1. TOP
  2. インターネット
  3. モバイルWi-Fiルーターの契約先はどこが良い?後悔のない選び方とは?

モバイルWi-Fiルーターの契約先はどこが良い?後悔のない選び方とは?

インターネット   20 Views
モバイルWi-Fiルーターの契約先はどこが良い?後悔のない選び方とは?

※現在お勧めのモバイルインターネットサービスは、利便性の関係で断トツクラウドSIMになります。
当サイトの古い記事ではWiMAXPocket WiFiSoftbank AirXiなどもお勧めしていますが、現在は事情が変わっています。

ですので、余程の事情がない限りは、クラウドSIMの中から契約先を選ぶようにした方が良いです。

モバイルWi-Fiルーターの契約先選びに潜む罠

モバイルWi-Fiルーターの契約先を選ぶ上で、その数の多さに圧倒される方は多いかと思います。
実際私自身もそうで、業界に詳しくなかった頃はどこが良いのか検討もつかなかったです。

あれから8年間業界の動向を見続けて来ましたが、モバイルWi-Fiルーターの選び方にはコツがあります。

インターネットの契約先選び
モバイルWi-Fiルーターの契約先を選ぶ上で、抑えるべきポイントがある。

インターネット上にはモバイルWi-Fiルーターの比較サイトが多く存在します。

ですが、その中で信用に足る情報発信をしているサイトは、ほんの一握りしか存在しません。
大半のサイトは、読者が業界には詳しくない事に付け込んで、あまり良くないサービスを実際よりも良く見せて、「騙されるな!」と言ったキャッチコピーで無理やり押し売りをしている光景を何度も見て来ました。

この手のサイトが本当に良くないサービスを押し売りしている理由ですが、そのサービスから紹介料の特別単価を貰っているからです。
ですから、今押し売りしているサービスよりも良い内容のサービスが新たに登場しているのにも関わらず、報酬の高さから、今までプッシュして来たサービスの方をプッシュし続けるしかないのです。

悪質サイト
この手の「騙されるな」系のサイトの場合、自分自身は一度も使った事がない新しいサービスに対して、想像で批判記事を書いていたりする。

読者の利便性よりも自分の利益を追求している訳ですので、私からすると読者を「騙している」のはあなた自身でしょうと言いたくなったりします。
そう言う世の中に対して迷惑なサイトが横行している現状ですので、こうして正しい情報発信を自分が行う事にしました。

読者を食い物にして、自分は利益を貪っているようなサイトに「騙され」たくない方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

モバイルWi-Fiルーターの契約先はどこが良い?

冒頭でご紹介したように、モバイルWi-Fiルーターの契約先選びにはコツがあります。
まず、世の中に横行している間違った選び方についてですが、実質料金を比較しているような情報はアテにしてはダメです。

と言うのも、あの実質料金ほどアテにならない情報はないからです。
例えば、ほんの一部の人しか貰えていないキャッシュバックを貰える事前提で計算に入れて、実質料金として記載されていたりします。

キャッシュバックが貰えず
私自身も経験あるが、実質料金が安いから契約したのに、キャッシュバックを貰えずに高く付いたなんて方は大勢いる。

また、実質料金に、初期費用端末代金契約事務手数料などは意図的に含まれていないケースも多いです。
とにかく、実質料金と言う言葉が出て来たら、何か都合良く手を加えられている情報だと疑って掛かった方が良いです。

そう言った業界の闇の部分もあるのですが、その話以前に、料金だけでモバイルWi-Fiルーターの契約先を選んではいけません。
それよりも大事なのが、利便性の部分となります。

この利便性の部分を隠して、安かろう悪かろう的なモバイルWi-Fiルーターを押し売りしている比較サイトの多さと言ったら、うんざりするほど存在します。
ですが、モバイルWi-Fiルーター選びで重要なのは、安さの部分ではありません。

不便なインターネット環境
どれだけ安いインターネットサービスであっても、不便だと意味がない。

もう一度書きますが、モバイルWi-Fiルーターの契約先を選ぶ上で、重要なのは利便性の方です。
と言う事で、引き続きモバイルWi-Fiルーター選びをする上での利便性の部分についてご紹介します。

モバイルWi-Fiルーターは通信速度で選ぶな!?

