1. TOP
  2. インターネット
  3. インターネット回線もセットで!自宅のWi-Fi環境を作る上で、お勧めなWi-Fiルーターは?

インターネット回線もセットで!自宅のWi-Fi環境を作る上で、お勧めなWi-Fiルーターは?

 2018/08/06 インターネット   12 Views
この記事のタイトルとURLをコピーする
インターネット回線もセットで!自宅のWi-Fi環境を作る上で、お勧めなWi-Fiルーターは?

自宅に設置したいお勧めのWi-Fiルーター

自宅のインターネット環境として、お勧めなのは?

宅にインターネット環境と考える際に、光回線の契約をする方法がこれまでは一般的でした。
そして、光回線無線LANルーターとを繋ぐ事で、Wi-Fi環境を作る事が出来ます。

光回線
光回線と無線LANルーターを繋ぐ事で、自宅内にWi-Fi環境を作る事が出来る。

ただし、この方法だと回線工事が必要になります。
ですので、回線工事の順番待ちとして、数週間待たされてしまう事もザラにあります。

また、最初のうちだけではなく、引っ越しの度にインターネットを利用出来なくなる期間が発生してしまいます。
そう考えると、光回線は利便性と言う面で問題のあるサービスであると言えるでしょう。

自宅にインターネット環境と考える際に、もう1つの選択肢があります。
それが、Wi-Fiルーターを導入すると言う方法になります。

このWi-Fiルーターは基地局との間で無線通信を行いますので、回線工事などは必要ありません。
ですので、基地局からの電波が届く通信エリア内であれば、Wi-Fiルーターを使って通信を行えます。

モバイルインターネット
Wi-Fiルーターは無線を利用し、基地局からの電波が届くエリア内であれば無線通信を行える。

つまり、Wi-Fiルーターが配送されて来たら、すぐにインターネットを利用開始出来るようになると言う訳なのです。
また、Wi-Fiルーターを持ち運べば、契約した建物の中でなくてもインターネットを利用出来ます。

ですので、今の時代は、自宅のインターネット環境であっても光回線よりWi-Fiルーターの方がお勧めとなります。
そんなWi-Fiルーターですが、自宅に据え置きするタイプとして特化しているホームルーターも登場しています。

そんなホームルーターにはバッテリーが内蔵されていませんから、コンセントのない場所では通信する事が出来ません。
その代わりに、内蔵されているアンテナの大きさがモバイルルーターよりも大きく、また、通信パフォーマンスに特化した作りとなっています。

コンセント
ホームルーターはコンセントのない場所で通信する事が出来ないものの、通信パフォーマンスは高い。

この自宅に据え置きするのにぴったりなホームルータータイプのWi-Fiルーターについて、詳しくご紹介して行きます。
ぜひ、参考にしてみて下さい。

  • 光回線無線LANルーターとを繋ぐ事で、Wi-Fi環境を作る事が出来る。
  • 光回線の導入には回線工事が必要となる為、光回線は利便性と言う面で問題のあるサービスであると言える。
  • Wi-Fiルーターは基地局との間で無線通信を行う為、回線工事などは必要ない。
  • Wi-Fiルーターを持ち運べば、契約した建物の中でなくてもインターネットを利用出来る。
  • ホームルーターはコンセントのない場所で通信する事が出来ないものの、アンテナのサイズが大きくて通信パフォーマンスも高い。

ホームルーターとしてお勧めなWi-Fiルーターは?

ホームルーターを検討する際に、まずはドコモの回線を利用するのかauの回線を利用するのか、SoftBankの回線を利用するのかの3択となります。
この中のドコモの通信回線の場合、たっぷり通信出来て料金も割安と言うようなサービスはありません。

月間データ利用量の上限がないサービスもあるにはあるのですが、3日間で利用出来る通信量が他の通信回線と比べて少ないと言う欠点を持っています。
ですので、どうしてもドコモの通信回線を利用したいと言うこだわりがないのであれば、auSoftBankの通信回線に絞った方が良いです。

