1. TOP
  2. インターネット
  3. 【必見】ブロードバンド通信の行えるWi-Fi環境を比較。お勧めは?

【必見】ブロードバンド通信の行えるWi-Fi環境を比較。お勧めは?

インターネット   6 Views
【必見】ブロードバンド通信の行えるWi-Fi環境を比較。お勧めは?

ブロードバンド通信が行えるWiFi環境を手に入れる方法とは?

ブロードバンド通信に対応したWi-Fi環境、どうすれば手に入る?

ブロードバンドとは、従来のナローバンドと比べて、高速で大容量通信を行える回線の事を指します。

ただ、このくくりはかなり昔使われていたもので、通信技術が進化している今となっては、もはや時代遅れの区分であるとも言えます。
と言うのも、現在契約出来るインターネット回線は、全てブロードバンドだと思って良いからなのです。

ちなみに、ブロードバンドと言えば、従来は光回線が主流でした。
ですが、無線通信を行うモバイルWi-Fiルーターも登場しました。

モバイルインターネット
今は有線通信だけではなく、電波を使った無線通信の時代にもなって来ている。

そんなモバイルWi-Fiルーターは、バッテリーを内蔵しています
ですので、好きな場所へインターネット環境を持ち運び出来ると言うメリットを持っています。

それに対して、光回線だと自宅でしかインターネットを利用出来ず、導入の際には回線工事が必要だと言うデメリットも大きかったりします。
この光回線回線工事が面倒で、光回線よりもモバイルWi-Fiルーターの方を選ぶと言う方も増えて来ています。

固定回線におけるインターネットの仕組み
光回線のWi-Fi環境は、回線工事を行った建物の中だけに限られてしまう。

ただ、モバイルWi-Fiルーター光回線よりも通信速度が遅めです。
また、モバイルWi-Fiルーターで通信し過ぎると、速度制限が実施されてしまうと言うデメリットもあったりします。

とは言え、モバイルWi-Fiルーターの通信技術も、年々向上して来ています。
そして、光回線としては一般的な1Gbpsの通信速度を超える機種も、続々と登場して来ていたりするのです。

また、モバイルWi-Fiルーター最大の欠点である速度制限に関しても、速度制限なしを掲げるクラウドSIMを使ったサービスが増えて来ていたりします。
と言う事で、現在のインターネット回線の主流は、光回線からモバイルWi-Fiルーターへと移って来ていると言っても過言ではありません。

そう言う業界の流れを踏まえつつ、ブロードバンド通信に対応したWi-Fi環境を手に入れる方法についてご紹介して行きます。
ぜひ最後までご覧頂いて、あなたにとってベストなWiFi環境を手に入れて下さい。

モバイルWi-Fiルーター、現時点でのお勧めは?

冒頭でご紹介したように、ブロードバンド通信に対応したWi-Fi環境としては、現在モバイルWi-Fiルーターがお勧めとなります。
そんなモバイルWi-Fiルーターにも複数の種類があり、各サービスによって、手に入る通信環境に違いが出て来ます。

ドコモとUQコミュニケーションズとY!mobile
モバイルWi-Fiルーターは、契約するサービスによって通信環境が違って来る。

また、続々と新しいモバイルWi-Fiルーターも登場して来ていて、お勧め出来るモバイルWi-Fiルーターはその時々で変化して来ていたりもします。
ちなみに、現在有名なモバイルインターネットサービスとしては、次の5種類のサービスが挙げられます。

  • ドコモのモバイルWi-Fiルーター
  • UQコミュニケーションズ(au)のWiMAXサービス
  • Y!mobile(Softbank)のPocket WiFiサービス
  • SoftbankのSoftbank Air
  • グッド・ラックのどんなときもWiFi

そんなモバイルWi-Fiルーターについて語っている私自身はと言うと、まずはUQ WiMAXが最初のモバイルWi-Fiルーターの契約先となりました。

UQ WiMAX
サポート対応面をしっかりして欲しかったので、最初の契約先にはUQ WiMAXを選んだ。

その後、月額料金の安いBroad WiMAXへと乗り換えを行いました。

Broad WiMAX
同じWiMAXサービスを安く利用出来る、Broad WiMAXへと乗り換えを行った。

ただ、最初は速度制限のなかったWiMAXサービスですが、年々速度制限の規制を厳しくして来ていると言う流れがあったりします。
そして、今となっては実用レベルとは言い難いほど速度制限が厳しくなった為、速度制限なしを掲げているどんなときもWiFiへと乗り換えを行いました。

