は有料ですし、立ち会わなければなりません。ただ、回線工事を休日で指定すると、工事加算金として3,000円余計に料金が発生してしまいます。

また、賃貸なら大家の許可が必要ですし、持ち家だと穴を空けられて建物の価値が下がるケースも出て来ます。

また、固定回線の回線工事には数週間から数ヵ月の順番待ちがあります。ですので、契約をしたとしてもしばらくはインターネットを利用出来ない期間が出て来てしまいます。

しかも、人によっては急に回線工事が延期になるケースも出て来ます。

このように、回線工事1つ考えても、固定回線はデメリットのあるサービスだったりします。しかも、後にあなたが引っ越す際には、その度に同じ問題が発生してしまいます。

それに対して、無線通信であれば回線工事は必要ありません。ですので、何度引っ越しをしたとしても、大きな負担を強いられる心配はありません。

でも、無線通信固定回線より通信速度が遅いし、通信も安定しないのではないか?そう思い込んでいる方もいるかと思います。

ただ、それはあくまでも過去の話であり、現時点では必ずしも光回線の方が無線通信よりも通信速度が速いとは言い切れない状態になって来ています。と言うのも、無線通信で使用するモバイルWi-Fiルーターの通信性能は年々上がって来ているからです。

ですので、フレッツ光ネクストの通信速度は1Gbps(1,000Mbps)なのですが、それと同等以上の通信速度を出せるモバイルWi-Fiルーターが続々とラインナップしています。例えば、WiMAXサービスのSpeed Wi-Fi NEXT W06(HWD37)ならば、下り最大通信速度が1,237Mbpsも出ます。

Speed Wi-Fi NEXT W06(HWD37)
フレッツ光ネクストよりも通信速度が速いモバイルWi-Fiルーターが、続々と登場して来ている。

その一方で、マンションタイプの固定回線を契約すると、他の利用者と通信速度を取り合う形になります。ですので、同じ建物内に大容量通信を行うユーザーがいたりすると、実質的な通信速度はびっくりするほど遅くなってしまうトラブルも起きています。

と言う事で、固定回線だから通信速度が速くて無線通信は遅いなどと言う事はありません。今は実質的な通信速度の差が感じられなくなっていますので、そこはそんなに気にしなくて大丈夫です。

ちなみに、ご紹介したSpeed Wi-Fi NEXT W06(HWD37)の通信スペックについては、Broad WiMAXのホームページ上で詳しく紹介されています。そんなBroad WiMAXのホームページへは、次のボタンから移動する事が出来ます。

家のインターネット回線、無線通信の中でお勧めのサービスは?

ご紹介したように、家のインターネット回線を選ぶなら、お勧めは無線通信になります。そんな無線通信ですが、現在は次の4種類のサービスに分類する事が出来ます。

  • ドコモのモバイルWi-Fiルーター
  • UQコミュニケーションズのWiMAXサービス
  • Y!mobileのPocket WiFiサービス
  • SoftbankのSoftbank Air

この中で、利用料金利用出来る通信量を考慮すると、ドコモのモバイルWi-Fiルーターは選択肢から外れます。と言うのも、ドコモのモバイルWi-Fiルーターは最大でも月に30GBまでしか利用出来ませんし、利用料金も割り高となるからです。

Wi-Fi STATIONの行う通信
ドコモのモバイルWi-Fiルーターだと、通信量はミドルユーザーまでしか対応出来ない。

そして、利用出来る通信量で言えば、Softbank Airが最強クラスになります。なぜなら、完全に通信量無制限で通信出来ると公表しているサービスだからです。

SoftBank Airはコンセントが必要
Softbank Airであれば、容量無制限で通信可能なホームルーター、Airターミナル3を利用出来る。

ただ、非常に残念な事に、Softbank Airは口コミがあまり良くないと言う実情があります。

ですから、実際に家のインターネット回線の契約先として選ぶのであれば、WiMAXサービスPocket WiFiサービスの2択から選ぶのが現実的となります。では、WiMAXサービスPocket WiFiサービスはどちらがお勧めなのかと言うと、WiMAXサービスの方がお勧めとなります。