では、auの通信回線に対応しているホームルーターには何があるのかと言うと、Speed Wi-Fi HOME L01s(HWS32)と言うWiMAX端末がそれに該当します。
そして、Flatツープラス ギガ放題プランと言う料金プランに申し込んでおけば、標準のハイスピードモードに対する月間データ利用量の上限がありません。

Speed Wi-Fi HOME L01s(HWS32)
Speed Wi-Fi HOME L01s(HWS32)はWiMAXサービスに対応しているホームルーター。

一方、Softbankの通信回線に対応しているホームルーターとしては、SoftBank AirのAriターミナル3が該当します。
そんなSoftbank Airの特徴としては、速度制限がないと言う点になります。

Airターミナル3
SoftBankの通信回線に対応しているホームルーターとしては、SoftBank AirのAirターミナル3が挙げられる。

そう、Softbank Airであれば、月間データ利用量の上限はおろか、3日間の合計通信量に対する速度制限も存在しないのです。
実際、私はSoftBankのショップで店員に質問しましたが、速度制限はありませんとの事でした。

と言う事で、自宅用のWi-Fiルーターを検討中の方は、WiMAXサービスのSpeed Wi-Fi HOME L01s(HWS32)かSoftBank AirのAriターミナル3が選択肢となります。

さて、ここで気になって来るのが、Speed Wi-Fi HOME L01s(HWS32)Airターミナル3のどちらを選べば良いのかと言う疑問点でしょう。
と言う事で、続いてはSpeed Wi-Fi HOME L01s(HWS32)Airターミナル3を比較して行きます。

  • ドコモの通信回線の場合、たっぷり通信出来て料金も割安と言うようなサービスはない。
  • auの通信回線に対応しているSpeed Wi-Fi HOME L01s(HWS32)は、Flatツープラス ギガ放題プランに申込む事でハイスピードモードに対する月間データ利用量の上限がなくなる。
  • Softbankの通信回線に対応しているAriターミナル3は、月間データ利用量の上限はおろか3日間の合計通信量に対する速度制限も存在しない。

Speed Wi-Fi HOME L01s(HWS32)とAirターミナル3を比較

Speed Wi-Fi HOME L01s(HWS32)とAirターミナル3、たっぷりと通信出来るのは?

前述したように、Speed Wi-Fi HOME L01s(HWS32)には月間データ利用量の上限がないFlatツープラス ギガ放題プランと言う料金プランが存在します。
ただし、Flatツープラス ギガ放題プランに申し込んでいる方であっても、3日間で利用出来る通信量は10GBまでと決まっています。

ですので、3日間の合計通信量が10GBを超えてしまうようなヘビーユーザーは、Speed Wi-Fi HOME L01s(HWS32)が向いてないと言う事になります。
ここで、10GBの通信量の感覚をつかんで頂く為に、YouTubeの視聴時間に換算したデータをご紹介します。

10GB分YouTubeを視聴した場合の視聴時間の目安
YouTubeの画質レベル 視聴時間
超高画質動画 約7時間
高画質(HD)動画 約13時間
標準画質(SD)動画 約47時間
低画質動画 約83時間

そして、この通信量を超えてしまうと、18時から翌2時に掛けての通信速度は概ね1Mbpsに制限されてしまいます。
この概ね1Mbpsの通信速度ですが、YouTubeの標準画質レベルの視聴が可能な通信速度です。

YouTubeの通常画質動画
3日間の合計通信量が10GBを超えてしまったとしても、YouTubeの標準画質レベルの動画であれば視聴は可能。

ただし、YouTubeの高画質動画の視聴は出来なくなってしまいますので、綺麗な画質での動画の視聴は厳しいと思って下さい。
つまり、夕方から夜に掛けての時間帯で高画質動画の視聴を行う方であれば、3日間の合計通信量に気を付ける必要が出て来ます。

それに対して、Softbank AirのAirターミナル3には速度制限がありません。
ですから、たっぷりと通信するようなヘビーユーザーの場合でしたら、Softbank Airを検討してみてはいかがでしょうか?