どんなときもWiFi
速度制限がないと言う事で、Broad WiMAXと同じグループ会社が運営しているどんなときもWiFiへと乗り換えた。

このように、モバイルWi-Fiルーターについては実体験を元に語る事の出来る私が、有名な各モバイルインターネットサービスについてメリットとデメリットをご紹介して行きたいと思います。
ちなみに、私自身が契約中のどんなときもWiFiについて気になると言う方は、次のボタンから公式サイトをご覧になってみて下さい。

有名な各モバイルインターネットサービス、メリットとデメリットをご紹介

ドコモのモバイルWi-Fiルーターのメリットとデメリットとは?

ドコモのモバイルWi-Fiルーターを契約する場合、一番のメリットとしては通信速度が挙げられます。
と言うのも、ドコモで取り扱うWi-Fi STATIONと言うモバイルWi-Fiルーターは、常に他社の先を行く通信スペックを持っているからです。

Wi-Fi STATION HW-01L
ドコモのWi-Fi STATIONは、競合他社よりも高い通信スペックが特徴となる。

例えば、この記事を書いている現時点での通信速度を他社と比較してみると、次のようになります。

各モバイルインターネットサービスの通信速度を比較
通信サービス 下り最大通信速度 上り最大通信速度
ドコモ 1,288Mbps 131.3Mbps
WiMAX 1,237Mbps 75Mbps
Y!mobile 988Mbps 37.5Mbps
どんなときもWiFi 150Mbps 50Mbps

と言う事で、より高速で通信したいと言う方には、ドコモのモバイルWi-Fiルーターがお勧めとなります。

ただし、ドコモのモバイルWi-Fiルーターの契約を行うと、月間データ利用量の上限は最大30GBまでとなります。
ですので、高速通信を必要とするような動画の視聴やネットゲーム用途だと、全然通信量が足りません。

速度制限
ドコモのモバイルWi-Fiルーターを使っていると、比較的速度制限に引っ掛かりやすい。

また、ドコモのモバイルWi-Fiルーターは、月額料金が高いです。

ギガライトの料金プラン
通信量 月額料金
1GB 2,980円
3GB 3,980円
5GB 4,980円
7GB 5,980円

このように、ドコモのギガライトに申し込んだ場合には、月にたった7GBまでしか通信出来ない状態で月額5,980円も請求されてしまいます。
また、月に30GBまで通信出来るギガホに申し込んだ場合だと、月額料金は6,980円も取られてしまいます。

負担額
ドコモのモバイルWi-Fiルーターだと、維持するコストも高くなる。

と言う事で、ドコモのモバイルWi-Fiルーターの月額料金は、他社よりもかなり高い料金設定となっています。
この部分が、ドコモのモバイルWi-Fiルーターを選ぶ際の最大のデメリットと言えるでしょう。

WiMAXサービスのメリットとデメリットとは?

WiMAXサービスのメリットとしては、安い月額料金月間データ利用量の上限なく通信出来ると言う点になります。
そんなWiMAXサービスの料金プランは、次のようになっています。

WiMAXサービスの料金プラン
ご利用期間 Flatツープラスプラン Flatツープラス ギガ放題プラン
ご利用開始月 3,696円(日割り計算)
1~2ヵ月目 3,696円 3,696円
3ヵ月目~ 4,380円

この中のFlatツープラス ギガ放題プランに申し込む事で、月間データ利用量の上限なく通信出来るようになります。
その一方で、Flatツープラスプランに申し込んだ方に関しては、月間データ利用量の上限は7GBまでとなります。

月間のデータ利用量による速度制限
月額料金の安いFlatツープラスプランだと、7GBを超過した段階で月末まで速度制限が実施されてしまう。

いずれにせよ、ドコモのモバイルWi-Fiルーターと比べれば、圧倒的にWiMAXサービスの方が安い事はお分かり頂けるかと思います。
そんなWiMAXサービスのデメリットとしては、3日間の合計通信量が10GBまでしかないと言う部分になります。

