1. TOP
  2. インターネット
  3. 一軒家のインターネット回線はどこと契約するのがお勧め?

一軒家のインターネット回線はどこと契約するのがお勧め?

 2019/05/21 インターネット   79 Views
一軒家のインターネット回線はどこと契約するのがお勧め?

一軒家で利用出来るインターネット回線には何がある?

一軒家でインターネット環境を導入したいと思った際には、どこかの会社とインターネット契約をしなければなりません。
そんなインターネット回線についてですが、大きく分けて有線通信無線通信の2種類に分類する事が出来ます。

ちなみに、有線通信の場合だと、光回線ADSLケーブルテレビなどの選択肢があります。
ただ、光回線1つ取ってみても、フレッツ光ネクストやかなりの数がある光コラボレーション(転用)auひかりNURO 光などなど、その他にも複数の種類のサービスが存在します。

固定回線におけるインターネットの仕組み
光回線の契約1つ考えても、複数の通信回線や複数のプロバイダの中からそれぞれ選択肢を選ばなければならなくなる。

また、無線通信の方にしてみても、ドコモのモバイルWi-FiルーターWiMAXサービスPocket WiFiサービスSoftbank Airなどなど、他にも複数のサービスが存在するのです。
そして更に、WiMAXサービス1つを分類してみても、UQ WiMAXGMOとくとくBB WiMAX 2+DTI WiMAX@nifty WiMAXなどなど、他にも数多くのサービスが存在します。

現在はこのように選択肢が数多く溢れていますので、一軒家にインターネット環境を導入すると言う目的に対して、選択だけでかなりの手間と時間が掛かってしまいます。
しかも、数えきれないほどの選択肢の中で、それぞれ実施中のキャンペーン内容が毎月少しずつ変更になります。

そんな状況の中で、インターネットに詳しくない方が一番良い選択肢を選び抜く事など、非常にハードルが高い行為だと言えるでしょう。
ですので、インターネットに詳しい方からより一軒家に適したインターネットサービスを教えて欲しいと思う方は、少なくないかと思います。

そんなあなたに向けて、各インターネットサービスの特徴や選び方を伝授したいと思います。
この記事を参考にして頂ければ、あなたにピッタリ合ったインターネットサービスを発見する事が出来る事でしょう。

しかも、一方的にサービスを押し付けられるのではなく、しっかりと納得した上でサービスを選ぶ事が出来るようになります。
ただ、記事を最後まで読む時間がないと言う方もいるでしょうから、私自身が現在契約中のインターネットサービスをご紹介しておきます。

そんな私自身が契約中なのは、Broad WiMAXと言う無線通信サービスになります。
なぜ私自身はBroad WiMAXと契約したのか、この部分についてもこの記事の中で説明して行きたいと思います。

WiMAX端末と書類や説明書
私自身が契約中なのは、Broad WiMAXと言うWiMAXサービスになる。

ちなみに、Broad WiMAXのキャンペーンサイトへは、次のボタンから移動する事が出来ます。

一軒家のインターネット環境、有線通信と無線通信のどちらが合っているの?

さて、冒頭でご紹介しましたが、インターネットサービスは有線通信無線通信とに分ける事が出来ます。
その中の有線通信のメリットとしては、通信の安定性にあるかと思います。

ちなみに、無線通信だと目に見えませんので、通信障害が起きた時のリカバリーは大変です。
その一方で、有線通信であれば、どの線が断線しているのかを切り分ける事が可能となって来ます。

ただ、有線通信だと、回線工事が必須となって来ます。
ですので、利用出来る通信範囲は、契約した一軒家の中だけとなってしまいます。

光回線
有線通信を利用出来るのは、回線工事を行った建物の中限定となる。

しかも、回線工事費が非常に高いですし、何よりも、回線工事の順番待ちが厄介です。
この部分は時期とサービスにもよりますが、数週間から数ヵ月待たされてしまう形となってしまいます。

その上、回線工事は平日が基本で、休日に回線工事を指定すると、別途工事加算金を支払わなければならなくなってしまいます。
また、あなたが後ほど引っ越す際には、再び回線工事が必要となってしまいます。

そうなると、再び数週間から数ヵ月、インターネットを利用出来ない期間が出て来てしまいます。
実際、インターネット上の口コミを調べると、回線工事の順番待ちに対する不満の声で溢れています。

と言う事で、有線通信の最大のデメリットは、回線工事にあると言っても良いかと思います。
では、無線通信の方はどうなのでしょうか?