そんなSoftbank Airの取扱店としては、確実に貰えるキャッシュバックキャンペーンを実施している株式会社NEXTがお勧めです。
この株式会社NEXTについてはキャンペーンサイトで詳しくご紹介されていますから、興味のある方は併せてご覧になってみて下さい。

Speed Wi-Fi HOME L01s(HWS32)とAirターミナル3、評判が良いのは?

ご紹介しているSoftbank AirのAirターミナル3ですが、速度制限がありませんので、さぞや評判は良いだろうと思う事でしょう。
ですが、実際に口コミサイト上の投稿を読んでいると、通信速度面で不満を持つユーザーがそれなりにいます。

と言うのも、Airターミナル3の下り最大通信速度は350Mbps出るのですが、これはあくまでも数値上の話であって、実際に出る通信速度ではないからです。
実際に口コミサイト上の投稿を読んでいると、夜間の時間帯での下り最大通信速度に不満を持つ声もあります。

例えば、動画の読み込みが遅過ぎてまともに視聴出来ないだとか、ネットゲームは無理だとか言う声を見掛けます。
ですから、いくら速度制限のないSoftbank Airであったとしても、混雑する時間帯の通信速度は悩ましい問題となっているようです。

通信速度が遅い
速度制限のないSoftbank Airであっても、混雑する時間帯の通信速度は悩ましい問題。

一方、Speed Wi-Fi HOME L01s(HWS32)の下り最大通信速度は440Mbpsですから、Airターミナル3よりも通信速度が速いです。
実際に使っていても、実用上必要な通信速度は十分に備わっています。

ですので、日常的に動画を視聴するようなハードな使い方の場合だと、Speed Wi-Fi HOME L01s(HWS32)の方がスムーズに視聴出来る形となります。

ご紹介しているWiMAXSoftbank Airの各サービスですが、通信エリアにも違いがあります。
と言う事で、引き続き各サービスの通信エリアの違いについてご紹介します。

  • Softbank AirのAirターミナル3の下り最大通信速度は350Mbpsだが、口コミサイトでは夜間の時間帯での通信速度に対する不満の声が投稿されている。
  • Speed Wi-Fi HOME L01s(HWS32)の下り最大通信速度は440Mbpsなので、Airターミナル3よりも通信速度が速い。

Speed Wi-Fi HOME L01s(HWS32)とAirターミナル3、通信エリアが広いのは?

Speed Wi-Fi HOME L01s(HWS32)Airターミナル3を比較する上で、通信エリアの広さが大きく異なります。
と言うのも、Softbank Airの対応する通信エリアは非常に狭く、Pocket WiFiで言うアドバンスモードに対応しているエリアでしか通信出来ないからです。

実際、Softbank Airの契約をする際に通信エリアの確認を行うのですが、私の住んでいるエリアは圏外になっていました。
そこでは、普通にWiMAXサービスを利用する事が出来るエリアなのです。

では、実際にWiMAXサービスSoftbank Airとでどれだけ通信エリアに差があるのか関東圏を例にご紹介したいと思います。
ちなみに、地図ではPocket WiFiサービスの通信エリアを表していますが、青紫色に塗られている範囲がSoftbank Airにも対応している範囲となります。

Pocket WiFiサービスとWiMAXサービスの通信エリアの違い
Softbank Airが対応する通信エリアとWiMAXサービスの通信エリアとでは、広さに雲泥の差がある。

この範囲の違いをご覧頂ければ、通信エリアの差は一目瞭然かと思います。
ですから、通信範囲と言う面を考慮した上でも、Speed Wi-Fi HOME L01s(HWS32)の方がAirターミナル3よりも安心感あります。

さて、安心感のあるWiMAXサービスですが、実はよりお得な条件で契約出来る方法があるのをご存知でしょうか?
と言う事で、最後にWiMAXサービスをお得な条件で契約出来る方法についてご紹介します。

  • Softbank Airの対応する通信エリアは非常に狭く、Pocket WiFiで言うアドバンスモードに対応しているエリアでしか通信出来ない。
  • 通信範囲と言う面を考慮すると、Speed Wi-Fi HOME L01s(HWS32)の方がAirターミナル3よりも安心感ある。