ご紹介したように、モバイルWi-Fiルーター選びで重要なのは、料金ではなく利便性の部分です。
このモバイルWi-Fiルーターの利便性の部分ですが、業界で従来からプッシュされて来たのは通信速度の部分です。

実際、WiMAXPocket WiFiの紹介ページをご覧頂くと、通信速度が大々的にアピールされていたりします。
下り最大通信速度が1Gbps(1,000Mbps)超えなどと言った風に、通信速度の速さが高性能に繋がるかのような見せ方をしていたりします。

ですが、ここでハッキリ書きますと、こんな通信速度など実用上必要ありません。
実際には、15Mbpsほどの通信速度が出ていれば、日常使いに問題などはありません。

モバイルルータータイプのWiMAX端末
下り最大通信速度が1Gbps(1,000Mbps)超えのモバイルWi-Fiルーターも続々と登場しているものの、正直そんなに速くしてどうするのと言った印象もある。

WiMAXをプッシュしているサイトの記事を読んでみて下さい。
速度制限後でも概ね1Mbpsの通信速度は確保されるので、実用上気にならないと書かれていたりします。

実際の1Mbpsの通信速度は結構不便ではありますが、業界で言われている必要な通信速度などその程度で十分なのです。
ですから、下り最大通信速度が1Gbps出てようが、100Mbpsしかなかろうが、日常の使い勝手はあまり変わらなかったりします。

そう、通信速度のプッシュは、業界のまやかしだったりするのです。
モバイルWi-Fiルーターのより高性能さを演出する為の便利な数値だけだったりしますので、そこまで重要視しないようにしましょう。

ここで、私自身が同時刻に測定した、WiMAXクラウドSIMの実際の通信データをご紹介します。
この時測定に使ったモバイルWi-Fiルーターですが、WiMAXの方は下り最大通信速度が440Mbpsのもので、クラウドSIMは下り最大通信速度が150Mbpsのものを使用しています。

WiMAXサービスとどんなときもWiFiの通信速度の比較
上がBroad WiMAX、下がどんなときもWiFiの通信速度の計測データ。

さて、実際の測定データをご覧頂くと、変わらないのがお分かりになるかと思います。
下り最大通信速度は3倍ほどの開きがあるのですが、実測値はほとんど変わりません。

この事からも、モバイルWi-Fiルーター通信速度で選ぶ愚かさが見て取れるかと思います。

では、モバイルWi-Fiルーターの利便性を測る上で、どの部分に着目すれば良いのでしょうか?
と言う事で、引き続きモバイルWi-Fiルーターの賢い選び方をご紹介します。

モバイルWi-Fiルーターの賢い選び方

モバイルWi-Fiルーターを選ぶ際に、最も重要視して頂きたいのは利用出来る通信量になります。
もっと具体的に言うのであれば、速度制限のないサービスを選ぶのがポイントとなります。

ドコモとUQコミュニケーションズとY!mobile
モバイルWi-Fiルーターを選ぶ際に、速度制限があるサービスは避けるようにする。

この時に、インチキの無制限プランには騙されないようにしましょう。
例えば、WiMAXをプッシュしているサイトの中には、勝手に無制限プランと名付けて、いかにも速度制限がないかのように見せているサイトも多く存在します。

ですが、WiMAXには無制限プランなど存在しません。
どのような使い方をしたとしても、WiMAXで利用出来る通信量には上限があります。

具体的には、3日間で利用出来る通信量には10GBまでの上限が定められていたりするのです。
この通信量が結構厳しくて、私自身6年間WiMAXを使っていましたが、毎日が速度制限の対象となっていました。

