1. TOP
  2. インターネット
  3. 自宅のインターネットを安い月額料金に抑えたい。そんな時お勧めは?

自宅のインターネットを安い月額料金に抑えたい。そんな時お勧めは?

 2019/03/25 インターネット   80 Views
自宅のインターネットを安い月額料金に抑えたい。そんな時お勧めは?

自宅のインターネットが安い月額料金で良くなるサービスとは?

自宅のインターネット料金を安く抑えたい時にベストな選択肢は?

宅のインターネット料金は、出来るだけ安く抑えたい。インターネット回線の契約先を選ぶ上で、そう考える方は非常に多いです。

ただ、インターネット回線の使用を提供するサービスは現在多岐に渡り、それらを全て把握するのは非常に困難です。例えば、光回線1つ考えても、数多くの提供会社と数多くのプロバイダが存在します。

そして、各提供会社やプロバイダごとに異なる料金設定、異なるキャンペーンを実施している為、それらの組み合わせを選ぶのは非常に大変だったりします。しかも、今のインターネット回線は、光回線1種類だけではありません。

インターネットの契約先選び
インターネットの契約先の選択肢は多岐に渡る為、その中から1つを選び抜くのが非常に困難。

更に大変なのが、それぞれの選択肢ごとに実施されているキャンペーン特典の内容は、毎月変更になると言う点です。ですので、せっかくそれぞれの取扱店で実施中のキャンペーン特典の内容を覚えたとしても、翌月には何の役にも立たなくなってしまいます。

そこでまず考えたいのが、固定回線にしたいのか無線通信にしたいのかの2択を選ぶと言う手順になります。この2択の中から片方を選んでしまえば、数百以上ある選択肢を半分程度に減らす事が出来ます。

ちなみに、昔からある一般的なサービスは、光回線やADSLなどの固定回線の方になります。そして、無線通信の方は、比較的新しい通信技術になります。

その中の固定回線と契約する場合だと、回線使用料だけではなく、様々な追加料金が発生してしまう形になってしまいます。具体的には、プロバイダ料金回線工事費無線LANルーターのレンタル料金オプション料金などと言った料金が、追加で発生してしまいます。

光回線
固定回線の契約を行うと、色々な形で追加料金も支払わされる形となる。

しかも、固定回線の回線工事にはわざわざ立ち会う必要があり、休日での回線工事には別途3,000円の工事加算金が追加で発生してしまいます。この工事加算金を支払いたくない方の場合だと、平日に有給を取って、わざわざ回線工事に立ち会わなければならなくなってしまいます。

そんな固定回線の回線工事には数週間から数ヵ月の順番待ちが発生する為、それも大きなストレスだったりします。この部分に関しては、Twitter上でのユーザーの声をご覧頂いた方が現実味あるかと思います。

しかも、やっと回線工事日が来ると思った所で、その回線工事日を延期されてしまうようなケースもあったりします。

このように、固定回線は、導入するまでのハードルが高かったりします。ですので、今すぐインターネット環境を導入したいと言う方には、固定回線はお勧め出来ません。

また、固定回線は、回線工事を行った建物の中だけでしかインターネットを利用する事が出来ません。その為、後ほど引っ越しを行う場合だと、全く同じ問題が再び出て来てしまいます。

と言う事で、固定回線の利便性は良いとは言えず、しかも、あれこれと追加料金が発生するインターネットサービスだったりします。それに対して、無線通信ならこう言った問題が発生しませんから、自宅のインターネット回線としては無線通信の方がお勧めであると言えます。

自宅のインターネットを安い月額料金で利用したいのなら、無線通信の方がお勧め出来る理由

ご紹介したように、自宅のインターネット回線としては、固定回線よりも無線通信の方がお勧めです。その理由として一番大きいのが、回線工事を必要としない無線通信を利用する部分でしょう。

また、無線通信にはプロバイダが存在しませんので、プロバイダ料金も支払う必要はありません。更に、無線通信の通信端末自体にWi-Fi機能が組み込まれていますから、別途無線LANルーターをレンタルする必要性もありません。