なぜPocket WiFiサービスよりもWiMAXサービスの方がお勧めなのかと言うと、月間データ利用量の上限がない条件下での通信エリアの違いにあります。

WiMAXとPocket WiFi
WiMAXサービスかPocket WiFiサービスかで言うと、通信エリアの部分でWiMAXサービスの方が利便性は高くなる。

WiMAXサービスの場合、Flatツープラス ギガ放題プランと言う料金プランに申し込む事で、標準のハイスピードモードに対する月間データ利用量の上限がなくなります。

WiMAXサービスの月間のデータ利用量
通信モード Flatツープラスプラン Flatツープラス ギガ放題プラン
ハイスピードモード 7GB
ハイスピードプラスエリアモード 7GB

その代わりに、Flatツープラス ギガ放題プランは、Flatツープラスプランよりも月額料金が少しだけ高くなります。

WiMAXサービスの料金プラン
ご利用期間 Flatツープラスプラン Flatツープラス ギガ放題プラン
ご利用開始月 3,696円(日割り計算)
1~2ヵ月目 3,696円 3,696円
3ヵ月目~ 4,380円

それに対して、Pocket WiFiサービスの場合はと言うと、Pocket WiFiプラン2で契約した上にアドバンスオプションへ申し込む事で、月間データ利用量の上限がないアドバンスモードを利用出来るようになります。ですから、料金面利用出来る通信量に関しては、大差ありません。

Pocket WiFiサービスの料金プラン
料金プラン データプランS Pocket WiFiプラン2 ライト Pocket WiFiプラン2
月額料金 1,980円 2,480円 3,696円
月間のデータ利用量 1GB 5GB 7GB
アドバンスオプション料 非対応 684円

ただし、Pocket WiFiをアドバンスモードへと切り替えると、標準のFDD-LTE通信が利用出来なくなってしまいます。その結果、Pocket WiFiサービスだと、月間データ利用量の上限がない状態で通信出来るエリアは非常に限られた範囲のみとなってしまいます。

アドバンスモード
Pocket WiFiサービスをアドバンスモードへと切り替えると、通信エリアが大幅に狭くなってしまう。

実際にWiMAXサービスPocket WiFiサービスの通信エリアを比較したのが、次の地図になります。

Pocket WiFiサービスとWiMAXサービスの通信エリアの違い
Pocket WiFiサービスでアドバンスモードに対応している通信エリアは、青紫色に塗られている範囲のみとなる。

と言う事ですから、利便性を考えるのであれば、Pocket WiFiサービスよりもWiMAXサービスの方がお勧めとなります。

そんなWiMAXサービスの中でも、特にお勧めなのがBroad WiMAXと言うWiMAX取扱店になります。なぜ各WiMAX取扱店の中でもBroad WiMAXがお勧めなのか、引き続きご紹介して行きたいと思います。

家のインターネット環境にお勧めなWiMAX取扱店の選び方

ご紹介したように、家のインターネット環境を考えるのであれば、WiMAXサービスがお勧めです。そんなWiMAXサービスですが、実は複数のWiMAX取扱店が存在します。

そして、各WiMAX取扱店ごとに、実施されているキャンペーンの内容が異なります。ですので、全く同じWiMAXサービスを利用出来る訳ですが、契約先ごとに支払う金額は大きく違って来ます。

その中でも、特に人気なのがキャッシュバックキャンペーンを実施しているWiMAX取扱店になります。実際、WiMAXサービスの比較サイトの記事を読んでいると、ほとんどのサイトが一番高額なキャッシュバックキャンペーンを実施しているWiMAX取扱店をお勧めしています。

WiMAX取扱店のキャッシュバック額比較(2019年7月1日現在)
WiMAX取扱店 キャッシュバック額(最高額) いつ貰えるか
GMOとくとくBB WiMAX 2+ 37,100円 12ヵ月
BIGLOBE WiMAX 2+ 23,000円 7ヵ月
@nifty WiMAX 23,000円 12ヵ月
JPWiMAX 16,000円(※Amazonギフト券) 12ヵ月
UQ WiMAX 13,000円 4ヵ月
Drive WiMAX 2 10,000円 2ヵ月
ASAHIネット WiMAX 2+ 10,000円 13ヵ月
コミュファ光モバイル(UQ WiMAX 2+) 10,000円(※商品券) 6ヵ月
hi-ho WiMAX 6,000円 4ヵ月
DTI WiMAX 2+ 6,000円 13ヵ月