【利用通信量のお知らせ】データ量通知サービス
WiMAXの速度制限は、意外と簡単に引っ掛かる。

そんなWiMAXの10GB制限の事を緩いと謳っているサイトも多いですが、実際のユーザーの声は速度制限に対する怒りの声が多いです。

このように、WiMAXの速度制限は割と厳しいです。
少なくとも、実用レベルは確保出来ません。

ですから、見せ掛けの無制限プランではなく、実際に速度制限のないサービスを選ぶのがポイントとなって来ます。
この条件でモバイルWi-Fiルーターを選ぶとなると、現時点での選択肢はクラウドSIMがお勧めとなります。

このクラウドSIMですが、特定のSIMカードに依存するのではなく、クラウドサーバー上にあるSIMカードがその都度割り当てられる仕組みとなっています。
ですから、特定の通信量で速度制限が実施される事はなく、実質上無制限に通信する事が出来る仕組みになっているのです。

SIMカード
クラウドSIMを利用すると、ドコモ、au、Softbankの3種類のSIMカードの中から、その都度最適なSIMカードが割り当てられる仕組みとなっている。

この話を聞くと、少し胡散臭い感じがする方もいるかもしれません。
実際、私自身もそうで、クラウドSIMが業界に登場した当初は、半信半疑で様子を伺っていました。

ただ、WiMAXの通信状態が悪いエリアに引っ越したのをキッカケに、ダメ元でクラウドSIMどんなときもWiFiへの乗り換えを行ったのです。
そして、クラウドSIMへと乗り換えた後は、実際に速度制限から開放される事になりました。

uCloudlink D1
胡散臭いと疑いつつ契約をしたクラウドSIMだったが、実際に速度制限はなくて驚いた。

WiMAXでは毎日速度制限の対象者だった私が、速度制限を気にする事がなくなったのです。
ですから、この部分は信用して頂いても大丈夫です。

実際に、WiMAXからクラウドSIMへと乗り換えをしている方は大勢います。

この手の口コミは、Twitterで検索をすると沢山出て来ます。
彼らも証人になりますので、ぜひ安心して頂いて大丈夫です。

さて、私自身が契約中のどんなときもWiFiが気になる方は、次のボタンから公式サイトをご覧になってみて下さい。

クラウドSIMには複数の取扱店が!

ご紹介したように、クラウドSIMはかなり利便性が高いです。
ですから、ユーザーがどんどんクラウドSIMへと流れていて、時代はWiMAXからクラウドSIMへと移っています。

uCloudlinkのD1
クラウドSIMの利便性が世間で認知されて来るに連れて、WiMAXの速度制限に不満を持つユーザーが続々とクラウドSIMへと乗り換えを行っている。

そんなトレンドに便乗した企業もどんどん増えていて、2019年の後半から、クラウドSIMの取扱店がどんどん増えて来ています。
私がクラウドSIMの取扱店を選んでいた頃は、NOZOMI WiFiどんなときもWiFiの2択しかありませんでした。

ですが、この記事を書いている現時点では、複数のクラウドSIM取扱店が存在しています。
そこで気になって来るのが、クラウドSIM取扱店ごとに何が違うのかと言う点についてでしょう。

まず、共通なのは月額料金通信エリア通信速度の部分です。
その一方で、異なる部分としてはサポート対応先料金プラン利用出来るモバイルWi-Fiルーターの機種の部分が挙げられます。

このモバイルWi-Fiルーターの機種の部分もちょっとしたポイントで、ディスプレイの有無アプリの有無最大同時接続数の部分が違って来ます。
そして、同時接続数の部分が、実際にクラウドSIMを使っている自分としては重要視して頂きたいポイントになります。