モバイルインターネット
無線通信の中からインターネットの契約先を選ぶ事で、固定回線が持っているデメリットを回避する事が出来るようになる。

こう言った諸々の理由から、自宅のインターネットを安く導入したいのであれば、無線通信がお勧めであると言えます。そんな無線通信ですが、現在は次の4種類に分類する事が出来ます。

  • ドコモのモバイルWi-Fiルーター
  • UQコミュニケーションズのWiMAXサービス
  • Y!mobileのPocket WiFiサービス
  • SoftbankのSoftbank Air

この中で、私自身が契約しているのはBroad WiMAXと言うWiMAXサービスになります。なぜ、数あるインターネット回線の中でも私がBroad WiMAXと契約しているのか、引き続きご紹介したいと思います。

ちなみに、Broad WiMAXで実施中のキャンペーンサイトへは、次のボタンから移動する事が出来ます。ですので、Broad WiMAXについて詳しく知りたい方は、一度ご覧になってみて下さい。

自宅のインターネットを安く抑えるのにBroad WiMAXがお勧め出来る理由

数ある無線通信の中でも、なぜWiMAXサービスがお勧め出来る?

ご紹介したように、自宅のインターネットを安い月額料金で抑えたいのであれば、固定回線よりも無線通信の方がお勧めとなります。そんな無線通信には4種類のサービスが存在するものの、その中でもWiMAXサービスが特にお勧めとなります。

ドコモとUQコミュニケーションズとY!mobile
無線通信の中から1つ選ぶのであれば、WiMAXサービスが一押しとなる。

その理由について理解して頂く為には、各無線通信のサービス内容WiMAXサービスの内容を比較して行く作業が必要となって来ます。と言う事で、まずはドコモのモバイルWi-FiルーターWiMAXサービスを比較して行きたいと思います。

あなたがドコモのモバイルWi-Fiルーターと契約をすると、次の料金プランが適用される形になります。

ドコモのモバイルWi-Fiルーターの月額料金
項目 月額料金
データプラン(ルーター) 1,200円
mopera U シンプルプラン 200円
パケットパック 2,900~8,000円
シェアオプション 500円
合計額 1,900~9,400円

この中にあるシェアオプションとは、ドコモでスマートフォンや携帯電話を契約中の方が利用出来るオプションサービスになります。そんなドコモのシェアオプションに申し込むと、あなたが契約中のスマートフォンや携帯電話で利用出来るパケットを、そのままモバイルWi-Fiルーターとも共有出来るようになります。

ドコモのモバイルWi-Fiルーターの料金プラン
ドコモのシェアオプションに加入すると、スマートフォンや携帯電話のパケットをモバイルWi-Fiルーターにもシェア出来るようになる。

その結果、モバイルWi-Fiルーター側で、新たにパケットパックの契約を行わなくても良くなると言う訳なのです。従って、スマートフォンや携帯電話側でパケットが余っているのに、モバイルWi-Fiルーター側のパケットが足らないなどと言った無駄は出なくなります。

ただし、新たにモバイルWi-Fiルーターで通信した分のパケット量スマートフォンや携帯電話で利用出来る分のパケットから差し引かれるようなります。ですから、パケット代としては、以前よりも請求額が増えてしまいます。

その一方で、ドコモで携帯電話やスマートフォンの契約をしていない方に対しては、モバイルWi-Fiルーターに対してパケットパックの契約をする必要性が出て来ます。そんなドコモのパケットパックでは、あなたが利用したパケット量に応じて月額料金が高くなるベーシックパックを採用しています。

ドコモのベーシックパックの月額料金
月間データ容量 月額料金
1GB 2,900円
3GB 4,000円
5GB 5,000円
20GB 7,000円

ただ、あなたが月に5GBより多く通信するのであれば、ドコモのベーシックパックよりもパケット定額サービスの方に申し込んでおいた方が安上がりだったりします。

ドコモのパケット定額サービスの月額料金
パケットパック 月間データ容量 月額料金
ウルトラデータLパック 20GB 6,000円
ウルトラデータLLパック 30GB 8,000円