確かに、電卓を使って料金を計算する分には、キャッシュバックキャンペーンを実施しているWiMAX取扱店が一番お得な計算になります。ただし、それはキャッシュバックを貰えたらの話となります。

ただ、インターネットサービスのキャッシュバックキャンペーンは、数ヵ月後でのキャッシュバック手続きを貰える為の前提条件にしています。そして、その頃にキャッシュバック手続きを忘れてしまった方に関しては、有効期限切れでキャッシュバックを貰えない仕組みにしていたりするのです。

キャッシュバック手続きのプロセス
有効期限内でのキャッシュバック手続きをうっかり忘れてしまうと、せっかくのキャッシュバックが貰えなくなってしまう。

そんな仕組みの中で実際にキャッシュバック手続きを忘れてしまう方が大勢出て来る為、各インターネット販売店ではあり得ないほど高額なキャッシュバック額を提示する事が出来ていると言う訳なのです。でも、自分からキャッシュバックキャンペーンに申し込んでおいて、わざわざキャッシュバック手続きを忘れてしまう方などいるのでしょうか?

そんなあなたの疑問に答えてくれるのが、以前光回線の代理店が公開していた統計情報になります。

キャッシュバック手続き開始月と手続きを行った方の割合
手続き開始月 手続きを行った割合
6ヵ月後 6割
8ヵ月後 4~5割
10ヵ月後 3割

このように、大半の方はキャッシュバック手続きを忘れてしまうと言うの事が、この統計情報に表れています。ちなみに、契約から1年後にキャッシュバック手続きを設定しているWiMAX取扱店も沢山ありますが、そうなると全体の3割未満の方しかキャッシュバックを貰えていない事になります。

そんなに確率の低いキャッシュバックキャンペーン、あなたは魅力を感じるのでしょうか?そこでお勧めなのが、キャッシュバック方式を採用していないWiMAX取扱店になります。

例えば、特に手続きなどしなくても、確実に月額料金が割り引きされるようなWiMAX取扱店も存在します。そして、その中の1つがBroad WiMAXになるのです。

では、Broad WiMAXの月額料金がどれだけ安いのか、一般的なWiMAX取扱店の月額料金と比較をしてみましょう。まずは、一般的なWiMAX取扱店の月額料金をご紹介します。

一般的なWiMAX取扱店の料金プラン
ご利用期間 Flatツープラスプラン Flatツープラス ギガ放題プラン
ご利用開始月 3,696円(日割り計算)
1~2ヵ月目 3,696円 3,696円
3ヵ月目~ 4,380円

この月額料金に対して、Broad WiMAXの月額料金は次のようになっています。

Broad WiMAXの月額最安プラン
ご利用期間 ライトプラン ギガ放題プラン
ご利用開始月 2,726円(日割り計算)
1~2ヵ月目 2,726円 2,726円
3~24ヵ月目 3,411円
25ヵ月目~ 3,326円 4,011円

つまり、WiMAXサービスの契約先をBroad WiMAXにする事で、確実にこれだけ安くWiMAXサービスを利用する事が出来ると言う訳なのです。これを活用しない手はないですよね?

一般的なWiMAX取扱店とBroad WiMAXの月額料金の差額
ご利用期間 ライトプラン ギガ放題プラン
ご利用開始月 970円(日割り計算)
1~2ヵ月目 970円 970円
3~24ヵ月目 969円
25ヵ月目~ 370円 339円
37ヵ月目までの合計差額 28,690円 28,296円

と言う事で、家のインターネット契約でお勧めなのはBroad WiMAXになります。ぜひ参考にして頂いて、安くて利便性の高いインターネット環境を手に入れて下さい。

そんなBroad WiMAXのキャンペーン内容についてより詳しく知りたい方は、Broad WiMAXのキャンペーンサイトをご覧になってみて下さい。ちなみに、Broad WiMAXのキャンペーンサイトへは、次のボタンから移動する事が出来ます。

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

君得ネット|聞いて得する情報サイトの注目記事を受け取ろう

新生活!家のインターネット、お勧めで安いサービスの見付け方を伝授

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

君得ネット|聞いて得する情報サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
君得ネットの存在意義
インターネット環境を導入したいけど、結局どのサービスを選べば間違いないのかな?」
そう言う、インターネット難民になってしまう方は後を絶たないです。