Speed Wi-Fi HOME L01s(HWS32)をお得な条件で契約する方法

ご紹介しているSpeed Wi-Fi HOME L01s(HWS32)ですが、お得な条件で契約出来る方法があります。
それが、Broad WiMAXから申込む方法となります。

と言うのも、Broad WiMAXでは独自の月額最安プランと言う料金プランを用意しており、一般的なWiMAX取扱店よりも安い価格設定となっているからです。
実際、私自身Broad WiMAXと契約をし、安い月額料金でサービスを利用出来ています。

Broad WiMAX
Broad WiMAXと契約すると、安い月額料金でサービスを利用出来るようになる。

そんなBroad WiMAXに関しては、キャンペーンサイトでより詳しくご紹介されています。
ですので、Broad WiMAXに興味のある方は、そちらも併せてご覧下さい。

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

君得ネット|聞いて得する情報サイトの注目記事を受け取ろう

インターネット回線もセットで!自宅のWi-Fi環境を作る上で、お勧めなWi-Fiルーターは?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

君得ネット|聞いて得する情報サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
お勧めのインターネットグッズ

あなたのインターネット環境をより良くする為に、お勧めのインターネットグッズをご紹介します。
ぜひ参考にして頂いて、より快適なインターネット環境を手に入れて下さい。


回線工事不要でインターネット環境を携帯出来るBroad WiMAX

広い通信エリアでたっぷり通信を行いたいのであれば、WiMAXサービスがお勧めです。
と言うのも、WiMAXサービスは無線通信を使ったインターネットサービスですから、インターネット環境を自由に携帯出来るようになります。


そんなWiMAXサービスの中でも、特にBroad WiMAXがお勧めです。
なぜなら、Broad WiMAXでは月額最安プランと言うオリジナルの料金プランを採用しており、安い月額料金でサービスを利用出来るからです。


Broad WiMAX
WiMAXサービスは、Broad WiMAXお月額最安プランが安上がりでお勧め。

ですから、Broad WiMAXに興味のある方は、Broad WiMAXのキャンペーンサイトをご覧下さい。





Broad WiMAXを速度制限なしで利用出来る方法

ご紹介しているBroad WiMAXですが、普通の使用方法では3日間に10GBまでしか通信出来ません。
その理由ですが、速度制限のないノーリミットモードに対応している端末がラインナップから消えたからです。


ですが、Amazonや楽天ではまだノーリミットモードに対応しているWiMAX端末を取り扱っていますから、それを購入する事で速度制限のないインターネット環境が手に入ります。
ちなみに、ノーリミットモードに対応しているモバイルルータータイプのWiMAX端末を購入したい方には、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15がお勧めとなります。


>>Amazonでノーリミットモード対応機種を探す


>>楽天市場でノーリミットモード対応機種を探す


一方、ノーリミットモードに対応しているホームルータータイプのWiMAX端末を購入したい方には、URoad-Home2+がお勧めとなります。


>>AmazonでURoad-Home2+を探す


>>楽天市場でURoad-Home2+を探す


ただし、今のWiMAX端末に使われているSIMカードはau Nano IC Card 04 LEで、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15やURoad-Home2+に使われるSIMカードはau Micro IC Card(LTE)です。
ですので、WiMAX端末に挿入するSIMカードのサイズが異なります。


au Micro IC Card(LTE)とau Nano IC Card 04 LE
au Micro IC Card(LTE)とau Nano IC Card 04 LEはサイズが異なる。

ですから、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15やURoad-Home2+にau Nano IC Card 04 LEを挿入する為には、SIMカードの変換アダプタの購入も必要となって来ます。


au Nano IC Card 04 LEをau Micro IC Card(LTE)へ変換するアダプタ
au Nano IC Card 04 LEをau Micro IC Card(LTE)へ変換するアダプタが存在する