ご覧頂いたように、ドコモのモバイルWi-Fiルーターを契約する場合には、最大でも月に30GBまでしか通信する事は出来ません。また、その時の月額料金は9,400円もしてしまう為、ドコモのモバイルWi-Fiルーターは通信量の割に高い価格設定となっています。

そんなドコモのモバイルWi-Fiルーターに対して、WiMAXサービスの料金プランは次のようになっています。

WiMAXサービスの料金プラン
ご利用期間 Flatツープラスプラン Flatツープラス ギガ放題プラン
ご利用開始月 3,696円(日割り計算)
1~2ヵ月目 3,696円 3,696円
3ヵ月目~ 4,380円

ちなみに、月額料金の安いFlatツープラスプランは、月間データ利用量の上限が7GBまでの料金プランとなっています。

月間のデータ利用量による速度制限
Flatツープラスプランの月額料金は安いものの、月に7GBまでしか通信出来なくなる。

それに対して、Flatツープラス ギガ放題プランの方は、標準のハイスピードモードに対する月間データ利用量の上限がありません。

WiMAXサービスの月間のデータ利用量
通信モード Flatツープラスプラン Flatツープラス ギガ放題プラン
ハイスピードモード 7GB
ハイスピードプラスエリアモード 7GB

と言う事で、ドコモのモバイルWi-Fiルーターと比較して、UQコミュニケーションズのWiMAXサービスなら安い月額料金でたっぷりと通信を行う事が出来ます。

続いては、SoftbankのSoftbank Airについてご紹介します。SoftbankのSoftbank Airはホームルーターとなっていて、コンセントの近くにしか設置する事が出来ません。

その代わりに、SoftbankのSoftbank Airには速度制限がありません。これはSoftbank Airのホームページ上に表記されている事ですから、間違いのない部分です。

ただ、実際のSoftbank Airに対する評判はあまり良くなく、Twitterで口コミを検索してみると悪評ばかりが目立つ印象だったりもします。

ですので、速度制限がないと言う点は非常に魅力的ではあるのですが、Softbank Airはお勧め出来るインターネット回線だとは言えません。

最後に残ったY!mobileのPocket WiFiサービスについては、次の料金プランで契約する事が出来ます。

Pocket WiFiの料金プラン(Y!mobile)
料金プラン データプランS Pocket WiFiプラン2 ライト Pocket WiFiプラン2
月額料金 1,980円 2,480円 3,696円
月間のデータ利用量 1GB 5GB 7GB
アドバンスオプション料 非対応 684円

この中のPocket WiFiプラン2で契約してアドバンスオプションにも申し込むと、Pocket WiFiのアドバンスモードを利用出来るようになります。そして、Pocket WiFiをアドバンスモードへと切り替えると、Pocket WiFiに対する月間データ利用量の上限が撤廃されるようになります。

Pocket WiFiサービスで利用出来る通信量
Pocket WiFiをアドバンスモードへと切り替えると、月間データ利用量の上限が撤廃されるようになる。

つまり、Y!mobileのPocket WiFiサービスであれば、WiMAXサービスと同額の月額4,380円で、月間データ利用量の上限なくインターネットを利用出来るようになると言う訳なのです。この部分だけ見ると、WiMAXサービスPocket WiFiサービスの契約条件は、全く同じに見える事でしょう。

ただし、Pocket WiFiをアドバンスモードへと切り替えると、標準のFDD-LTE通信が利用出来なくなってしまいます。従って、Pocket WiFiサービスで月間データ利用量の上限なく通信出来るエリアと言うのは、非常に限られた範囲のみとなってしまう訳なのです。

そんなPocket WiFiサービスに対して、WiMAXサービス標準のハイスピードモードに対する月間データ利用量の上限がありません。と言う事で、利便性を考えるのであればPocket WiFiサービスよりもWiMAXサービスの方がお勧めとなります。