その理由ですが、インターネットを取り扱っているお店の数は、非常に多いからです。
それらを一つ一つ比較して行く作業は、多くの時間と労力を費やしてしまう事になってしまいます。

また、それらインターネット取扱店で実施中のキャンペーン特典の内容は、毎月変更になります。
ですので、その最新情報を毎月追って行く作業だけでも、とても大変だったりするのです。

情報過多
数多く存在するインターネット取扱店のキャンペーン情報を毎月追って行く作業は、意外と骨の折れる作業。


そこで頼りたくなるのが、インターネットに詳しい方が発信している情報だったりします。
ただ、インターネットの比較サイトの中には、自分自身では使った事のないサービスを想像だけでお勧めしているサイトも非常に多いです。

しかも、その情報が正しければ良いものの、誤った情報を平気で発信し続けているサイトも数多く存在します。
その中には、超有名な大手比較サイトでありながら、1ヵ月1円でインターネットを利用出来ると言うような過大広告を流し続けているケースもあったりするのです。

この大手比較サイトの嘘情報については、私自身も一度騙されました。
だからこそ思うのですが、私のような失敗をしてしまう方を一人でも多く減らしたいのです。

そして、こう言った悪どい商売を続けている大手比較サイトが儲け続けている現状も、世の中的には良くない事だと考えています。
じゃあ、今の現状を変える為に自分に出来る事は、一体何があるのだろうか?

そこで立ち上げたのが、この君得ネットです。
このサイトを通して正しい情報発信を続けて行く事で、後から後悔をしてしまうようなインターネット契約をする方を減らす事が出来るのではないかと考えました。

満足の行くインターネット環境
正しい情報発信が、世の中をより良いものにする。


そして、一人でも多くの方に「このサイトの記事を読んで、良いインターネットの契約先を見付ける事が出来た。」と喜んで貰える事を、このサイトの存在意義としたいと思っています。
自分の大切な時間を使って行う仕事だからこそ、より多くの方の人生に貢献して行きたいと考えています。

一個人がこう言う情報発信を行う強みとしては、企業とのしがらみがないと言う部分にあるかと思います。
ですので、より良いサービスを知ったら、すぐにそっちをお勧めする事が出来ます。

利害関係があるから良くないサービスをいつまでもお勧めし続ける…そのような事をしなくても良いのが、私自身気持ち的にも楽だったりします。
ですので、家電量販店でインターネットの販売員をするような事はせず、こうしてインターネットサービスをお勧めするサイトを運営しているのだと思います。

自分が実際に使って、これは便利だと思ったインターネットサービスを世間に広める手伝いをする。
そう言う形で世の中に貢献出来たらと思います。

私がインターネットサービスの事を語れる資格はどこにあるのかと言うと、ADSLの時代からずっとサービスを実際に利用し続けている点にあります。
そして、2014年の8月1日からは、モバイルWi-Fiルーターへと乗り換えをしています。

Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15が届く
モバイルWi-Fiルーターは2014年から使い始めている。


それからずっと同じサービスを利用して続けている訳ではなく、あえて様々なサービスを実際に自分自身の身銭を切る形で利用し続けています。
勿論、その中には失敗もあったりしつつ、何度も痛い経験をしています。

だからこそ、インターネット契約上の罠を察知する術も身に着けましたし、実際の経験から語る事の出来る事も多くあります。
そこが、インターネット上で情報収集をしただけで記事を書いているようなサイトとは一線を画する部分かと思います。

私の経験がより多くの方のお役に立てる事を願っています。

コメントを残す


CAPTCHA


関連記事

  • モバイルWi-Fiルーターの契約、安い料金で自宅でも外でも使う方法

  • Pocket WiFi VS WiMAX VS ドコモのLTE。実用上一番お勧めなのは?

  • 安いインターネット回線を選ぶ際に、落ち入りがちな盲点と失敗とは?

  • モバイルWi-Fiルーターの種類にはどんなものが?お勧めの回線は?

  • 無制限で通信出来る!イライラさせないモバイルWi-Fi4選

  • ドコモのモバイルWi-Fiルーターの料金プランと利用出来る通信量

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。