この通信量は、下り通信上り通信の合計通信量で計算されます。
ですので、動画やネットゲームの用途で利用すると、割と簡単に速度制限に掛かってしまいます。

前日までの直近3日間のネットワーク混雑回避のための速度制限
3日間の合計通信量が10GBを超過すると、夕方から深夜に掛けて速度制限を実施されてしまう。

インターネット上では、WiMAXサービスの速度制限は緩いから気にしなくても良いと主張しているサイトもありますが、あれは嘘です。
私自身6年間WiMAXサービスを使い続けて来ましたが、年々速度制限がキツくなって来ました。

そして、3日間の合計通信量が10GBまでの速度制限が登場してからは、これは実用レベルにないと思うようになったのです。
と言うのも、速度制限後の通信速度は概ね1Mbpsしかなく、用途が制限される通信速度になったからです。

YouTubeの標準画質レベルであれば視聴は出来ますが、動画配信サービスによっては再生が出来ない通信速度だったりするのです。
また、インターネット上にあるファイルをダウンロードする際には、ダウンロード時間が1日とか表示される状況になるのです。

このような速度制限が実施されるのにも関わらず、速度制限は緩いから気にしなくても良いと言えるのでしょうか?

【利用通信量のお知らせ】データ量通知サービス
私自身は、動画を視聴していない日でも毎日速度制限の対象者となっていた。

実際、WiMAXサービス速度制限が緩くないと思っているのは、私だけではありません。
Twitter上での口コミを調べてみれば、今のWiMAXサービス速度制限がキツいと言う意見は沢山見付ける事が出来ます。

と言う事で、ある程度ガッツリと通信する方だと、WiMAXサービスでは速度制限に苦しめられるリスクが出て来ます。
ですので、そう言う方の場合だと、速度制限のないモバイルWi-Fiルーターを選ぶようにしたいものです。

Pocket WiFiサービスのメリットとデメリットとは?

Pocket WiFiサービスは、WiMAXサービスと良く似たサービスとなっています。
ですから、料金プランの設定金額利用出来る通信量には、差などありません。

WiMAXとPocket WiFi
WiMAXサービスとPocket WiFiサービスは、競合サービスとして互いに速度制限のルールや価格設定を寄せている。

そんなY!mobilePocket WiFiサービスですが、料金プランは次のようになっています。

Pocket WiFiの料金プラン
料金プラン データプランS Pocket WiFiプラン2 ライト Pocket WiFiプラン2
月額料金 1,980円 2,480円 3,696円
月間のデータ利用量 1GB 5GB 7GB
アドバンスオプション料 非対応 684円

この中のアドバンスオプションに申し込んでアドバンスモードを利用すれば、月間データ利用量の上限なく通信出来るようになります。
ただ、WiMAXサービス同様に、3日間の合計通信量は10GBまでとなります。

Pocket WiFiサービスで利用出来る通信量
Pocket WiFiをアドバンスモードへと切り替える事で、月間データ利用量の上限なく通信出来るようになる。

とは言え、WiMAXサービスよりも速度制限の実施時間は1時間短く、18時から翌1時までが速度制限の対象となります。
ここが、Pocket WiFiサービスのメリットと言える部分です。

ただし、Pocket WiFiアドバンスモードへと切り替える事で、メインのFDD-LTE通信は利用出来なくなります。
ですので、Pocket WiFiの通信速度は遅くなり、対応出来る通信エリアも限定的となってしまいます。

アドバンスモード
Pocket WiFiをアドバンスモードへと切り替える事で、利用出来る通信帯域が限定的となる。

ここで、Pocket WiFiサービスのアドバンスモードと、WiMAXサービスの通信エリアを比較した地図をご紹介します。

Pocket WiFiサービスとWiMAXサービスの通信エリアの違い
Pocket WiFiのアドバンスモードが対応している通信エリアは、青紫色に塗られている範囲限定となる。

この部分が、Pocket WiFiサービス最大のデメリットであると言えます。
また、利用出来る通信量はWiMAXサービスと同様ですから、ミドルユーザーの用途までしか対応出来ません。

と言う事で、ヘビーユーザーの方がPocket WiFiサービスの契約をしてしまうと、速度制限に悩まされてしまう事となります。
ですから、速度制限がないモバイルWi-Fiルーターを選ぶようにしましょう。

Softbank Airのメリットとデメリットとは?