GlocalMe G4
各クラウドSIM取扱店ごとに、モバイルWi-Fiルーターの機種とその性能が違って来る。

私が契約しているどんなときもWiFiだと、同時接続数は5台までしかありません。
これが地味に不便で、自分1人の用途で全部埋まってしまいます。

ですから、人を家に呼ぶ際には、Wi-Fiを貸してあげる事が出来ないのです。
家族数人で暮らす人となると、5台では足りない事でしょう。

この先、スマート家電が世の中に普及していきます。
そうなると、1人の用途としても、5台は厳しいのではないかと思います。

Pocket WiFiのWi-Fi通信
何台同時に通信出来るのかと言う点については、この先重要なポイントとなって来る。

ですが、クラウドSIM取扱店の中には、同時接続数が多いモバイルWi-Fiルーターを採用しているところも存在します。
ここで、クラウドSIM取扱店ごとの、同時接続数を比較した一覧表があります。

各クラウドSIM取扱店の最大同時接続数比較
クラウドSIM取扱店 最大同時接続数
NOZOMI WiFi 5台
どんなときもWiFi
Mugen WiFi
限界突破WiFi 8台
めっちゃWiFi 5台
hy-fi
クラウドWiFi
hi-ho GoGo Wi-Fi
FUJI WiFi

このように、同時接続数クラウドSIM取扱店を選ぶのであれば、限界突破WiFiがお勧めとなります。
と言う事で、利便性でモバイルWi-Fiルーターを選ぶのであれば、限界突破WiFiを選ぶのが良いです。

クラウドSIMの選び方
しっかりと利便性を調べ上げると、現時点でお勧めなモバイルWi-Fiルーターは限界突破WiFiとなる。

モバイルWi-Fiルーターはどこが良いのか迷っている方は、ぜひ参考にしてみて下さい。
そんな限界突破WiFiの公式サイトへは、次のボタンから移動する事が出来ます。

出来るだけ安くクラウドSIMを利用したいと言う方にお勧めは?

ご紹介したように、利便性で選ぶのであれば、モバイルWi-Fiルーター限界突破WiFiがお勧めです。
ただ、同時接続数が5台でも十分だと言う方も、読者の中にはいる事でしょう。

どんなときもWiFiで使用するuCloudlinkのD1
同時接続数が5台もあれば十分だと言う方であれば、限界突破WiFiがベストな選択肢だとは言えなくなる。

そう言う方であれば、月額料金の安さクラウドSIM取扱店を選ぶのもありです。
と言う事で、クラウドSIM取扱店の月額料金の比較表を作成してみました。

各クラウドSIM取扱店の月額料金比較
クラウドSIM取扱店 2年間 3年目~
NOZOMI WiFi 4,480円
どんなときもWiFi 3,480円 3,980円
Mugen WiFi 3,280円
限界突破WiFi 3,500円
めっちゃWiFi 3,480円
hy-fi 3,880円
クラウドWiFi 3,380円
hi-ho GoGo Wi-Fi 3,355円
FUJI WiFi 3,980円

このように、月額料金の安さクラウドSIM取扱店を選ぶのであれば、お勧めはMugen WiFiになります。
同じクラウドSIMを利用するのに、これだけ月額料金に開きがあります。

ですから、少しでも負担を減らしたい方にはお勧めです。
そんなMugen WiFiの公式サイトへは、次のボタンから移動する事が出来ます。

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

君得ネット|聞いて得する情報サイトの注目記事を受け取ろう

モバイルWi-Fiルーターの契約先はどこが良い?後悔のない選び方とは?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

君得ネット|聞いて得する情報サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

コメントを残す


CAPTCHA


関連記事

  • インターネット回線のプロバイダの乗り換え、よりお得なのってどこ?

  • Wi-Fi環境を持ち歩きたいあなたが契約すべきサービスはこれ!

  • お勧めプロバイダをランキングサイトで見付けるより、もっと重要な事

  • SoftBankのWi-Fiルーター、料金はいくら?よりお得な条件と安い料金で契約出来る方法があるって本当!?

  • 【比較】一人暮らしのWi-Fi環境、SoftBankのサービスでお勧めは?

  • Pocket WiFi VS WiMAX VS ドコモのLTE。実用上一番お勧めなのは?

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。