無線通信の最大のメリットは、インターネット環境を携帯出来ると言う点にあります。
ですから、自宅だろうが外出中だろうが関係なく、インターネットを利用する事が出来ます。

勿論、無線通信には回線工事の必要性もありませんので、モバイルWi-Fiルーターが届いた段階からインターネットを利用開始出来ます。
しかも、無線通信には回線工事費が必要ないですから、月額料金が有線通信よりも安くなります。

そんな無線通信のデメリットは何かないのかと言うと、速度制限にあります。
と言うのも、無線通信の場合には、1ヵ月に利用出来る通信量3日間で利用出来る通信量の両方が事前に決まっているのです。

そして、その通信量を超過してしまうと、一定期間の通信速度が遅くなってしまいます。

月間のデータ利用量による速度制限
無線通信の場合だと、決められた月間データ利用量を超過する事で速度制限の対象となる。

特にユーザーとして影響を受けるのが、3日間の通信量が10GBを超過した場合に適用される速度制限でしょう。
この10GBの通信量がピンと来ない方も多いかと思いますので、YouTubeの視聴時間に換算したデータをご紹介します。

10GB分YouTubeを視聴した場合の視聴時間の目安
YouTubeの画質レベル 視聴時間
超高画質動画 約7時間
高画質(HD)動画 約13時間
標準画質(SD)動画 約47時間
低画質動画 約83時間

と言う事で、この通信量を超過してしまう方だと、無線通信は注意が必要になります。
とは言え、速度制限の時間帯は夕方から真夜中に掛けての時間限定ですし、速度制限中でもYouTubeの標準画質レベルなら再生が可能となっています。

前日までの直近3日間のネットワーク混雑回避のための速度制限
無線通信で3日間の通信量が10GBを超過してしまった場合でも、速度制限が適用される時間帯は限定される。

ですので、ハード過ぎない普通の用途であれば、速度制限のある無線通信でも問題なく利用する事が出来ます。
ただ、速度制限中に動画をインターネット上へアップしたりするのは、かなり骨が折れる作業となってしまいます。

ですから、ごれらの情報を考慮しつつ、ご自身に合っているのは無線通信なのか有線通信なのかを判断しましょう。
ちなみに、私自身の経験から言えば、大体の方は無線通信でも支障なくインターネット環境を導入出来ると考えています。

無線通信、一軒家に向いているお勧めのサービスは?

ご紹介したように、大体の方は無線通信でも不自由なくインターネット環境を導入出来ます。
むしろ、有線通信だとデメリットが沢山ありますので、そちらの方を気にしなければならないかと思います。

と言う事で、ここからは無線通信の選択肢に絞ってお話を進めたいと思います。
冒頭でご紹介したように、無線通信には複数のサービスが存在します。

ドコモとUQコミュニケーションズとY!mobile
一軒家に無線通信を導入したいと決めても、まだ選択肢は数多く存在する。

もう一度復習をしてみましょう。
無線通信の選択肢で考えると、主に選択肢は次の4択に分類出来ます。

  • ドコモのモバイルWi-Fiルーター
  • UQコミュニケーションズのWiMAXサービス
  • Y!mobileのPocket WiFiサービス
  • SoftbankのSoftbank Airサービス

この他にも格安SIMを使ったサービスが存在しますが、有名な大手のサービスは上記4サービスとなります。

この中にあるドコモのモバイルWi-Fiルーターは、一番料金の高いパケットプランでも月間データ利用量の上限が30GBまでとなってしまいます。
しかも、料金の価格設定もずば抜けて高い為、選択肢としては真っ先に外れる形になってしまいます。

続いて、Softbank Airに注目したいのですが、通信し放題を堂々と売りにしているモバイルインターネットサービスとなります。

ですから、無線通信の中でも一際目立つ存在ではあるのですが、口コミサイト上での評判はあまり良くないです。

と言う事で、安心して利用したい方に対しては、手放しにSoftbank Airをお勧め出来ないです。
そうなると、残る選択肢はWiMAXサービスPocket WiFiサービスの2択になります。

このWiMAXサービスPocket WiFiサービスは、料金設定利用出来る通信量が同じです。
ですから、一見するとどちらでも変わらないかと思われます。

WiMAXとPocket WiFi
WiMAXサービスとPocket WiFiサービスは、似通ったサービスだと思われがち。

ところが、月間データ利用量の上限なく通信出来る通信エリアで比較すると、WiMAXサービスPocket WiFiサービスとでは明らかな違いが出て来るのです。
この部分は地図を比較して頂いた方が、明確に違いが分かるかと思います。