Softbank Airは、ホームルータータイプのモバイルWi-Fiルーターになります。
つまり、バッテリーを内蔵していませんから、コンセントの近くにしか設置する事は出来ません。

SoftBank Airはコンセントが必要
コンセントのない場所では、Softbank Airを使用する事は出来ない。

また、車内のコンセントや外出先の建物内のコンセントを使ってSoftbank Airを利用する事も、規約上出来ません。
もしこれを破ってしまうと、Softbankから警告の通知書が届きます。

そして、最悪の場合には、中途解約と言う形で契約解除になってしまいます。
ですので、Softbank Air自体は無線通信を利用しますが、固定回線のようなものと考えても良いかもしれません。

そんなSoftbank Air最大のメリットは、速度制限がないと言う部分になります。
ですので、光回線のように、たっぷりと通信を楽しむ事が出来ます。

言うなれば、回線工事が必要のない光回線のようなものでしょうか?
ですので、ご覧になった方によっては、Softbank Airに興味を持たれた方もいる事でしょう。

以前の私もそうで、WiMAXサービスの速度制限に散々悩まされた結果、Softbankのショップへ行ってSoftbank Airの契約をしようとしました。
ところが、自分の住んでいる場所はSoftbank Airのサービスエリア外で、結果的に契約出来なかったのです。

後に分かった事なのですが、実はSoftbank Airの通信エリアはそんなに広くはないです。

ですから、Softbank Airを契約したいと思っても、そもそも電波が来ていないと言う方もそれなりに出て来ます。
ここは引っ越しの多い方だと、結構心配になる部分だと思います。

引っ越しトラック
Softbank Airは、引っ越しの多い方だと不向きなサービスになる。

また、Softbank Airは、ユーザーからの評判があまり良くないと言う点も不安材料の一つになります。
ここで、Twitter上のSoftbank Airに対する口コミをピックアップしてみましょう。

このように、Twitter上でSoftbank Airと検索してみると、悪評がずらずらと出て来ます。
ですので、サービスとして大丈夫なのか、とても不安を感じる部分になります。

私が契約中のどんなときもWiFiのメリットとデメリットとは?

私自身がどんなときもWiFiを選んだ2つの理由

ご紹介しているように、WiMAXサービスPocket WiFiサービスだと、3日間の合計通信量は10GBまでが上限となります。
一応、Softbank Airであれば無制限に通信出来るものの、ユーザーからの評判は良くないです。

また、私の場合ですと、Softbank Airは通信エリア外となっていました。
そんな中でどうしようかと思っている最中、どんなときもWiFiと言うサービスの人気が徐々に高まって来ていたのです。

と言うのも、WiMAXサービスの速度制限のルールが改悪となり、通信量と言う点で不満を持つユーザーが増えて来ていました。
そんな中で登場したどんなときもWiFiでは、速度制限なしを掲げていたのです。

本当に大丈夫なのかと半信半疑で動向を見守っていましたが、ユーザーの評判も悪くはなく、私自身もWiMAXサービスから乗り換える事にしたのです。
実際にどんなときもWiFiへと乗り換えてみてどうだったのかと言うと、速度制限はありませんでした。

私自身は毎日WiMAXサービスの速度制限対象者となっていた訳ですが、月に700GB以上通信しても速度制限は実施されていません。
ですので、どんなときもWiFiには速度制限がないと言う部分は、本当だと思って大丈夫でしょう。

uCloudlink D1
どんなときもWiFiで月間データ利用量の上限が700GBを超えているが、速度制限は実施された事がない。

また、どんなときもWiFiクラウドSIMと言う仕組みを採用していて、クラウドサーバー上でSIMカードが割り当てられる仕組みとなっています。
そのSIMカードなのですが、ドコモauSoftbankのSIMカードが用意されています。

そう、どんなときもWiFiはトリプルキャリアに対応していますので、超広大な通信エリアに対応していると言う訳なのです。
この部分は実際に体感として分かるレベルで、WiMAXサービスでは圏外表示となっていた場所であっても、普通に通信する事が出来ています。

SIMカード
どんなときもWiFiユーザーであれば、特定のSIMカードに縛られない。

と言う事で、通信量通信エリアの広さと言う2つの安心感を享受したい方には、どんなときもWiFiがお勧めとなります。
そんなどんなときもWiFiに興味が湧いて来た方は、次のボタンから公式サイトをご覧になってみて下さい。

どんなときもWiFiのデメリットはデメリットと言える?