ちなみに、WiMAXサービスPocket WiFiサービスの通信エリアを比較したものが、次の地図になります。

Pocket WiFiサービスとWiMAXサービスの通信エリアの違い
Pocket WiFiサービスのアドバンスモードに対応している通信エリアは、青紫色に塗られている範囲のみとなる。

これらの理由から、現在無線通信の契約を行うのであれば、WiMAXサービスが一番お勧めであると言えるでしょう。そんなWiMAXサービスの中で私が契約先として選んでいるのは、Broad WiMAXと言うWiMAX取扱店になります。

なぜ、自宅のインターネット回線としてBroad WiMAXがお勧めなのかについては、引き続きご紹介して行きます。ちなみに、Broad WiMAXのキャンペーンサイトをご覧になりたい方については、次のボタンから移動する事が出来ます。

各WiMAX取扱店の中でも、Broad WiMAXをお勧めする理由

ご紹介しているように、私自身が契約中なのはBroad WiMAXと言うWiMAX取扱店になります。なぜ私がBroad WiMAXと契約しているのかと言うと、月額料金の設定金額が安いからです。

月額料金が安いBroad WiMAX
Broad WiMAXは月額料金の設定金額が安いので、毎月の支払いの度に負担を感じる事がなくなる。

では、Broad WiMAXの月額料金がどれだけ安いのか、一般的なWiMAX取扱店の料金プランと比較をしてみましょう。まずは、一般的なWiMAX取扱店の月額料金をご紹介します。

一般的なWiMAX取扱店の料金プラン
ご利用期間 Flatツープラスプラン Flatツープラス ギガ放題プラン
ご利用開始月 3,696円(日割り計算)
1~2ヵ月目 3,696円 3,696円
3ヵ月目~ 4,380円

それに対して、Broad WiMAXの料金プランは次のようになっています。

Broad WiMAXの月額最安プラン
ご利用期間 ライトプラン ギガ放題プラン
ご利用開始月 2,726円(日割り計算)
1~2ヵ月目 2,726円 2,726円
3~24ヵ月目 3,411円
25ヵ月目~ 3,326円 4,011円

このように、WiMAXサービスの契約先を変えただけで、全く同じWiMAXサービスを安く契約する事が出来るようになります。その金額差はそれなりの金額になりますから、Broad WiMAXで契約しないのは非常に勿体ないです。

一般的なWiMAX取扱店とBroad WiMAXの月額料金の差額
ご利用期間 ライトプラン ギガ放題プラン
ご利用開始月 970円(日割り計算)
1~2ヵ月目 970円 970円
3~24ヵ月目 969円
25ヵ月目~ 370円 339円
37ヵ月目までの合計差額 28,690円 28,296円

ちなみに、月額料金が安いWiMAX取扱店としては、カシモ WiMAXと言うWiMAX取扱店も有名だったりします。そんなカシモ WiMAXの料金プランは、次の通りです。

カシモ WiMAXの新端末プランの月額料金
ご利用期間 カシモ WiMAX 2+ ライトプラン(7GB) カシモ WiMAX 2+ ギガ放題プラン
初月~1ヵ月目 1,380円
2~24ヵ月目 2,980円 3,580円
25ヵ月目~ 3,379円 4,079円

一見するとカシモ WiMAXの月額1,380円は安そうに見えるものの、3年間の総額で計算するとBroad WiMAXの方が安上がりになります。

Broad WiMAXとカシモ WiMAXの月額料金を比較(37ヵ月目まで)
WiMAX取扱店名 ライトプラン ギガ放題プラン
Broad WiMAX 108,062円 131,352円
カシモ WiMAX 111,848円 134,048円

と言う事で、月額料金の安さを考えるのであれば、Broad WiMAXの方がお勧めとなります。ただし、Broad WiMAXは業界最安値のWiMAX取扱店ではありません。