Pocket WiFiサービスとWiMAXサービスの通信エリアの違い
Pocket WiFiサービスで月間データ利用量の上限なく通信出来る範囲と言うのは、青紫色に塗られている範囲限定となる。

と言う事で、総合的なメリットで考えると、無線通信の中でもWiMAXサービスが一押しとなります。

こう言った理由から、私自身WiMAXサービスを選んで契約をしました。
そして、実際に快適なインターネット環境を導入する事が出来ています。

私自身の用途としては、基本的に一軒家へ据え置きをして、必要に応じてはインターネット環境を外へ携帯しています。
ですから、パソコンをインターネット接続させる事は勿論の事、スマートフォンのパケットの消費もなくす事が出来ています。

スマートフォンはWiMAX端末を経由して通信
スマートフォンのインターネット通信はWiMAX端末を経由する事で、パケットの消費がなくなる。

そんなWiMAXサービスではありますが、複数のWiMAX取扱店が存在します。
そして、既にご紹介しているように、私自身が契約しているのはBroad WiMAXになります。

ご紹介しているBroad WiMAXについて興味のある方は、次のボタンからキャンペーンサイトへと移動する事が出来ます。

数あるWiMAX取扱店の中でも、Broad WiMAXが一軒家のインターネットには向いている理由

ご紹介しているように、私自身が契約しているのはBroad WiMAXです。
でも、他にも色々なWiMAX取扱店が存在するのにも関わらず、なぜBroad WiMAXを選んだのか気になりませんか?

と言う事で、私がBroad WiMAXを選択した理由について、引き続きご紹介して行きます。

Broad WiMAXからWiMAX端末が配送されて来る。
私がWiMAXサービスの契約先としてBroad WiMAXを選んだのには、ちゃんとした理由がある。

数あるWiMAX取扱店ですが、契約後に利用出来る通信回線は全く同じです。
ですので、どのWiMAX取扱店の方が通信は安定しているだとか、通信速度が速くなるなどと言った差はありません。

その一方で、各WiMAX取扱店ごとに、実施中のキャンペーン内容が違って来ます。
ですから、全く同じWiMAX回線を契約する訳ですが、支払う料金は全く違って来る訳なのです。

そこで出て来る考え方が、最安値のWiMAX取扱店はどこなのかと言う疑問点でしょう。
ただ、この考え方をしていると、選択肢はキャッシュバックキャンペーンを実施しているWiMAX取扱店になってしまいます。

ちなみに、現在各WiMAX取扱店の実施しているキャッシュバックキャンペーンのランキングは、次のようになっています。

WiMAX取扱店のキャッシュバック額比較(2019年8月1日現在)
WiMAX取扱店 キャッシュバック額(最高額) いつ貰えるか
GMOとくとくBB WiMAX 2+ 35,000円 12ヵ月
BIGLOBE WiMAX 2+ 23,000円 7ヵ月
@nifty WiMAX 23,000円 12ヵ月
コミュファ光モバイル(UQ WiMAX 2+) 17,000円(※商品券) 6ヵ月
JPWiMAX 16,000円(※Amazonギフト券) 12ヵ月
UQ WiMAX 13,000円 4ヵ月
Drive WiMAX 2 10,000円 2ヵ月
ASAHIネット WiMAX 2+ 10,000円 13ヵ月
hi-ho WiMAX 6,000円 4ヵ月
DTI WiMAX 2+ 6,000円 13ヵ月

後ほどこれだけのキャッシュバックを貰えるのでしたら、かなり嬉しいキャンペーン特典ですよね?