ご紹介しているどんなときもWiFiですが、デメリットとなる部分はないのか気になる方もいる事でしょう。
と言う事で、どんなときもWiFiのデメリットについて、アラ探しをしてみたいと思います。

uCloudlinkのD1
実際の利用者として分かる、どんなときもWiFiのデメリットは?

どんなときもWiFiのデメリットとして挙げるのであれば、通信速度の部分が挙げられます。
既にドコモのモバイルWi-Fiルーターの部分でご紹介はしていますが、再び各モバイルWi-Fiルーターの通信速度を再確認してみましょう。

各モバイルインターネットサービスの通信速度を比較
通信サービス 下り最大通信速度 上り最大通信速度
ドコモ 1,288Mbps 131.3Mbps
WiMAX 1,237Mbps 75Mbps
Y!mobile 988Mbps 37.5Mbps
どんなときもWiFi 150Mbps 50Mbps

このように、メーカー発表の通信速度を確認してみると、どんなときもWiFiが断トツで遅い事はお分かり頂けるかと思います。

そこで気になって来るのは、どんなときもWiFiの通信スペックでも実用レベルはあるのかどうかと言う部分に関してでしょう。
その答えですが、余裕で実用レベル以上あります。

インターネット業界では、売れると言う理由でより速い通信速度を常に追い求めています。
ですが、以前の光回線の通信速度が100Mbpsだった事からもお分かり頂けるように、既に各サービスの通信速度はオーバースペックだったりするのです。

実用レベルから言えば、下り最大通信速度1,000Mbps超えとか、そんなのは必要ありません。
また、実際に同時刻でのWiMAXサービスどんなときもWiFiの通信速度を測定してみたのですが、比較すると差はない事が分かりました。

WiMAXサービスとどんなときもWiFiの通信速度の比較
WiMAXサービスとどんなときもWiFiの通信速度は、メーカーが発表している程の差などない。

ですから、メーカーの出す下り最大通信速度と言う表記は、あまり当てにはなりません。
それよりも、速度制限後の通信速度の方に注目した方が良いでしょう。

ドコモのモバイルWi-FiルーターWiMAXサービスPocket WiFiサービスで通信をし過ぎると、一定期間の通信速度は概ね1Mbpsしか出なくなります。
それに対して、どんなときもWiFiであれば、常に下り最大通信速度150Mbpsを維持する事が出来ます。

ですので、WiMAXサービスに対して速度制限が実施される時間帯では、どんなときもWiFiの通信速度と比較すると次のようになります。

速度制限時のWiMAXサービスとどんなときもWiFiの通信速度の比較
速度制限中のWiMAXサービスの通信速度と比較をすると、どんなときもWiFiの方が圧倒的に速い。

さて、あなたならば、どちらのサービスに魅力を感じますか?
私はどんなときもWiFiに魅力を感じた為、WiMAXサービスからどんなときもWiFiへと乗り換えました。

と言う事で、現在ブロードバンド通信を行えるWiFi環境を探している方には、どんなときもWiFiがお勧めとなります。
そんなどんなときもWiFiの公式サイトへは、次のボタンから移動する事が出来ます。

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

君得ネット|聞いて得する情報サイトの注目記事を受け取ろう

【必見】ブロードバンド通信の行えるWi-Fi環境を比較。お勧めは?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

君得ネット|聞いて得する情報サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

コメントを残す


CAPTCHA


関連記事

  • スマホとWi-Fiルーターを組み合わせて使うメリットってあるの?

  • Broad WiMAXとドコモのスマートフォン、組み合わせて併用すると…

  • 【解決】Macユーザー向けのお勧めなモバイルWi-Fiルーターはどれ?

  • これは快適!携帯出来るWi-Fiルーターを実現出来るネットワーク機器とは?

  • 海外でのWi-Fi環境を安く手に入れたい!それを実現出来る安いモバイルWi-Fiルーターはどこのサービス?

  • 1年間インターネットが無料に!?比較サイトの巧妙なカラクリとは?

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。