このSIMカードの変換アダプタもAmazonや楽天で購入出来ますので、一緒に購入すると良いです。


>>AmazonでMicroSIMとNano SIMの変換アダプタを探す


>>楽天でMicroSIMとNano SIMの変換アダプタを探す


実際にau Nano IC Card 04 LEへSIMカードの変換アダプタを装着すると、サイズはau Micro IC Card(LTE)と同じになりました。


SIMカードの変換アダプタでau Nano IC Card 04 LEがau Micro IC Card(LTE)サイズに
SIMカードの変換アダプタを装着すれば、au Nano IC Card 04 LEはau Micro IC Card(LTE)と同じサイズになる。

ただ、実際にau Nano IC Card 04 LEで古いWiMAX端末のノーリミットモードを利用出来るのか半信半疑の方もいるでしょう。
と言う事で、URoad-Home2+au Nano IC Card 04 LEを挿入してみます。


au Nano IC Card 04 LEをURoad-Home2+に挿入する
au Nano IC Card 04 LEをURoad-Home2+に挿入する。

そしてURoad-Home2+の電源を入れると、実際にノーリミットモードで通信を始めました。


URoad-Home2+のノーリミットモード
au Nano IC Card 04 LEを挿入した場合であっても、ノーリミットモードでの通信は行える。

ちなみに、購入した変換アダプタは何度でも取り外しが可能ですので、必要に応じて最新のWiMAX端末に差し替える事が出来ます。
つまり、通信速度が必要な時は最新のWiMAX端末を、速度制限を避けたい時にはWi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15やURoad-Home2+を使い分けると言った賢い選択が出来るようになります。


WiMAX端末にau Nano IC Card 04 LEを挿入
通信速度が必要な場面では、最新のWiMAX端末にau Nano IC Card 04 LEを挿入する。

と言う事で、Broad WiMAXを使っていて速度制限がキツいと言う方に関しては、ノーリミットモードの活用をお勧めします。


※追記
2018年9月3日に、UQコミュニケーションズから「旧WiMAXサービスの提供終了に伴うWiMAX 2+機器への機種変更のお願い」が発表されました。
発表によると、WiMAX回線は2020年の3月31日で停波になるとの事です。


ですので、ご紹介したノーリミットモードを使う事によって速度制限を回避する方法は、2020年の3月31日までの期間限定で使える方法になります。
と言う事で、古いWiMAX端末を購入する方は、2020年の4月以降は使えなくなる事を承知した上で購入して下さい。


Broad WiMAXとUQ mobileの組み合わせでキャッシュバックをゲット!

Broad WiMAXと契約するのであれば、スマートフォンのSIMカードをUQ mobileのSIMカードと差し替えるのをお勧めします。
と言うのも、インターネット環境をBroad WiMAXへと乗り換える事で、スマートフォンのインターネット通信もBroad WiMAXを経由する形になります。


その結果、スマートフォンのパケットは全く消費しなくなってしまうのです。
それでしたら、わざわざ高い携帯電話会社との契約を続けるよりも、月額料金の安いUQ mobileへ乗り換えた方がスマホ代を大きく浮かせる事が出来るようになります。


UQ mobileとiPhone SE
スマートフォンのSIMカードをUQ mobileへと乗り換える。

しかも、Broad WiMAXを運営している株式会社Link Life経由UQ mobileの契約を行えば、Broad WiMAXとの同時契約で25,000円ものキャッシュバックを貰える形になっているのです。
WiMAXサービスUQ mobileのセットキャンを実施しているのはBroad WiMAXだけですから、ぜひとも活用したい魅力的なキャンペーンと言えます。


Broad WiMAXと組み合わせて、お得に快適なインターネット環境を手に入れて下さい。





関連記事

  • 安くて便利!マンションのWi-Fi環境にはこのサービスがベスト!

  • えっ!まだあなたはプロバイダの実質料金の比較をしているのですか?

  • 分かりやすく解説!携帯出来るモバイルWi-Fiルーター、接続の仕組みはどうなっているの?

  • 契約前に読んでおきたい!一人暮らしのWi-Fi環境、ルーター選びのコツは?

  • 1択問題!一人暮らしでWi-Fiを設置するなら?

  • モバイルWi-Fiルーターの契約先としてお勧めの会社はどこ?

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。