と言うのも、WiMAX取扱店の中には、高額なキャッシュバックキャンペーンを実施している所もあるからです。そして、そう言ったWiMAX取扱店でWiMAXサービスの契約を行った方が、結果的には安上がりになります。

キャッシュバックキャンペーン
高額なキャッシュバックキャンペーンを実施しているWiMAX取扱店と契約する事で、Broad WiMAXよりも安くWiMAXサービスを利用する事が出来るようになる。

ちなみに、現在実施されている各WiMAX取扱店のキャッシュバック額は、次のようになっています。

WiMAX取扱店のキャッシュバック額比較(2019年12月2日現在)
WiMAX取扱店 キャッシュバック額(最高額) いつ貰えるか
GMOとくとくBB WiMAX 2+ 34,700円 12ヵ月
BIGLOBE WiMAX 2+ 15,000円 2ヵ月
Drive WiMAX 2 10,000円 2ヵ月
JPWiMAX 10,000円(※Amazonギフト券) 12ヵ月
ASAHIネット WiMAX 2+ 10,000円 13ヵ月
DTI WiMAX 2+ 6,000円 13ヵ月
UQ WiMAX 3,000円 2ヵ月

これだけのキャッシュバック額が後から戻って来る訳ですから、Broad WiMAXの割り引き額よりもお得感が出て来ます。

そうは言っても、キャッシュバックキャンペーンに申し込んでキャッシュバックを受け取る為には、指定されている期間内でのキャッシュバック手続きが必要となって来ます。そして、約1年後でのキャッシュバック手続きを前提条件にしているWiMAX取扱店も多く、そう言ったWiMAX取扱店ではキャッシュバック手続きを忘れてしまう方が続出していると言う現実もあったりします。

このように、キャッシュバックを貰い損ねてしまう方が大勢出て来る為、キャッシュバックキャンペーンは強気なキャッシュバック額設定をする事が出来ていると言う裏事情があったりもします。もし契約者全員が忘れずにキャッシュバック手続きを行ったとしたら、この手の高額キャッシュバックは成り立たなくなるでしょう。

でも、自分からキャッシュバックキャンペーンに申し込んでおいて、わざわざキャッシュバック手続きの事を忘れてしまう人など本当にいるのでしょうか?この事を表した統計情報を、以前光回線の代理店が公開をしていました。

キャッシュバック手続き開始月と手続きを行った方の割合
手続き開始月 手続きを行った割合
6ヵ月後 6割
8ヵ月後 4~5割
10ヵ月後 3割

この統計情報をそのまま参考にすると、約1年後にキャッシュバック手続きを覚えていられる方と言うのは、全体の3割にもならない計算となります。どれだけ高額なキャッシュバックキャンペーンであっても、貰えなければ何の意味もないですよね?

ですから、確実に安くWiMAXサービスを利用したいのであれば、キャッシュバックキャンペーンを実施しているWiMAX取扱店よりもBroad WiMAXの方をお勧めします。と言う事で、自宅のインターネット料金を安く抑えたいのであれば、契約先としてBroad WiMAXを選ぶのをお勧めします。

そんなBroad WiMAXのキャンペーンサイトへは、次のボタンから移動する事が出来ます。ぜひ、一度ご覧になってみて下さい。

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

君得ネット|聞いて得する情報サイトの注目記事を受け取ろう

自宅のインターネットを安い月額料金に抑えたい。そんな時お勧めは?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

君得ネット|聞いて得する情報サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

コメントを残す


CAPTCHA


関連記事

  • モバイルWi-Fiルーター、本当にお勧めの利便性高いサービスはどれ?

  • Wi-Fiを速い通信速度で利用したい。そんなあなたにお勧めなサービス

  • GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバック特典とNTTドコモを比較

  • SoftBankのWi-Fiルーター、料金はいくら?よりお得な条件と安い料金で契約出来る方法があるって本当!?

  • インターネットのプロバイダ料金、安くするのにお勧めはどこが良い?

  • これだけ読めばOK!家のWi-Fi環境として、最もお勧め出来るインターネットサービスは?

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。