ですが、実のところこのキャッシュバックは確実に貰えるものではありません。
と言うのも、大抵のキャッシュバックキャンペーンは約1年後にキャッシュバック手続きを必要としている為、手続き忘れで貰い損ねてしまう方が続出しているのです。

キャッシュバック手続きのプロセス
キャッシュバック手続きをうっかり忘れてしまうと、有効期限切れで貰えなくなる。

どれだけ高額なキャッシュバック額でも、貰えなければ何の意味もないですよね?
むしろ、貰えると思って期待を持たされていた分、損した気分になってしまいます。

でも、自分からキャッシュバックキャンペーンに申し込んでおきながら、キャッシュバック手続きを忘れてしまう事などあるのでしょうか?
その疑問に答えてくれるのが、以前光回線の代理店が公開していた統計情報になります。

キャッシュバック手続き開始月と実際に手続きを行った方の割合
手続き開始月 手続きを行った割合
6ヵ月目 6割
8ヵ月目 4~5割
10ヵ月目 3割

この統計情報に当てはめると、約1年後にキャッシュバック手続きを覚えていられる方の割合と言うのは、全体の3割もいないと言う事になってしまうのです。

こんなに低い確率のキャッシュバックキャンペーンに、あなたは魅力を感じるでしょうか?
ですので、安さと言う点だけを考慮するのではなく、適用される確実さと言う面も考慮しながらWiMAX取扱店は選びたいものです。

そうやってWiMAX取扱店を選ぶと選択肢に上がって来るのが、Broad WiMAXになる訳なのです。
なぜなら、Broad WiMAXは月額料金が割り引きされるタイプのWiMAX取扱店だからです。

ですので、後から手続きが必要となる事はなく、一番最初の請求額から割り引きが自動的に適用される形になって来ます。

月額料金が安くなる
Broad WiMAXと契約すると、一般的なWiMAX取扱店よりも最初の月額料金から安くなる。

そんなBroad WiMAXでWiMAXサービスの契約を行うと、どれだけ安くWiMAXサービスを利用出来るようになっているのでしょうか?
と言う事で、引き続きBroad WiMAXの魅力について、詳しくご紹介して行きたいと思います。

一軒家のインターネットをBroad WiMAXにした場合、どれだけお得になる?

ご紹介しているように、Broad WiMAXは月額料金が安いタイプのWiMAX取扱店になります。

WiMAXを安く利用出来る width=
Broad WiMAXと契約する事で、安くWiMAXサービスを利用出来るようになる。

そんなBroad WiMAXの月額料金がどれだけ安くなるのか、一般的なWiMAX取扱店の月額料金と比較をしてみましょう。
まずは、一般的なWiMAX取扱店の月額料金をご紹介します。

一般的なWiMAX取扱店の料金プラン
ご利用期間 Flatツープラスプラン Flatツープラス ギガ放題プラン
ご利用開始月 3,696円(日割り計算)
1~2ヵ月目 3,696円 3,696円
3ヵ月目~ 4,380円

続いては、Broad WiMAXの月額料金をご紹介します。

Broad WiMAXの月額最安プラン
ご利用期間 ライトプラン ギガ放題プラン
ご利用開始月 2,726円(日割り計算)
1~2ヵ月目 2,726円 2,726円
3~24ヵ月目 3,411円
25ヵ月目~ 3,326円 4,011円

そう、契約先を変えるだけで、全く同じWiMAX回線をこれだけ安く契約する事が出来る訳なのです。

一般的なWiMAX取扱店とBroad WiMAXの月額料金の差額
ご利用期間 ライトプラン ギガ放題プラン
ご利用開始月 970円(日割り計算)
1~2ヵ月目 970円 970円
3~24ヵ月目 969円
25ヵ月目~ 370円 339円
37ヵ月目までの合計差額 28,690円 28,296円

ですので、確実にお得な条件でWiMAXサービスを利用したいのであれば、Broad WiMAXをお勧めします。

そんなBroad WiMAXのキャンペーンサイトへは、次のボタンから移動する事が出来ます。
Broad WiMAXを一軒家に導入するかどうか検討してみたくなった場合には、一度ご覧になってみて下さい。

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

君得ネット|聞いて得する情報サイトの注目記事を受け取ろう

一軒家のインターネット回線はどこと契約するのがお勧め?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

君得ネット|聞いて得する情報サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

コメントを残す


CAPTCHA


関連記事

  • スマホとWi-Fiルーターを組み合わせて使うメリットってあるの?

  • 安いのに便利!携帯出来るWi-Fiルーターと携帯電話の組み合わせ、このパターンがベスト!

  • 自宅用の無線インターネットサービスの魅力と、有名なサービスを比較

  • WiMAXサービスだと、1日の通信量はどれ位利用出来る?

  • 分かりやすく解説!携帯出来るモバイルWi-Fiルーター、接続の仕組みはどうなっているの?

  • モバイルWi-Fiルーターのキャッシュバックキャンペーン、お勧めは?

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。